0xc10100beビデオエラーの発生原因と修復方法

0xc10100beエラーで動画を再生出来ない経験がありますか。どのようにすればいいでしょうか。本記事ではエラーコードの0xc10100beが発生する時の対処方法を詳しくご紹介、修復ソフトRepairitもご紹介!

0xc10100beのビデオエラーが発生してしまってみたいと思っていた動画が再生できないと何とかして解決したいと思うでしょう。この記事ではエラーコードの0xc10100beが発生してしまう原因を解説した上で、対処方法を三つ紹介します。ビデオファイルの修復が必要になるということを念頭に置いて、どの方法が最も良いかをよく考えてみましょう。

パー1ト:エラーコード0xc10100beの発生原因?

エラー0xc10100beが発生してしまった時には使用しているプレーヤーで動画をうまく認識できずに再生できないのが原因になっています。一般的に考えられる原因は二通りあります。

一つ目はビデオファイル自体が破損してしまっていてプレーヤーが動画ファイルとしてうまく認識できていないことです。変換時やダウンロード時に破損したというケースが多くなっています。

二つ目はコーデックがインストールされていない、または最新のものではないのが原因でプレーヤーがビデオファイルを認識できていないことです。今まで再生したことがないフォーマットの動画を再生しようとした時によくあるトラブルです。

パート2:0xc10100beエラーの時に使える修復方法

0xc10100beエラーが発生した時には以下の3通りの修復方法があります。

1)Windows Media Playerを介して0xc10100beビデオエラーを修正

Windows Media Playerを使っているなら0xc10100beのエラーが発生した時に修正を試みることが可能です。適切なコーデックが設定されていないのが原因の可能性があるので、コーデックをダウンロードして自動設定してみましょう。手順としては以下の通りです。

2)専用な動画修復ソフト「Repairit」で0xc10100beエラーを修復する

Wondershareの提供している「Repairit」と呼ばれるデータ修復ソフトを使用すると効率よくビデオの修復ができます。初心者でも心配なく使えるように設計されていて、破損してしまっているビデオも簡単な操作をするだけでスムーズに元通りになるのが魅力です。0xc10100beのビデオエラーで困ってしまった時にはまず選択すると良い方法でしょう。「Repairit」を使ってビデオファイルの修復をする方法も具体的な手順で紹介しておきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  0xc10100beエラーで破損した動画を追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、0xc10100beエラーで破損した動画を追加して、右下の「修復」をクリックします。

0xc10100beエラーで破損した動画を追加

ステップ2  0xc10100beエラーで破損した動画の修復完了を待ちます。

0xc10100beエラーで破損した動画の修復完了を待ち

ステップ3  0xc10100beエラーから修復された動画を保存します。

0xc10100beエラーから修復された動画を保存

3)VLCを使用してWindows10で0xc10100beビデオエラーを修正

VLC Media Playerを使用しているなら、 エラーを修正して再度同じ拡張子の動画を作れる可能性があります。動画の変換時にエラーが発生したために動画が破損しているような時には有効な手段なので手順を確認しておきましょう。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > 0xc10100beビデオエラーの発生原因と修復方法

すべての記事