ファイルシステムがRAWになった場合のデータ復元する方法を紹介

Oct 30,2019 • カテゴリ: システム復元

パソコンのドライブがRAW状態になると、アクセスして読み込んだり書き換えることが不可能になります。購入したてのドライブは、未フォーマットで同じような現象が起きます。一方、システムのエラーで使用していたドライブが勝手にRAWに変わることも珍しくありません。こうした状態の時は、フォーマットをかけてから「Recoverit」という復元ソフトを使うと簡単に問題解決します。

ハードディスクなどのドライブは、パソコンのシステムに合わせてフォーマットしてから使用します。フォーマットしないと、RAW状態となりファイルの書き込みや書き換えが不可能になります。システムのエラーによって、稀に使っていたドライブのファイルシステムが突然RAWになることも珍しくありません。この様な状態になった時は、一度フォーマットを実行する必要があります。ただし、中にデータが保存されていた場合は一度削除されてしまうので注意が必要です。元に戻したいデータがあるのなら、復元ソフトの「Recoverit」を用意しておくことをお勧めします。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ファイルシステムが未フォーマットになる時

ファイルシステムがRAWになったかどうかは、「ディスクの管理」で確認することが可能です。ただし、windowsのXP以前のバージョンでは何も表示されなくなっていました。購入したばかりのドライブが未フォーマットでRAWと表記される様になったのは、VISTA以降になってからです。また、普通に使っていたドライブでも記憶装置の誤作動によって稀に未フォーマット状態になってしまうことがあります。元の使える状態にするためには、ドライブを一度フォーマットするしかないです。

フォーマットする時の注意

RAW状態になったドライブに元々データが保存されていた時は、フォーマットする前に注意が必要です。フォーマットでは中に保存されていたデータも全て削除されてしまうので、作業後にデータ復元する作業を行う必要があります。まずは、データ復元を後で行うために専用のソフトであるRecoveritを用意して下さい。アルゴリズムの専門知識があれば、ソフトなしでも実行可能です。ただし、非常に難しい作業なので復元ソフトのRecoveritを利用した方がデータを確実に復元できるので安心です。

フォーマットをかけてみましょう

まずは、データ復元するためのRecoveritを公式サイトからダウンロードして使える様にしておきます。次にwindowsのスタートから、「コンピューターの管理」と「ディスクの管理」を最初に選びます。画面にドライブが表示されるので、「新しいシンプルボリューム」を選択して下さい。パーティションを利用していた場合は、一度パーティションを作り直しておく必要があります。後は、出てきた画面に従って作業すればフォーマットが完了します。windwosを使用するなら、NTFSでフォーマットするのが一般的です。


datarecovery

RAWで消えたデータを元に戻しましょう

フォーマットをかけると、ドライブの中にあったファイルは全て削除されてしまいます。ファイル情報が消えてしまったら、データ復元ソフト「Recoverit」の出番です。Recoveritを起動させたら、フォーマットをかけたドライブを選択して下さい。次にスキャンを実行すると、最初に保存してあった情報がリストアップされていきます。リストから元に戻したい情報を選び、左下のボタンを押して復元を実行します。これでようやくドライブが元の状態になり、RAWの問題も全て解決します。


ドライブがRAWになると、未フォーマット状態なのでファイル情報の読み書きが出来なくなってしまいます。問題を解決するためには、一度フォーマットをかけなくてはいけません。しかし、フォーマットでは保存されていた情報が全て削除されてしまいます。削除されたファイル情報は、データ復元ソフトで簡単に戻すことが可能です。

ファイル復元ソフト

Recoverit - ファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / システム復元 / ファイルシステムがRAWになった場合のデータ復元する方法を紹介

すべての記事