削除してしまったISOファイルを復元する方法

ご自宅のパソコンには旅行などで撮った思い出の写真データやCDの音楽データなどが、会社のパソコンには仕事に使う文書などのファイルの様々なデータが保管されているかと思います。そんな大事なデータを間違えて消去してしまった、そんな時に力を発揮するのがWondershare 「Recoverit」というISOファイルデータ復元ソフトです。

ISOファイルに関する基礎知識

ISOとは、国際標準化機構の略称で、国と国との間の取引をスムーズにするため世界共通の基準を決めるための機関で、ここが定めた規格のことをISO規格と言います。それに定められたファイル規格がISOファイルと呼ばれており、具体的にはISO9660というファイル形式で定められた形式のものです。これは1988年に定められたCD-ROMやCD-R/RWにデータを記録する標準的な規格で、DVDやブルーレイディスクに関してもこの形式が適用されています。この形式で記録された光ディスクのコンテンツを構造・管理データなども含めて収めたイメージファイルの1種になります。

私たちにも身近なISOファイル、それを消去してしまったら?

私達の身の回りにもISOファイルの使用例は数多くあります。例えばデジカメなどで撮影したJPG形式のファイルや、文書のDOCファイル、映像のMP4形式のものなど、色々な所にISO形式のデータは溢れています。そのようなデータを、不要なものと勘違いしたり、バックアップをし忘れて初期状態に戻してしまったりといった理由で消去してしまった、という様々なパターンの不測のトラブルに対応しているのがWondershareが発売するISOファイル復元ソフト「Recoverit」です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare 「Recoverit」を使って削除したISOファイルを復元する方法

ステップ1.Wondershare 「Recoverit」の起動とデータの復元ウインドウを表示

まずはWondershare 「Recoverit」を起動してください。表示されたメニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」中から「削除したファイルの復元」モードを選びください。そして、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択してサブウインドウを表示します。

ISOファイル復元モード選択

ステップ2.Wondershare 「Recoverit」で表示されたhddから削除されたデータをスキャン

hddのサブウインドウが表示されるhddの復元ウインドウが表示されて削除されたHDDの場所を選択します。

ISOファイル元保存先

ウインドウの左側に表示されているHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。 ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作でできます。 スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3.スキャンされたデータの復元したいデータを復元

スキャンされたhddの削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

ISOファイルを復元

以上の操作で簡単に削除してしまったISOファイルを復元できます。

ISOファイル復元ソフトRecoveritの特徴

「Recoverit」の最大の特徴はカバーしているデータ消失原因の範囲が広いという点です。バックアップなしにシフトとデリートを押してしまった、という手元が狂ったことによる原因やデジタルカメラのメモリーカード接続時にフォーマットしてしまったなどの考えうる操作ミスなどに対応しているのがこの製品のメリットになります。操作ミス以外にもウイルス感染・ハードディスクの故障などといったイレギュラーのトラブルが起きた際のファイルの消失でもファイル復元ができるという点もこの製品が多くのユーザーに選ばれている理由です。

ファイル復元の大まかな流れ

システム故障で消失してしまったファイルの復元方法は、まず最初の画面の「システムクラッシュ後の紛失したデータの復元」モードを選択し、現在起動可能なドライブ、またはUSBドライブを選択します。ここで注意して欲しいのが選択したドライブはフォーマットされますので、必ず別の場所にバックアップを取っておいてください。そして起動可能なメディアを作成し、そのデータを消失してしまった場所から復元する作業に入ります。BIOS調整後、そのメディアをパソコンにセットし、再起動後にデータを復元するのがこの製品のデータ復元の大まかな流れです。

動作環境と復元できるファイルの種類

「Recoverit」の動作環境はWindowsであればXP以降、Macosは10.8以降が推奨環境です。また、CPUは750MHzのIntelもしくはAMD、HDDは1GB以上、RAMは512MB以上の空きが必要です。Recoveritのもう1つの特徴がその復元できるファイル形式の多さで、ドキュメントや画像、ビデオ・オーディオなど様々な形式の多くの拡張子に対応しています。この製品があれば業務や家庭で使用しているほとんどの拡張子をカバーできるため、非常に利便性の高い製品です。

基本的な「Recoverit」の大まかな操作法や選ばれる理由がお判り頂けたと思います。さらにRecoveritには7日間の返金保証やウイルスフリー保証、24時間の技術サポートなどのサービスも付いており、予期せぬトラブルに対応する体制も万全であると言えます。うまくこのソフトを活用し、万が一の時に備えておきましょう。

データ復元ソフト

Recoverit - ISOファイル復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / 削除してしまったISOファイルを復元する方法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?