Macで壊れて再生できないMP4動画ファイルを
修復するフリーソフト

Mac PCで壊れた再生できないMP4ファイルを修復できるフリーソフト3選

パソコンのファイル形式はいくつかありますが、MP4ファイルもその一つですよね。
MP4ファイルの拡張子は「.mp4」で、動画や音声などを記録する為のファイル形式です。

普段からPCを使用していると、誤ってフォーマットした、突然の停電、ウイルスに感染、記憶媒体の破損などが起こる可能性があります。
上記のトラブルにより、MP4ファイルが壊れて再生できない場合は修復しなければなりません。
それは、PCのOSがWindowsでもMacでも同じです。

今回は、何かしらのトラブルにより壊れて再生できないMP4ファイルを修復するMac OS対応のフリーソフトをいくつか紹介します。

Macで壊れたMP4ファイルを修復ソフト①:VLC Media Player

VLC Media Playerは、壊れたMP4動画を簡単に修復するMac対応のフリーソフトです。
PCのOSは、WindowsとMacに対応しています。

VLC Media PlayerでMP4動画を修復する手順を、簡単にご紹介します。

ステップ1:ソフトを起動し、修復したいMP4ファイルを開く
お使いのMac PCにてVLC Media Playerを起動して、画面に表示された「メディア」→「変換/保存」の順にクリックします。
続いて、「メディアを開く」ウィンドウでファイルタブの「追加」→「変換/保存」→「保存」の順にクリックします。


ステップ2:ファイルのプロファイルを設定
変換ウィンドウにて、「設定」からプロファイルのエディションを設定することが出来ます。
MP4動画を修復する為に、オリジナルと同じ設定にしてプロファイルに名前を付けて保存します。

ステップ3:MP4動画を修復する
先ほど保存したプロファイルを選択して、出力ファイルに名前を付けます。
その後、「開始」をクリックすると、ファイルの修復が実行されます。

Macで壊れたMP4ファイルを修復ソフト②:「Wondershare Repairit」

Wondershareの「Wondershare Repairit」は、MP4を始めとして、MOVやM4V、M2TS、MTS、AVIなど幅広い形式に対応した動画修復ソフトです。
修復に成功した動画ファイルは、保存する前にプレビューして確認する事が出来ます。
必要な操作は、【破損して再生できないビデオの追加→追加されたビデオを修復→修復されたビデオを保存】の3ステップです。
とても簡単なので、初めて動画を修復する初心者の方でも安心して使えます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Wondershare Repairit」でMP4ファイルを修復する手順:

ステップ1、壊れたMP4ファイルを追加

「ここにビデオをドラッグ&ドロップして修復する」と表記されている画面へ
壊れて再生できない動画をドラッグ&ドロップします。
または、「追加」ボタンから保存先を参照して、修復したいMP4ファイルを追加します。

壊れたMP4ファイル

ステップ2、「修復」ボタンをクリック

修復を開始

ステップ3、修復されたMP4ファイルをプレビューして保存

修復されたMP4ファイルをプレビューして保存

Macで壊れたMP4ファイルを修復ソフト③:「Recoverit」

「Recoverit」はWondershareが販売するデータ復元ソフトです。
実は、Recoverit Ultimate Plus版には、ビデオ修復機能があります。
消してしまった動画ファイルを復元できても、再生できない事はよくありますよね。
動画を消してしまって復元、そして動画を修復したい場合は、「Recoverit」がオススメです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」で壊れて再生できないMP4ファイルを修復する手順をご紹介します。

ステップ1、「Recoverit」の起動し、ビデオを修復

お使いのMac PCにて「Recoverit」を起動します。
メイン画面から「ビデオ修復」を選択して、「開始」をクリックします。

作業の開始

ステップ2、対象のファイルを追加

修復したいMP4動画ファイルを、画面中央にドラッグ&ドロップします。
画面下の「追加」をクリックします。

対象のファイルを追加

ステップ3、動画ファイルの修復

「修復」をクリックすると、作業が開始します。
修復が完了すると、対象のMP4動画をプレビュー出来ます。
最後に、「フォルダーに保存」をクリックして動画をPCに保存します。

動画ファイルの修復

ステップ4、高度修復

修復に失敗した場合は、「高度修復」をクリックしてください。
壊れたMP4動画ファイルとまったく同じデバイス、形式のファイル(サンプルビデオ)を追加します。
追加後、「修復」をクリックします。

サンプル動画を追加

ステップ5、修復された動画を保存

修復が完了したら、ビデオをプレビューします。
修復できていた場合、保存して完了です。

修復された動画を保存

以上が、Recoverit Mac版によるMP4形式ファイルの修復手順です。
ステップは多いと感じるかもしれませんが、難しい作業はないので安心してください。
もし心配であれば、購入する前に無料体験版を試してみてはいかがでしょうか。
無料版では、動画を修復できるかまでチェックすることが出来ます。

動画ファイルが破損して再生できない時は、今回ご紹介したソフトで修復してみましょう。
どのソフトも、無料で気軽に試すことが出来ます。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

・PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリーから削除したデータを復元


・写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応


・クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元


・破損した動画ファイルを修復

人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > Macで壊れて再生できないMP4動画ファイルを
修復するフリーソフト