Twitterの動画は画質が悪い原因と高画質投稿する方法

twitterに動画を投稿すると、自分が撮影した時より画質が悪くなっている経験がありますか。投稿前の動画より画質が悪くなるのはなぜでしょう。本文章は高画質で投稿する方法と、破損動画修復ソフトをご紹介!

個人で動画を撮影する人が増えています。ビデオカメラというものがなくても、スマホで簡単に動画が撮れてしまうため、面白い場面などに出くわした場合にはパッと撮影してしまえるのです。そしてそれをみんなにも見てもらいたいと思ってTwitterにアップロードしたところ、画質が悪くなってしまう場合があります。どうしてそうなるのか、そして高画質で投稿するにはどうすれば良いのでしょうか。

パート1:Twitterに投稿した動画が低品質になる原因

twitterに動画を投稿すると、自分が撮影した時より画質が悪くなっていることがあります。これはtwitter側で動画をエンコードしており、高品質で容量の大きい動画を低品質で容量の小さい動画に変換しているのが原因です。twitterは日々世界中の人々が使っているツールであり、文字は140字までと制限がありますが画像や動画もアップロードできてしまいます。画像は文字より容量が大きく、動画はさらに容量が大きいため、サーバーに負荷が掛かってしまうのです。そこでtwitterはできるだけ負荷が掛からないようにエンコードという方法で、サイズを小さくしています。

動画と一括りに言っても撮影品質は異なります。フルHDと呼ばれる高品質なものは、テレビやパソコンの画面での閲覧には適していますがtwitterにアップロードするには大きすぎるため、圧縮されてしまうのです。画像のサイズだけでなく、動画にはビットレートというものがあり、1秒間に何コマあるかの数値となっていて、細かいほどなめらかな映像になります。こちらも大容量化の原因になっているので、圧縮の対象になるのです。

パート2:Twitter動画を高品質で投稿する方法

twitterに高品質な動画を投稿する方法の一つとして、twitterが圧縮するリミット上限ギリギリの品質でアップロードする方法が挙げられます。

1)サイズを720pxに収める設定にして撮影する。

まずサイズについては縦横どちらかのサイズが720pxまでならエンコードされないので、横向きの動画なら横を、縦向きの動画なら縦のサイズを720pxに収める設定にして撮影しましょう。

2)ビットレートの設定を小さくしておく。

また、ビットレートの設定も小さくしておくと、そのままの品質でアップロードできます。これは撮影するアプリによって設定できる場合もありますが、できない場合は撮影方法で工夫することが可能です。動きの速い被写体を撮影するなら、近距離からではなく遠距離から撮影するとビットレートが抑えられます。

どうしてもサイズや容量に妥協したくない場合、一度外部サービスを経由させる方法があります。

1)YouTube

YouTubeなら高画質な動画をアップロードできるため、一度YouTubeに動画をアップロードし、そのURLをtwitterに貼り付けることで撮影したそのままの動画を見てもらえます。

2)twitter

twitterでは、YouTubeのURLを貼り付けるだけでプレビュー的にYouTube上の動画を再生できます。この動画はtwitterに圧縮されていない高品質のものなので、この方法が最も簡単な方法と言えるでしょう。

ただし、下準備としてYouTubeに登録してチャンネルを作っておく必要があります。また、閲覧ユーザーは動画をクリックするとYouTubeに飛んでしまうので、少しだけユーザビリティが悪い動画と言えるかもしれません。

パート3:(コツ)「Repairit」でぼやけたTwitter動画を修復しよう

パソコンのローカルディスクで保存していたtwitterに投稿された動画が破損してしまったら、twitterに投稿された動画を再度ダウンロードすれば再度あります。しかし、その動画はきっと圧縮されたもので画質が落とされます。正しい操作方法としては、専門的な動画修復ソフト「Wondershare Repairit」を利用します。Repairit使うと、動画を修復して、元の動画に戻すことができます。

「Wondershare Repairit」はメールアドレスの登録が必要ですが無料で使えるため、こういった緊急時に非常に便利なソフトです。twitterにアップロードされた動画をパソコンで修復し、それをスマホに戻しておけば、元の状態にしっかりと戻すことができます。ぜひごダウンロードして体験しましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  twitterに投稿された動画を追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、twitterに投稿された動画を追加して、右下の「修復」をクリックします。

twitterに投稿された動画を追加

ステップ2  twitterに投稿された動画の修復完了を待ちます。

twitterに投稿された動画の修復完了を待ち

ステップ3  修復完了のtwitterに投稿された動画を保存します。

修復完了のtwitterに投稿された動画を保存

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > Twitterの動画は画質が悪い原因と高画質投稿する方法

すべての記事