破損したAVIファイルの修復方法

AVI動画をスムーズに再生できず、対処法も分からなかったら困りますね。ここでは、AVIファイルが破損して再生できない原因と、その対処法を詳しくご紹介。専用な動画修復ソフトRepairitをおすすめ!

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ修復可能

ファイル形式とは、動画や音楽などのデータ量が多いものを圧縮してから保存することにより、容量を抑えるという働きをしています。ファイル形式はWMV、ASF、MOV、MP4、M4Vなど様々あり、種類によって特徴が異なります。

Part1:AVIとは

そのファイル形式にAVIというものがありますが、皆さんはご存じでしょうか。AVIとは「Audio Video Interleave」(オーディオ ビデオ インターリーブ)の略で、マイクロソフトがアップルコンピュータのQickTimeに対抗して開発した形式です。

AVIは、動画データと音声データをまとめて再生できるようにしたファイル形式になっており、映画やミュージックビデオなどの動画を保存することに多く使われています。このファイル形式は、マイクロソフトが開発したものですがMacにも対応しており、他にもLinuxやUnixといった主要なプラットフォームにも幅広く対応しています。

AVIは昔から使用されているWindoewsの標準ファイル形式で、様々な環境との互換性があり、汎用性が高いのがメリットとなっています。しかし、AVI1.0では2GB以上のファイルを作成できないことや、ストリーミング配信などには不向きとなっています。他にも、映像の可変フレームレートに対応していないことや、Bフレームの表示に不具合が出るなど、昔からあるファイル形式なだけにデメリットも多くあるようです。

Part2:破損したAVI修復の方法はあるのでしょうか

このようなメリットやデメリットがあるAVIですが、汎用性が高いという理由でお気に入りの動画や大切な動画に使用している方も多い様ですが、同時にファイルが破損して再生できないといったことも多く耳にします。

AVIファイル破損の原因は幾つかあり、人為的なミス、OSやソフトのバグ、デバイスやメディアの異常といったことがあります。人為的なミスでは、データの書き込み中に衝撃を与えることや、システムのインストール中に他のソフトを起動するといったことが原因で、AVIファイルを破損してしまう場合があります。

OSやソフトのバグでは、製品などの異常が原因でファイルを破損してしまう場合があります。デバイスやメディアの異常では、磁気メディアに磁気のあるものを近づかせてデータを破損させてしまうことや、USBメモリーの劣化で電子が正常に移動できず、データが破損してしまう場合があります。

このようなことが原因で破損したAVIですが、どのように修復したらよいのかわからないといった方も多いと思います。破損したAVIファイルの修復方法は、一般的に動画修復ソフトを使って行います。パソコンに動画修復ソフトをインストールし、それを使って動画を修復するのですが、最近では様々なものが販売されています。

動画修復ソフトによっては対応できないファイル形式や、対応できないファイル破損などもあり、良く調べてから購入しないと失敗してしまいます。しかし、初めての方や初心者の方は、どのソフトを購入すれば良いか分からないと思われます。そこで、そのような方でも安心して気軽に使える動画修復ソフトを紹介したいと思います。

Part3:おすすめのAVI修復フリーソフト: 「Wondershare Repairit」

「Wondershare Repairit」(リペアリット)は、誰でも安心して気軽に使えるおすすめの動画修復ソフトです。このソフトはメモリーカードエラー、デバイスエラー、ファイル転送エラーなどのファイル破損に対応していますが、他にも再生中のビデオエラーやビデオコンポーネントの破損といったものにも幅広く対応しています。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Wondershare Repairit」は、動画修復ソフトの中でもトップクラスの機能を誇り、壊れたFLVを簡単かつ安全に修復することができます。対応する形式はFLVの他にWMV、ASF、MOV、MP4、M4V、3G2、3GPなど、非常に幅広くなっています。対応するデバイスも幅広くなっており、ドライブレコーダー、Android、Mac、デジタルカメラ、メモリーカード、外付けディスク、ビデオカメラなど様々です。

サポートする形式も多く、AVIはもちろんのことWMV、ASF、MOV、MP4、M4V、3G2、3GP、FLVなどのファイルも修復することができ、非常に使い勝手が良いと思われます。サポートするデバイスは、デジタルカメラ、メモリーカード、外付けディスク、ビデオカメラなど様々ありますが、他にもGoProのファイル形式や4Kに対応しているのもうれしいところです。

「Wondershare Repairit」(リペアリット)で破損したAVIファイルを修復する手順

操作方法は、破損した動画を追加して修復し、プレビューで確認して保存するだけの簡単な操作となっています。「Wondershare Repairit」は、あらゆる形式やデバイスに対応しており、操作も簡単なので、初心者から上級者まで対応できる素晴らしい動画修復ソフトです。動画を修復する際は、是非使ってみてはいかがでしょうか。

ステップ1、破損したAVIファイルを追加します。

WindowsでRepairitソフトを起動します。サイドバーから「動画修復」をクリックして、画面真ん中にある「追加」をクリックしたら、破損した動画ファイルを読み込みます。

破損したAVIファイルを追加

ステップ2 、破損したAVIファイルを修復します。

右下にある「修復」をクリックすると、動画修復が開始されます。修復完成できましたら、メッセージがポップアップされ提示します。

修復を開始

ステップ3 、破損したAVIファイルをプレビューして保存します。

修復された動画をプレビューし、「保存」ボタンをクリックすると、修復できた動画ファイルを保存できます。

破損したAVIファイルをプレビューして保存

ご注意:動画を元の保存場所に保存しないでください。(上書き保存を避けます。)

また、Wondershare Repairitは破損したAVIファイルを修復できるだけではなく、音声ズレの補正動画エラーの修復再生できない録画の修復などにも対応できます。ぜひお試しください。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画・写真ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • JPEG、JPG、CR3、CR2、NEF、NRW、RAFなど多種類の写真形式に対応
  • 写真撮影中、転送中、編集中、変換中に破損した動画・写真を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > 破損したAVIファイルの修復方法