Windowsデスクトップの壁紙を復元する方法

皆さんの中には、windowsの最初に表示される画面の背景で使われている壁紙が突然消えてしまったという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合には復元作業を行うだけで、今まで消えていた壁紙を取り戻すことが可能になります。なぜそのようなことが起こるかということには理由があるので、その原因についても詳しく説明します。

windowsデスクトップ

なぜ、壁紙が消えてしまう?

windowsの壁紙はソフトウェアをアップグレードした際に消えてしまうという事例があります。ファイルに入っているだろうと考えて、壁紙の一覧を確認してみても消えてしまっている可能性があります。また、誤って壁紙の画像を消してしまっていたということもあるでしょう。その場合にはデスクトップ画面の背景も最初の状態に戻ってしまいます。以上二つの事例は全て復元作業を行うことで、簡単に削除したデータを取り出すことができるので、大切な壁紙が永久に消えてしまうことはありません。

壁紙が消えたらまず最初にすべきこと!

壁紙が消えてしまった場合の一般的な対処法はシャドウコピーになります。シャドウコピーは間違えて削除してしまったファイルなどを復元をすることができる機能で、簡単に行うことができます。その仕組みは、ファイルのデータ履歴が保存されるハードディスクに一時保存をして復元ポイントがある場合には復元をすることができるものです。Windows10の場合では、「ファイル履歴」という名称になっているものもあるので、そこへアクセスをして復元したいものを復元することができるようになります。

一般的な方法でできない場合は?

シャドウコピーのような機能が使えない場合には、windows対応の復元専用のソフトウェアをダウンロードする必要があります。ここでお勧めなソフトウェアが[Wondershare]「Recoverit」になります。このソフトウェアを使うことで削除してしまったデータもハードウェアから情報を抜き出すことができるので、以前の大切な壁紙などの画像に関しても復元をすることができます。おもな特徴は、操作がしやすいということです。それは画面が見やすくシンプルであるため、初心者でも簡単に復元ができます。

[Wondershare]Recoveritを使用した復元

まずは、[Wondershare]「Recoverit」のソフトウェアをダウンロードするために公式サイトに入ってダウンロードの項目を押します。この作業自体は無料で行うことができるので、安心です。ダウンロード作業に関しては、少々の時間を使いますがしばらくするとインストール先を指定することができる画面に行きつきますので、どこにソフトを置けばいいのかがわからないという方には、とりあえずデスクトップ画面に設置することをお勧めします。設置が完了したら次は実際の機能を使います。

[Wondershare]Recoveritで復元する手順

まずは、インストールが完了したソフトを起動します。最初に表示される画面はアイコンが複数出てくるので、その中にある「削除したファイルの復元」という項目を押します。

削除したファイルの復元

次にハードウェアを選択しますが、紛失したファイルが入っているものを選択しましょう。「開始」を押すと読み込みが始まり、縦に並んでいるファイルの中から紛失した壁紙のファイルを選択します。

削除したファイルの復元

最後に、「復元」を選択すれば復元を自動的に行ってくれます。データが上書きされないように復元するものの保存先は以前とは違う場所にしましょう。

削除したファイルの復元

いかがでしたでしょうか。windows画像などを削除してしまうと二度と復活させることはできないのではないかと思われがちですが、専用のソフトウェアを使うだけで簡単に壁紙復元が可能です。通常の復元モードで復元できなかった場合には徹底的に復元する「万能復元」もソフトの機能にはあるので、試してみることをお勧めします。

削除したファイルの復元

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windowsデスクトップの壁紙を復元する方法

すべての記事