ガレージバンドで作業中に失ったGarageBandファイルを復元

ガレージバンドは強力な音楽作成ツールで、豊富なサンプリングデータの中からお気に入りのサウンドを見つけてミックスダウンしたりシンセサイザーで自由に音を作れるほか、ギターやマイクを接続して録音することも可能です。 作曲を行う際には完成するまで何度も録音やミックスダウンをやり直しますが、やっぱり一つ前のデータの方が納得の仕上がりだと思っても既に削除してしまったケースも少なくありません。

初心者からプロまで作曲を楽しめる

ガレージバンドはMac用とiOS用がリリースされており、手軽に作曲が楽しめることから人気です。 全てのパートを自分で入力したり録音できるのはもちろんのこと、プリセットで収録されている豊富なジャンルのサンプリングデータはそのままでもカスタマイズしても使えます。 シンセサイザーにはTrandformPadSmartControlが搭載され、視覚的にも分かりやすい簡単な操作でモーフィングやリバーブなどを駆使して自分だけの音を作り出すことができます。 楽器や楽譜が苦手な初心者の方でも簡易的な操作で1曲完成させられるほか、プロ志向の方にはどこまでもこだわって細かいエディットが可能で、幅広い層の方に愛用されているツールです。

自宅に居ながらにしてガレージバンドを実現

アプリケーションのタイトルにもなっているガレージバンドとは、ガレージにバンドのメンバーが集まって音楽活動をすることを指します。 このサウンドツールのガレージバンドではスタンドアローンでも作曲の作業が行えるのはもちろんのこと、GarageBandファイルをiCloudに共有することで離れた場所にいるユーザーと共同作業でエディットすることが可能です。 メールやメッセージで参加依頼を送信し、それを受け取ったユーザーがURLを選択すれば共有されたGarageBandファイルのエディットに参加できます。 エディットした内容は即座に反映されて他のユーザーの端末に同じ内容が転送され、まるでその場に一緒に居るかのような臨場感で文字通りガレージバンドの活動が行えます。

共有拡張機能で楽曲を世界中に共有

ガレージバンドでエディットを行い楽曲が完成したら、共有拡張機能を使って世界中に共有することが可能です。 フォーマットはGarageBandファイルそのままでも共有できますが、オーディオファイルに変換すればガレージバンドに対応していないデバイスでも再生できます。 共有拡張機能に対応している方法ではメールやメッセージに添付して送信できるのはもちろんのこと、iTunesや各種ソーシャルネットワークサービスで共有すれば世界中のユーザーに渾身の1曲を聴いてもらうことも可能です。

ガレージバンド活動は失敗と成功の連続

ガレージバンドによる作曲を行う際には、何度も録音やミックスダウン、マスタリングをやり直して納得できる仕上がりを目指します。 しかし、その際に一度は必要ないと思って削除してしまったGarageBandファイルに、実は二度と演奏できないかもしれないフレーズが含まれていて、取り出そうと思っても元に戻せなくなり途方に暮れてしまうケースも少なくありません。 そんな時は、かつては再び同じ演奏ができるように何度もやり直しをする以外に方法はありませんでしたが、現在ではもっと簡単に失ったGarageBandファイルを取り戻す方法があります。

Recoveritで幻のフレーズを蘇らせる

「Recoverit」は、何らかの事情で誤って削除してしまったファイルを簡単に復元できるツールです。 起動すると表示されるメニューから「削除したファイルの復元」を選択し、表示されたドライブのリストの中からGarageBandファイルを保存していたドライブを選択して画面右下の「開始」を押せばスキャンが開始されます。 しばらく待つと復元可能なファイルがリストアップされるので、その中から該当するGarageBandファイルを選択して「復元」を押せば取り戻すことが可能です。 再びガレージバンドを起動して読み込ませれば、誤って削除してしまった幻のフレーズを蘇らせることができます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare 「Recoverit」で完全に削除したファイルを復元する手順

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったGarageBandファイルを復元できるデータ復元モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。メニューから「削除したファイルの復元」を選択してください。

「削除したファイルの復元」を選択

ステップ2 削除したファイル元の保存先を選択します。

削除してしまったデータを復元するには、復元ウインドウが表示されて削除されたHDDの場所を選択します。ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。

削除したファイル該当する場所を選択

ステップ3 削除したファイルをスキャン・復元します。

「開始」ボタンをクリックして、消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

データをスキャン

目標ファイルを見つけない場合は「万能復元」を選択してください。「万能復元」はもっと徹底的にフォーマットしたディスクをスキャンします。ただし、クリックスキャンより長い時間かかります。

万能復元

ガレージバンドは強力なエディット機能を持つサウンドツールですが、どこまでも細部にこだわったエディットが行えるからこそ、何度もやり直して納得の仕上がりを目指す過程で誤って大切なフレーズが含まれているGarageBandファイルを削除してしまいがちです。

そんな時でも「Recoverit」があればいつでも復元可能で、安心して作曲活動を行うためにもあらかじめ用意しておきたいツールです。


削除したファイルを復元する方法


データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / ガレージバンドで作業中に失ったGarageBandファイルを復元

すべての記事