4k video downloaderがダウンロード/解析/クラッシュエラーへの対処方法

4k video downloaderを使っている時にダウンロード失敗しまった?本記事では4k video downloaderで発生可能なエラーと対処法をご解説!破損動画の修復ソフトRepairitをおすすめ!

4k video downloaderは汎用性が高い動画のダウンローダーとして多くのユーザーが利用しています。しかし、4k video downloaderを使っているとエラーが発生してしまってダウンロードに失敗することがあります。この記事では4k video downloaderで発生する可能性があるエラーを3つに分けて紹介した上で、それぞれのエラーに対処する一般的な方法を簡単に解説します。

パート1:4k video downloaderで発生する可能性があるエラー

4k video downloaderで発生する可能性がある典型的なエラーとしては以下の三つが知られています。

1)ダウンロードエラー

ダウンロードエラーは4k video downloaderが動画データに到達することはできたものの、動画の所有者や配信者によってダウンロードを認めてもらえずにダウンロードできないエラーです。「ブロックされています」「権限がありません」などと表示されるのが典型的なパターンです。アカウントの種類によって閲覧制限が設けられている場合や公開範囲が制限されている場合によくあるエラーとして知られています。

2)解析エラー

解析エラーは「リンクを解析できません」と表示されてダウンロードが止まってしまうエラーです。ダウンロードするように指定した動画のリンク先を認識することができず、ダウンロードを開始できない状況に陥っています。ファイヤウォールの設定やプライバシー設定などによって解析エラーが起こるのが一般的です。

3)クラッシュエラー

クラッシュエラーは原因が直接的には不明で、ダウンロード中に4k video downloaderがクラッシュして終了してしまうのが特徴です。動作環境が不安定なことや、OSによるデータ実行防止が問題になっているケースが目立ちます。クラッシュエラーのタイミングによっては動画ファイルが生成しますが、通常は破損していて再生することができません。

パート2:4k video downloaderのエラー修復方法

4k video downloaderでエラーが発生してしまったときにはどのようにして対処するのが良いのでしょうか。ここではダウンロードエラー、解析エラー、クラッシュエラーのそれぞれに分けて、具体的な対処方法を一つずつ紹介します。

1)4K video downloaderがダウンロードできないエラーの修復方法

ダウンロードエラーの場合には原因に応じた対処が必要です。権限がなくてダウンロードできない場合には閲覧制限を解除してもらえるように動画の所有者や提供者に問い合わせて対応を依頼しましょう。

ただ、アカウントの権限から考えてその動画へのアクセスがもともと許可されていない場合には、有料アカウントを取得するなどの対応によって権限を取得しなければなりません。また、地域指定で制限がかけられているのが原因の場合にはプロキシの設定によってダウンロードできるようになる場合があります。

2)4K video downloaderのクラッシュエラーの修復方法

クラッシュエラーの場合には4k video downloaderへのOSの対応を変更するのが対策になります。システムプロパティからシステムの詳細設定を選択し、パフォーマンスの設定を選びましょう。データ実行防止を選び、例外のプログラムとして4k video downloaderを入れると解決できる可能性があります。

なお、クラッシュエラーが発生したときに動画ファイルが既に生成しているならRepairitを使って修復を試みてみましょう。動画ファイルの重要な部分が既にダウンロードできていた場合にはクラッシュエラーを克服しなくても必要な動画を再生できるようになります。

3)4Kダウンローダーの解析エラーの修復方法

解析エラーが起こっているときには動画のプライバシー設定を公開に変更することで対応できます。セキュリティの問題の可能性を考えて、ウイルス駆除ソフトなどのファイヤウォールを一時的に停止してみるのも効果的な対策です。また、解析エラーは4k video downloader本体の不具合によって生じることもあります。4k video downloaderを一旦終了して再起動することでエラーが発生しなくなる場合もあるので試してみましょう。

パート3:エラーで破損した動画を修復する方法ーー専用の修復ソフトRepairitをおすすめ

素敵な動画を再生して鑑賞している際に、エラーが出て再生できなくなったら、気分も悪くなりますでしょう。さて、大切な動画が破損してしまったあなたに、専門的な動画修復ソフトRepairit(リペアリット;旧名:ビデオ修復)をおすすめします。Repairitは多種類な動画ファイル形式を対応し、各カメラやスマホで撮った動画にも対応しています。新バージョンアップ後、インターフェースも初心者でもわかりやすく表示しています。初心者でも安心して、ソフトをダウンロードして無料体験してみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1 クラッシュエラーで破損した動画ファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、クラッシュエラーで壊れた動画ファイルを追加して、右下の「修復」をクリックします。

クラッシュエラーで破損した動画ファイルを追加

ステップ2 クラッシュエラーで壊れた動画修復の完了を待ちます。

クラッシュエラーで壊れた動画修復の完了を待ち

ステップ3 クラッシュエラーから修復された動画を保存します。

クラッシュエラーから修復された動画を保存

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > 4k video downloaderがダウンロード/解析/クラッシュエラーへの対処方法

すべての記事