Windowsで動画が再生中にフリーズしてしまった原因と修復方法

動画を再生中にフリーズして破損してしまって困っている方があるでしょう。本記事はWindows10で動画がフリーズする原因とその対処法をまとめてごしょうかい!人気な動画修復ソフトRepairitをおすすめ!

持ち運べる手軽さにより、テレビなどから録画したDVDをパソコンで視聴する人もいます。しかし、パソコンに搭載されているOSがWindows10のケースでは、動画の再生中にフリーズを起こすことがあるのです。フリーズや強制シャットダウンによる対処で、データが破損する可能性もあります。Windows10で動画がフリーズする原因とその対処法をまとめたので紹介します。

パート1:Windows10で動画の再生中にフリーズする原因

テレビ番組を録画し、その動画がwindows10で再生している途中にフリーズする場合の原因は2つ考えられます。

1)Windows10のWindows Media Playerを利用する

1つめは、Windows10のWindows Media Playerを利用していることです。解像度が高く、容量が多いMP4ファイルなどの視聴に、パソコンのハードドライブやCPUの処理能力が追いつかないために起こります。パソコンのスペックや容量に余裕があっても、ほかのアプリなどをマルチタスクで使用しているケースでも動画再生フリーズが起こる可能性があります。マルチタスクによって処理能力が分散することが原因となるのです。

2)windows10を初期設定のまま使用している

2つめの動画再生中フリーズが起こる原因は、windows10を初期設定のまま使用していることです。windows10の初期設定では、省エネのためにHDDの電源が20分経つと切れるようになっています。すぐに再起動されますが、電源が切れてから再起動が完了するまで一時的に動画再生がフリーズしたり、フリーズしたままになったりするのです。他のアプリの使用中にも起こっている現象ですが、音声や映像が途切れるような分かりやすい現像として現れないので、初期設定に原因があると気づかないケースがあります。

パート2:Windows10で動画がフリーズしたときの対処法

windows10のWindows Media Playerを使用して動画再生中フリーズが起きた場合の対処法は2つあります。

1)「映画&テレビ」で動画を再生する

Windows10から標準装備されている「映画&テレビ」で動画を再生しましょう。前のバージョンでも使用していると、動画の再生にWindows Media Playerを選ぶ可能性が高くなりますが、windows10からは動画の再生には「映画&テレビ」の使用が推奨されているのです。

2)「windows DVD プレイヤー」をダウンロードする

もう1つは、「windows DVD プレイヤー」をダウンロードする対処法です。こちらは有料アプリになりますが、購入したアカウント1つに対して複数の端末でインストールできます。

上記の対処法を用いても動画再生フリーズが起こる場合は、windows10の初期設定に原因がある可能性が高いです。この場合は、二つ対処法があります。

1)設定を変更する

コントロールパネルの電源オプションから「詳細な電源設定の変更」を選択します。時間が経過するとハードディスクの電源を切る設定があるので、時間が設定されている場合は「なし」に設定を変更しましょう。

2)ハードディスクの容量や使用中のアプリを確認する

ここまでの対処法を実行しても動画がフリーズする場合は、ハードディスクの容量や使用中のアプリを確認します。ハードディスクの容量に空きがないとCPUの処理速度が落ちるからです。また、マルチタスクの使用も処理能力が分散するため、動画がフリーズする原因となります。容量の整理や増設を行うことで、動画再生フリーズの問題が解決する可能性があります。

パート3:動画フリーズによりデータが破損したときの対処法ーー「Repairit」

動画再生中フリーズや強制シャットダウンを行った場合に、保存した動画が破損するケースがあります。修復後の動画のクオリティと修復確率の高いソフトの1つであるWondershare Repairit(旧:ビデオ修復)などを用いることで対処が可能です。動画の破損は、再生中のフリーズや強制シャットダウン以外にも起こります。原因となるのは、動画のダウンロードや形式の変更の失敗、ウイルスによる攻撃やDVDプレイヤーの録画中に停電が起きた場合などです。

さまざまな端末で保存した動画を視聴できるため、端末間での送受信時に通信環境が良くないケースも、データ破損の可能性は高くなります。また、傾向として保存されている動画の画質や音質が高く、容量も大きくなっているので修復ソフトの性能によっては修復した動画が劣化してしまう場合もあるでしょう。逆に修復が不可能になることもあるので、動画の修復ソフトの選択は慎重に行うことが大切です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  フリーズにより破損した動画を追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、フリーズにより破損した動画を追加して、右下の「修復」をクリックします。

フリーズにより破損した動画を追加

ステップ2  フリーズにより破損した動画の修復完了を待ちます。

フリーズにより破損した動画の修復完了を待ち

ステップ3  フリーズから修復された動画を保存します。

フリーズから修復された動画を保存

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > Windowsで動画が再生中にフリーズしてしまった原因と修復方法

すべての記事