「USBデバイスが認識されません」エラーが
頻発する時の対処法

Windows10のPCで外部のUSBデバイスを利用すると、「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生することがあります。本ページでは、「USBデバイスが認識されません」のエラーが頻発するときの対処法を紹介します。

データ復元100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし データ復元 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: USB復元

Windows10のPCで外部のUSBデバイスを利用すると、「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生することがあります。あまりにも同じエラーが発生すると、USBデバイスやPCに問題があるかもしれません。

本ページでは、「USBデバイスが認識されません」のエラーが頻発するときの対処法を紹介します。


パート1: 「USBデバイスが認識されません」エラーが発生する原因

「USBデバイスが認識されません」のエラーが頻発する状況では、以下の原因が予想されます。

● USBポートの不具合
● USBデバイスやケーブルの不具合
● USBへの電力供給が不足している
● USBデバイスドライバーの問題
● Windows10のシステム不具合

よくある原因はUSBポート、USBデバイスやケーブルの不具合です。USBポートやデバイス、ケーブルに問題がなければ、他の原因が考えられます。

「USBデバイスが認識されません」と表示される原因はさまざまなので、1つずつ対処法を行いましょう。

パート2: 「USBデバイスが認識されません」エラーが頻発する時の対処法

「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生したときは、以下の対処法を順番に行います。

1. 他のUSBポートに接続
2. 別のUSBケーブルを使う
3. 他のUSBデバイスを使ってみる
4. USBセレクティブサスペンドの無効化
5. USBコントローラーや機器のドライバー再インストール
6. システムファイルチェッカーを活用

それぞれの対処法を詳しく解説します。

1)他のUSBポートに接続

「USBデバイスが認識されません」のエラーが発生したら、まずUSBデバイスを他のポートに接続してみましょう。デバイスを他のUSBポートに接続すると問題がない場合、エラーが起きるポートに不具合が発生している可能性があります。そのため、このあとご紹介する④の対処法を試すか、PCのメーカーに問い合わせてみましょう。

2)別のUSBケーブルを使う

USBケーブルが断線してエラーが発生するパターンもあります。そのため、別のケーブルを使ってUSBデバイスとPCを接続するのも行いたい対処法です。ケーブルを交換してエラーが発生しなくなったら大丈夫です。

3)他のPCでUSBデバイスを使ってみる

他のPCを持っているのであれば、そのPCにUSBデバイスを接続してみましょう。他のPCでも同じエラーが起きるのであれば、USBデバイスに問題があります。他のPCではエラーが発生しない場合、エラーが起きるPCに問題があります。

4)USBセレクティブサスペンドの無効化

USBセレクティブサスペンドの設定が原因の場合もあります。USBセレクティブサスペンドとは、一定の時間内に使われていないUSBポートの電源を自動で切る機能です。この設定が有効だとエラーが発生する場合があるので、設定を確認しておきましょう。

USBセレクティブサスペンドの設定を確認する場合、まず以下の手順を行います。
1. スタートボタンを右クリック
2. 「電源オプション」を左クリック
3. 表示されるウィンドウの右側で「電源の追加設定」を左クリック
4. ウィンドウ右側で「プラン設定の変更」を左クリック
5. ウィンドウ下部にある「詳細な電源設定の変更」を左クリック
6. 「USB設定」を左クリックしてツリーを開く
7. 「USBセレクティブサスペンド」を左クリック

「有効」の表示があれば、それを左クリックのうえ「無効」に切り替えてください。「無効」と表示されていれば、他の原因が考えられます。

5)USBコントローラーや機器のドライバー再インストール

USBコントローラーやデバイスのドライバーに不具合が発生している可能性もあります。そのため、これらを再インストールするのも方法の1つです。

USBコントローラーを再インストールする場合、まず以下の手順を行います。
1. スタートボタンを右クリック
2. 「デバイスマネージャー」を左クリック
3. 表示されるウィンドウの上部で「表示」を左クリック
4. 「非表示のデバイス」を左クリック
5. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」を左クリックしてツリーを開く

次に「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」の下に表示された項目すべてで、以下の手順を行います。
1. 「デバイスドライバー」を右クリック
2. 「デバイスのアンインストール」を左クリック

すべての項目をアンインストールしたら、PCを再起動すると自動で再インストールされます。

USBデバイスのドライバーは、以下の方法で再インストールできます。
1. スタートボタンを右クリック
2. 「デバイスマネージャー」を左クリック
3. 表示されるウィンドウで「ディスクドライブ」を左クリックしてツリーを開く
4. エラーが発生するUSBデバイスの名称を右クリック
5. 「デバイスのアンインストール」を左クリック
6. PCを再起動

6)システムファイルチェッカーを活用

Windows10のシステムファイルが破損している可能性があるので、システムファイルチェッカーの利用も選択肢に入ります。

システムファイルチェッカーは以下の手順で行えます。
1. スタートボタンを右クリック
2. 「Windows PowerShell」を左クリック
3. 表示されるウィンドウの末尾で「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と入力
4. 「Enter」キーを押す
5. プロセス完了が確認できれば、ウィンドウの末尾で「sfc /scannow」と入力
6. 「Enter」キーを押す

「Windows リソース保護は、破損したファイルを検出し、正常に修復しました」と表示されたら、作業は完了です。

パート3: USBのエラーで失われたデータを復元

「USBデバイスが認識されません」のエラーが頻発に起きると、デバイスに保存しているデータが消える恐れがあります。エラーが消えたデータはPCの基本機能では復元できません。そのため、データ復元ソフトを使う必要があります。この問題で活躍するデータ復元ソフトは「Recoverit」です。

Recoveritは2000種類以上の保存デバイスに対応しており、どのようなUSB機器からも失われたデータを復元できます。操作手順は3ステップだけなので、初心者の人が使う場合も難しくありません。対応ファイル形式は1000種類以上なので、どのようなファイルも復元できるほど万能です。

以下は、「Recoverit」 でUSBのエラーで失われたデータを復元する手順です。

まずはRecoveritをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 復元場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側の「HDDやデバイスから復元」を選択して、「外付けデバイス」から対象のUSBメモリを選択してクリックします。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 データを失われたUSBメモリーのスキャンが始まります。

そうすると、USBメモリから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

書き込み禁止されたUSBをスキャン

ステップ3 USBメモリの消えたデータをプレビューして復元します。

USBメモリのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいUSBメモリのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

書き込み禁止されたUSBメモリーでのデータを復元

「Recoverit」ならフォーマットされたUSBメモリーからデータを復元できるのでご安心くださいね。また、Recoveritを使うことで、USBメモリの復元だけではなく、外付けHDDの復旧SDカードデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なUSB復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > 「USBデバイスが認識されません」エラーが
頻発する時の対処法