読み込めないUSBからデータを復旧する方法

Sep 02,2019 • カテゴリ: USB復元

USBが読み込めない状況

USBが突然読み込めなくなることがあります。 その原因として、ディスクマネージャーには認識されてもアクセスができなくなる場合があります。 この場合は、USBの故障ではと思いがちですが、USBの故障ではありません。 データは生きているので復元することは可能です。

USBに対して大量のデータを書き込もうとしたときに、全く読めなくなうこともあります。 USBの抜き差しを何度も繰り返していると、ついUSB自体が読めなくなりことがあります。 この場合は、差し込むUSBの位置を変えることで解決することがあります。 USBの接続端子の接触不良によって読めなくなることがあります。 USBの読めなくなる原因にもよりますが、そのほとんどがデータ自体は生きているので、読めなくても復元可能です。

復元するときは、同じUSBではなく、別のデバイスに復元するようにすれば復元可能のケースがほとんどです。 パソコンに接続して認識できないUSBでも、別のパソコンに接続したらデータは見えなくてもデバイスとしては認識できるケースがあります。

USBから読み込めないデータでも、パソコンにデバイスとして認識されていれば、データは完全に復旧させることができます。 見えなくなっているデータを復元するには、復元ソフトができます。そのなかに、おすすめはWondershare 「Recoverit」です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare Recoveritを利用して読み込めないUSBからデータを復旧する手順

ステップ1「外付けデバイス」にUSBを選択します。

読み込めないUSBをパソコンへ接続します。「外付けデバイス」にUSBを選んで、「開始」ボタンをクリックしてスキャンを始めます。

目標選択

ステップ2 読み込めないデータのスキャンをします。

削除したデータをスキャン

ステップ3 「復元」ボタンをクリックして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックすることでデータは復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ただし、元のデータ損失したUSBにファイルを保存しないでください。

プレビュー

復元

Wondershare 「Recoverit」を使って簡単な操作で、スキャンされたUSBのデータを復元できます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なUSBデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / 読み込めないUSBからデータを復旧する方法

すべての記事