Windows10「デバイスに問題が発生したため、再起動」エラーへの対策

エラーで消失したデータや、バックアップなどで保存されていないデータを復元したい場合、どうしたらいいですか?ここでは、どんな場面でも利用できるデータ復元・復旧・復活ソフトRecoveritをご紹介しましょう。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

近年、パソコンは仕事や生活においてなくてはならないツールであり、トラブルが発生すれば、すぐにでも解決したいとほとんどのユーザーは思ってます。今回はWindows 10が起動しない問題の原因や解決方法についてご説明します。

Part1:「デバイスに問題が発生したため、再起動」エラーが出る原因

周辺機器の問題や、アプリの不具合、部品故障やプログラムのエラーなど様々な原因により、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。」エラーメッセージが出ます。Windows10のパソコンでの、いわゆるブルースクリーンエラーの原因についていくつか挙げてみました。

・BIOS設定

BIOS設定の変更により、新たにドライバーと呼ばれるプログラムが必要になる場合があります。もし、その必要なプログラムが存在しなければ、Windowsが正常に動作できず、このようなエラーになります。

・ウイルス感染

感染したウイルスのバグが原因でWindowsが起動できなくなるケースも考えられます。例えば迷惑メールの添付ファイルを誤って開いた後、このエラーが生じた場合、ウイルスが原因の可能性が高まります。

・Windowsトラブル

通常、ハードウェアまたはハードウェアドライバーの問題(ドライバーやレジストリなど、Windowsのシステムファイルにトラブルが起きること)です。Windows Updateなどのプログラムのインストール後、エラー表示がこの原因に相当します。

Part2:「デバイスに問題が発生したため、再起動」問題への対策

「デバイスに問題が発生したため、再起動します」問題への対策をいくつかご紹介します。専門業者にパソコン修理を依頼する前にお試しになってください。

①セーフモードで起動

Windows起動中にリセットボタンまたは電源ボタンを押し、3 回以上連続して起動を失敗させることで、自動修復または「スタートアップ修復」が実行されます。

②ドライバーの更新

ドライバーに欠陥がある場合は、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」というエラーが生じます。全てのデバイスドライバーが最新バージョンであることを確認しましょう。セーフモードで専門のドライバー更新ツールを利用する必要があります。。

③直近でインストールしたアプリを削除

直近でインストールされたアプリケーションが原因で、RAMの使用率が高くなり、ブルースクリーンエラーが生じることもあります。Windows 10をセーフモードで起動後、「スタート」メニューの「プログラムと機能」をクリック→最近インストールされたプログラムを確認してアンインストール

④メモリダンプの設定を変更

上記のほかにも、Windows10の更新や、スタートアップ修復、システムの復元や、Windowsの初期化(または再インストール)という方法もあります。

Part3:エラーで消えたデータを復元する方法

エラーで消失したデータや、バックアップなどで保存されていないファイルなどを復元する方法として便利なソフト「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」をおすすめします。【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。

初心者でも使いやすいインターフェースで、突然発生しうるデータ損失からデータを復旧するソフトです。高度なディープスキャンアルゴリズムで、誤った削除、ウイルス感染、パーティションのフォーマット、予期しない停電など様々な状況で失われてしまったデータを復元できます。失ったファイルの形式、保存する場所に関わらず各種類のデバイスからデータを復元でき、PCが起動しなくなった場合でも、起動ディスクからデータの復元を試みることも可能です。

また、「Recoverit」は検出されたデータを復元する前にプレビューが可能です。復元できるファイルは、無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でエラーでパソコンから消えたデータを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してクリックします。

「デバイスに問題が発生したため、再起動」エラーで消えたデータの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

クリックすると、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」ボタンをクリックすれば完了です!

消えたデータを復元

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10「デバイスに問題が発生したため、再起動」エラーへの対策