usb フォーマット:フォーマットされたusbからデータを復旧する

皆さんはUSBをパソコンに接続した際、「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」というエラー文を見たことがあるでしょうか。 USBメモリを普段から使用されている方は見たことがあると思います。そこでこちらのエラー文が表示された際、どのように対処すればいいのかを紹介していきます。

USBをフォーマットする理由とその原因

1つ目は、パソコンの誤作動によりUSBのフォーマットを要求されるケースがあります。パソコン側の一時的なトラブルによって、USBに保存されているデータが参照できなくなることがあります。

2つ目は、USBの記憶領域にほとんど空きがないケースです。一般的な目安としてデータ容量の80%以上を使用すると、こういった原因が発生するリスクが高くなります。

3つ目は、端子の不具合によるケースです。 USBの端子の一部が破損していたりすると、パソコンの処理能力が不安定になることがあります。 以上のことが発生した際に行われるのがusbフォーマットです。ですが、フォーマットを行ってしまうと、USBに保存されているデータを参照することが出来なくなってしまいます。

Wondershare 「Recoverit」を使ってUSBの削除したデータを復旧する手順

簡単なUSBメモリのデータ復元方法をもう一つ紹介します。 Wondershareの 「Recoverit」という復元ソフトを使うことで、素早くデータを復元することが出来ます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1「フォーマットデータ復元」モードを選択します。

USBフォーマット復元ソフトWondershare 「Recoverit」を起動した後、以下の画面が表示され、「フォーマットデータ復元」モードを選択します。

復元したいデータのタイプを選択

ステップ2 紛失したファイルの元の場所を確認して、「開始」をクリックします。

今回はUSBデータの復元ですので、検索範囲は外付けデバイスを選択してください。それから「開始」をクリックします。

フォーマットされたハードドライブを選択

ステップ3 USBから復旧したいファイルの検索を開始します。

データをスキャン

もし、復元したいファイルが見つからない場合、「万能復元」をお試してください。

万能復元

ステップ4 フォーマットされたUSBからデータを復元します。

検索が完了したらファイルを選択して、復元ボタンをクリックすることでUSBのデータを復元することが出来ます。

データを復元

以上の手順でUSBのデータを復旧することが出来ます。通常の復元ソフトよりも手順が少し多いですが、Wondershare「Recoverit」のほうがデータ復旧の精度が高くとても正確です。 そして、Wondershare「Recoverit」にも無料体験版が用意されているので、購入前に確かめることが出来ます。

まとめ

今回は2つのデータ復旧ソフトを紹介しました。同じデータ復旧ソフトでも使い方が少し違ったりします。これ以外にもデータ復旧ソフトは複数あります。紹介した2つのソフトを参考にしつつ、ご自身で他社のデータ復旧ソフトと比べて比較してみるのもいいと思います。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / usb フォーマット:フォーマットされたusbからデータを復旧する

すべての記事