ワード 削除 復元-削除したワード文書を復元する

Wordを使用する中で、よくやってしまうのがうっかり削除です。 そんな時慌てない為に、簡単に出来る対処法を紹介します。 まずWordで文書を書いていて、文書の一部を間違って削除してしまう事はよくあります。その時に簡単な操作で、文書を削除してしまう前の状態に戻す方法をやってみます。 その方法は実に簡単です。

〈Ctrlを押しながらZを押す〉これだけです。 この方法はZを押した分だけ前に戻りますが、勢い余って押し過ぎないようにしましょう。 普通のパソコンなら問題なく使える方法なので、時間の短縮にもなります。 次はWord文書を書いたのに保存し忘れる事や、何かしらの事情で強制終了されて文章が削除される事があります。 そこで、ワードのファイルがパソコンから削除された場合に復元する方法を紹介します。 ただし、一回も保存してない場合は適応されない場合があるので注意してください。

方法1 元の文書を検索する。

元の文書は本体CPUから削除されていない場合があります。 その場合の手順を紹介します。この手順で探している文書が表示されていれば、そのまま回復させることができます。

1.「スタート」ボタンをクリック→検索

2.「Windowsデスクトップ検索」→ウィンドウの左下に「ここをクリックして検索コンパニオンを使用します」(オプションがある場合はクリックします)

3.「検索コンパニオン」ウィンドウで「ファイルとフォルダーをすべて」をクリックします。

4.「ファイル名のすべてまたは一部」ボックスに、検索する文書名を入力します。

5.「探す場所」ボックスの一覧の「マイコンピューター」をクリック→「検索」

また、探している文章が表示されていなければファイル名を間違えて入力しているか、文書の名前が違う可能性があります。 その場合にすべてのWord文書を検索する為の手順を紹介します。

1.「検索コンパニオン」→「新しい検索を開始する」

2.「ファイルとフォルダーすべて」をクリック→次のテキストをCtrl+Cでコピーして「ファイル名のすべてまたは一部」ボックスにCtrl+Vで貼り付けて「検索」をクリックします。

探しているファイルが詳細ウィンドウに表示されない場合は、文書がごみ箱に移動されている可能性があるので、ごみ箱アイコンを確認してみてください。次にごみ箱を確認して、文書が見つかった場合の復元の仕方を紹介します。

1.デスクトップで「ごみ箱」をクリック→「表示」メニューの「詳細」をクリック→「表示」メニューの「アイコンの整列」をポイントし、「削除した日」をクリック→すべてのファイルをスクロールします。

2.探している文書がみつかったら、文書を右クリックして「元にもどす」をクリックし、文書を元の場所に戻します。

※:マイクロソフトでは、ごみ箱を空にした場合に文書を復元するユーティリティを提供していません。ただし、ワードファイルが削除された時に復元するソフトがインターネットや家電量販店で販売されています。

方法2 第三者が提供するソフトを使用する。

データを復元するソフトの一つにWondershare社の「recoverit(windows版)」があります。今回は、その商品について簡単に説明していきます。 「データリカバリー」は、あらゆる外部メディアやパソコンのごみ箱を空にしたなど、550種類以上のファイル形式に対応しているデータ復元ソフトです。 例えば「間違って削除してしまった」とか「フォーマットしてしまった」とか、そういった状況でもファイル復元が可能なソフトです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ワードの誤って削除した文書の復元は、復元したいファイル形式を選択→ファイルが紛失した場所を選択→復元作業を開始の簡単な3ステップです。 主な機能としては、パソコン本体のデータ、SDカードデータ、ごみ箱を空にした等々、その他色々なデータを復元してくれるソフトです。

ステップ1 復元モードを選択します。

パソコンからRecoveritを起動して、一つの復元モードを選択します。オプション「削除したファイルの復元」は誤って削除してしまった・停電で紛失した・「Shift + Del」押しで削除したファイルを復元できます。

すべてのファイルタイプ

ステップ2 データ元の保存先を選択します。

紛失したデータ元に保存したハードディスクドライブ(ディスク C, D, E, F, G) を選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

すべてのファイルタイプ

ステップ3 パソコンのハードディスクをスキャンします。

Recoveritは自動的にクイックスキャンをスタートします。スキャンが終わったあと見つけたファイルのプレビューができます。紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。

ファイルパス

「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

すべてのファイルタイプ

ステップ4 紛失したファイルをプレビュー・復元します。

「Recoverit」はスキャンで見つけたファイルを復元する前にプレビューすることができます。目標ファイルに「復元」をクリックして復元が実現できます。 データを元の紛失したハードディスクに保存しないでください。

エクセルリカバリー

以上で削除したエクセルファイルを復元する操作は完了です。

もし、手順4で必要なファイルが検出できない場合は、ディープスキャンで再スキャンを行って下さい。ディープスキャンは、画面下部にある「ディープスキャン」をクリックします。すると、ディープスキャンが開始されるので、完了するまでしばらく待ちます。 完了後は、手順5の通り復元したいファイルにチェックを入れて、復元を開始して下さい。 また、このソフトはパソコンから削除してしまったエクセル以外にも、SDカードやUSBメモリー、外付けHDDなど、様々な外部メディアから削除されたエクセルファイルを復元することも可能です。

いかがでしょうか? エクセルの削除は様々な過程での誤りを原因として、起きてしまう場合がほとんどです。 不要なファイルを削除する場合には、関係ないファイルも誤って削除しないように注意して下さい。 また、誤ってエクセルファイルを削除してしまい、復元できない状態に至ってしまった場合には、是非Wondershare「recoverit」を利用してみてはいかがでしょうか。

画像復元アプリ-Wondershare Recoverit

ショッピングサイトで買い物した時に、代金の支払い方法や取引の記録等が登録したメールアドレスに送信されます。 またイベントやコンサートの参加希望をメールにて送信します。すると、イベントの主催者からチケット代金の支払い方法について返信メールが届きます。 プライベートだけではなく、ビジネスにおいてもメールは欠かせないツールです。 出勤・退勤の報告や、1日の業務内容を記載した勤怠書類の送信もメールにて行う事が多いでしょう。 また客先に対しても、取引の際の見積書やアポイントについて等、電話と共にメールのやり取りが欠かせません。

プライベート、ビジネスに関わらずやり取りを続けていると、「これはもういらないかな」と考えて該当のメールを削除します。 しかしPCは電子機器の為に、誤った操作やウィルス感染等により必要なメールまで削除される事があります。 思いがけず削除されても慌てない為に、是非試して欲しいメールを復元するソフトのベスト10を紹介します。

①Wondershare Recoverit無料体験版あり

Wondershare社Recoveritは、Outlookメールに対応した復元ソフトです。 クイックスキャンとより詳細なディープスキャンで、削除されたメールを検出します。 簡潔な画面表示なので、PC操作に不慣れな方にも安心してお薦めします。

注意点としては、Web版で削除したメールは復元の対象外になる事です。復元するには、PCにメールソフトをインストールしている事が必須です。


② ファイナルデータ 無料体験版あり

データ復元

Outlookメール、Windows Live Mail等に対応したゴミ箱から削除したメールを復元する事が出来ます。 ウィザード形式の明確な画面表示で、復元可能なメールを高度に検出します。

注意点としては、メールを復元する為には製品版の購入が必要です

③ 救出ファイル復元 無料

データ復元

メールの件名、アドレス、サイズ、添付ファイル、送受信日でフィルタリングします。これにより、目的のメールデータを高度に検出して復元します。

注意点としては、無料版には復元可能な容量に制限がある事です。

④ Outlook Express 削除メールの復元 無料

データ復元

Outlook Expressに特化しており、削除したメールが保存されていたフォルダを選択し、開始をクリックするだけの簡単操作でメールが復元されます。

注意点としては、512バイト毎に4バイトのデータが紛失するので完全には復元出来ない事です。

⑤ メール復元 for Outlook Express 無料

データ復元

簡単な3ステップでOutlook Expressのメールを復元する事が出来ます。 復元されたメールは、ダブルクリックで中身を確認してドラッグ&ドロップでOutlook Expressに戻す事が出来ます。

注意点としては、メールデータが壊れている場合や添付ファイルの復元は出来ません。

⑥ Thunderbird Undelete 無料

データ復元

Thunderbirdのゴミ箱から削除された場合や誤って削除したメールを復元します。 このソフトは、インストール不要で使用する事が出来ます。

注意点としては、フォルダの最適化をした場合はメールデータが壊れているので復元出来ません。

⑦ Easy Recovery Professional 有料

データ復元

Eメールリペア機能にて、Outlook 、Outlook Expressと2種類のソフトに対して、読めなくなったメールを復元します。 データの復旧に加えて、ディスクのエラーチェックを行う事もできます。

注意点としては、他の有料ソフトと比較して値段が高めな事です。

⑧ Wise Data Recovery 無料

データ復元

高速でありながら、正確かつ安全に削除されたメールデータを検出して復元します。 ファイルの復元可能性を、「高」、「低」、「最低」、「不可」の4段階で表示します。

注意点としては、可能性が「高」でも確実に復元出来るとは限りません。

⑨Undelete360 無料

データ復元

PCを高速スキャンして復元可能なメールのデータを検出します。 スキャンで検出したデータは、「最良」、「良」、「中」、「悪」、「上書きされています」の5段階で復元の可能性を知る事が出来ます。

注意点としては、データのスキャンは有料版のみ行えます。

⑩ Free Undelete 無料

データ復元

シンプルなインターフェースながら、簡単な操作とファイル・フォルダをワイルドカードでフィルタリングする実用的なソフトです。 フォルダを丸ごと復元する事が大きな特徴です。

注意点としては、最もファイルの状態が良い場合も必ず復元出来るとは限りません。

今回紹介したメールを復元するソフトベスト10は、どれも高機能と簡単操作を両立しています。大切なメールを復元したい方に、自信を持ってお薦めします。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / ワード 削除 復元-削除したワード文書を復元する

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?