Windows10でTempファイルを削除する方法、復元方法もご紹介

パソコンを使用していると「.tmp」拡張子が付いたファイルに気づくことはありませんか?このページではWindows10でのTempファイルとは何か説明すると同時に、その削除方法や復元する方法も紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: ファイル復元

Windows10を利用するうえであまり意識することがないTempファイル。Tempファイルはインターネット上でダウンロードしたデータが一時保存される「Tempフォルダ」にあるデータです。意識しないとTempファイルの量は膨大になり、パソコンに負荷をかける要因になります。そのため、定期的にTempファイルを削除しておきましょう。

このページではWindows10でのTempファイルの削除方法を紹介します。


Part1.Tempファイルとは

Tempファイルとは「Tempフォルダ」と呼ばれる一時フォルダに保存されるデータです。Tempフォルダにはインターネット上からダウンロードした一時ファイルが保存されます。例えばインターネット上でソフトウェアのインストーラーをダウンロードする場合、インストーラーはTempフォルダに保存されます。Tempフォルダは意識しない限り開くことはないので、知らない間に保存データが膨大になりハードドライブを圧迫しかねません。

なお、Windows10では「ダウンロードフォルダ」となっているので注意してください。

Part2.Windows10でTempファイルを削除する方法

Windows10でTempファイルを削除する方法は、手動と自動の2種類があります。

★手動でTempファイルを削除する手順

手動では以下の手順でTempファイルを削除できます。

  1. Windowsキーと「R」キーを同時に押す
  2. 表示される「ファイル名を指定して実行」の画面で「名前」に「%temp%」と入力
  3. 「OK」を左クリック
  4. 表示されるTempフォルダのウィンドウで必要のないファイルを削除

以下の手順でTempフォルダを開くこともできます。

  1. エクスプローラーを起動
  2. 表示されるウィンドウ左側で「ダウンロード」を左クリック
  3. 表示されるTempフォルダのウィンドウで必要のないファイルを削除

★自動でTempファイルを削除する手順

Windows10ではディスククリーンアップ機能を使ってTempファイルを削除することもできます。ディスククリーンアップ機能では使用していない不要なファイルをすべて削除してくれるので、Tempフォルダ以外に保存している不要なデータも一緒に削除でき便利です。

使い方は簡単で、以下の4ステップで不要ファイルを削除できます。

  1. タスクバーの検索ボックスに「ディスククリーンアップ」と入力
  2. 検索結果の一覧で「ディスククリーンアップ」を左クリック
  3. 「削除するファイル」の画面で削除したいファイルの種類を選択
  4. 「OK」を左クリック

ただし、この方法ではTempフォルダ以外に保存しているデータも削除される恐れがあります。必要だけどしばらく開いていないデータがある場合、ディスククリーンアップをする前にそのデータが削除されてしまわないか確認しておきましょう。

★定期的にTempファイルを削除する方法もある

Windows10では定期的にTempフォルダに保存されているファイルを削除することも可能です。以下の手順で設定を行えば、自分の好きな周期でTempフォルダの保存データが削除されます。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 設定ボタンを左クリック
  3. 表示される設定画面で「システム」を左クリック
  4. 「ストレージ」を左クリック
  5. 「空き容量を自動的に増やす方法を変更する」を左クリック
  6. 表示される画面で「ストレージセンサー」をオフにする
  7. 「一時ファイル」の項目にある「アプリで使用されていない一時ファイルを削除します」にチェックを入れる
  8. 「[ダウンロード]フォルダーに保存してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」を任意の期間へ設定

いつもTempフォルダに保存されるデータがすぐ不要になるのであれば、この方法を活用するといいでしょう。

Part3.Windows10で削除されたTempファイルを復元する方法

Windows10のパソコンに保存されているTempファイルを削除すると、あとからTempフォルダに必要なデータがあったと気づくことがあります。基本的に紛失したデータの復元はできませんが、Wondershareの「Recoverit」を使うと問題を解決できます。Recoveritを使うとTempフォルダを復元可能でなく、復元できるファイル形式は1,000種類以上対応できますので、ほとんどの紛失データを取り戻せます。

「Recoverit」は特定のファイルタイプを検索することが可能で、また、「フィルター」機能を使って、特定のファイルタイプを検索し、必要なファイルをすばやく復元できます。無料版も用意されるので、一度試してみましょう。きっとあなたの役に立ちます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンから消えたTempファイルを復元する手順です。

ステップ1 消えてしまったTempファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたTempファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルをプレビュー

消えたファイルを確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、Tempファイルの復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

パソコンデータを復元

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元 > Windows10でTempファイルを削除する方法、復元方法もご紹介