Windows10で重複の写真を削除する方法

重複するファイルや写真データによるハードドライブの不安定とPC処理速度の低下が起きますね。本記事ではWindows10で重複の写真が保存された原因と削除する方法をそれぞれご解説します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

お手持ちのWindows10を使い込んでいくと、重複するファイルや写真データのコレクションを構築し、PC内のストレージ残量が加速的に減っていきます。この状態が続きますと、ハードドライブが不安定になり、PCの処理速度が低下するというリスクを招いてしまいます。そうならないためにも、重複する写真などは削除しておきましょう。今回はWindows10で重複の写真を削除する方法についてご説明します。


Part1: Windows10で重複の写真が保存された原因

スマホで撮った写真をパソコンに取り込む際に、同じ画像が複数コピーされてしまう、という事例が結構あるようです。これはPCへの転送時に、転送先に同じファイルがある場合の、動作の選択肢に関わる事例です。エクスプローラーを使って、過去の写真が保存されている既存のフォルダに、スマホ内の写真全てをドラッグ&ドロップで転送しようした場合に見られる現象です。

通常は、Windows側で転送先に同じファイルが存在することを表示されます。『コピーして置き換える』『コピーしない』『コピーするが両方のファイルを維持する』の3つの選択で、『コピーするが両方のファイルを維持する』が選択されていると、転送ファイル名の最後に( )内に数字がついた、同じ写真のコピーができてしまい、重複してしまうのです。『コピーしない』を選択しないと、同じ写真が重複してしまいPCのストレージを圧迫する要因の一つとなります。また、スマホでトリミングした写真なども重複の原因となります。

PCは、ファイルサイズやファイルの更新時間などを厳密に精査するので、スマホのHDR処理した写真と元の写真の両方を、おのおの別の写真と判断してしまい、両方とも転送するという動作をします。他にも、独自でインストールした写真管理アプリの場合には、設定の時点で『同じファイルを名前を変えて保存する』にしている可能性が考えられます。

上記の選択肢ではなく、『同じファイルは保存しない』『差分のみ保存』という設定にすれば、一つのフォルダに同じ写真が重複保存されることが防げます。

Part2: Windows10で重複の写真を削除する方法の紹介

Windows10で重複した写真を削除する方法について、いくつかの方法がありますので、ご紹介します。

① 重複している画像の画面右上の [・・・] をクリック→ [設定] →[ソース] の欄からフォトアプリで表示させるフォルダーの追加や削除ができるので、こちらに重複写真の入っているフォルダーが含まれていないか確認して削除します。

②PC用フリーソフト【Fast Duplicate File Finder】や【Duplicate File Remover】を使えば、ファイル名に関係なく、重複する写真データを見つけることができるので、簡単に削除作業が可能です。メディアエディタツールを使用してファイルを個別に分け、すべての重複ファイルと、そのコピーをストレージから削除する機能が備わっています。

重複するメディアファイル、または単一ファイルの複数のコピーを削除することが可能です。 

Part3: 間違って削除した写真を復元する方法

Windows10で写真やデータファイルの変換や、編集作業をしている際に、誤って削除したり、行方不明になったデータなどを復元するツールとしてデータ復元ソフトRecoveritをご紹介します。

データ復元ソフト【Wondershare Recoverit】の第一の特徴は、Windowsパソコンから削除されたファイルをシンプルかつ数分でリカバリーできるというメリットです。ほとんどの記憶デバイスにも対応可能で、内臓のHDDやSSDだけでなくUSBメモリ、SDカードなどの外付デバイスからも復元が可能です。さらに1000以上のファイルに対応しており、.jpgや.png、.svgなどの形式はもちろん、.aiや.psのような専用ソフトの保存形式も含まれています。ファイル内をプレビューやサムネイルで復元前にチェックできますので、希望する状態のファイルをリカバリーできます。使いやすいUIで操作は非常にわかりやすく、事前設定や、状況に応じての最適な方法を選択するといったPC知識も必要ありません。

Recoveritをインストールするだけで、さまざまなパターンで削除した写真や画像のデータを復元でき万が一のアクシデントにも安心です。その他にもMiniSDカード、 CFカード、MicroSDカード、SDカード、SmartMedia、MMC、xD-Pictureカード、など、様々な種類のメモリカードやAndroidカード、オーディオレコーダー、音楽やビデオプレーヤー、SD ・ SDHC ・SDXCカードなどのSDカードを搭載したデバイスから写真、ビデオ、ファイルも復元可能です。Macでも対応可能で、とてもシンプルな上に高い復元率も評価されており、パソコンユーザー上級者でもきっとご満足いただける仕様となっています。

無料版Recoveritでは、復元したいデータ容量が100MBまで利用可能となっています。また、有料版にアップグレードすれば、容量を無制限ですし、さらにパワフルな機能をご堪能頂けますので、おすすめします!

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」 で間違って消してしまった写真を復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択してください。

スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われた写真があるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンの写真にチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事な写真が復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの写真復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力な写真復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元・修復 > Windows10で重複の写真を削除する方法