PNG復元-削除や消えたPNG画像を復元

Aug 06,2019 • カテゴリ: ファイル復元

PNG画像ファイルの特徴と活用方法

PNGは静止画像用のフォーマットで画像データを可逆圧縮して保存することができるため、デジタルカメラなどで撮影した静止画像などに用いられています。他にもインターネット上の画像にも使用されることがあります。JPEGも高い頻度で利用されますが、非可逆圧縮なので編集を行うと画質が劣化してしまいます。これに対し可逆圧縮方式のPNGは画質の劣化を防ぐことができます。デジタルカメラで撮影した画像データは、カメラに挿入したフラッシュメモリでPNG形式で保存されるケースが多いです。このためパソコンに画像データを転送した際も、PNGファイルとして保存されることがあります。PNG形式の画像ファイルは圧縮率が高い上に加工しても画質が劣化しにくいため、パソコンのHDDで画像データを保管するのに適しています。

PNG形式のファイルを誤って削除した際の対処方法

カメラで撮影した画像をパソコンのディスクに移動して整理する際に、不要な画像と一緒に保存する予定のデータを削除してしまう場合があります。デジタルカメラの画像はファイル名が連番で保存されているので、ファイルを整理する際は画像を開いて内容を確認する必要があります。もしも誤って画像ファイルを削除した事に気付いたら、データ復元用のツールを利用してなるべく早くデータの復旧を試みることができます。ファイルのサイズが大きくなければ、データが残されている領域に別のファイルが上書き保存される可能性が低いため、削除したファイルを復元できる可能性が高くなります。

削除した画像ファイルを復元することができるツールは数多く存在しますが、デジタルカメラの画像のようにファイル名が連番で保存されている場合には内容を確認してからデータを取り出す必要があります。画像の内容が分からない場合には不要なファイルも一緒にデータを取り出して、内容を確認してから不要なファイルを削除する必要があるからです。WondershareのPNG画像復元ソフト「Recoverit」にはプレビュー機能が付いているので、削除したファイルのデータを取り出す前に画像の内容をながら判断することができます。プレビュー画面に表示される画像を選択してファイルを保存すれば、不要なファイルも一緒にデータを取り出す必要がありません。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」で失われたPNG画像ファイルを復元する手順

Wondershare「Recoverit」を使用して削除したPNGファイルのデータを取り出す手順ですが、ディスクで削除済みの画像ファイルを検索し、プレビュー画面を見ながら画像を選択してから別のドライブにファイルを保存します。ファイル名が連番で保存されている場合でも、画像の内容を見ながら選ぶことができます。

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいPNG画像を保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいPNG画像ファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいPNG画像をプレビューして復元します。

スキャン終了後にPNG画像が見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

Wondershare「Recoverit」で画像ファイルを復元する際に、プレビュー機能を利用することでファイルの中身を見ながらデータを取り出すことができます。デジタルカメラで撮影した画像で連番でファイル名が付けられている場合は、プレビュー機能を活用することができます。

1223

Recoverit - 強力なPNG画像データ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / PNG復元-削除や消えたPNG画像を復元

すべての記事