Windows 8 のゴミ箱から安全に削除したデータを復元

Windows8のファイル削除の仕組みとは

Windows8で不要になったファイルを削除する際は、一旦ゴミ箱に入れてから空にします。単にゴミ箱に入れるだけではファイルは完全に削除されず、元に戻すことができます。もしもゴミ箱を空にするとファイルが完全に削除されるため、通常の操作ではデータを見ることができなくなります。実はファイルを完全消去しても、文字通りデータが“完全に”消えてしまう訳ではありません。ファイル削除の操作をすることで、データが書き込まれていた場所に別のファイルが上書きが可能な状態になります。この場所に別のデータが書き込まれない限りは、削除されたファイルの内容はディスクに残されています。

Windows8で誤ってゴミ箱からファイルを削除した際の対処方法

誤ってゴミ箱を空にしてファイルを削除してしまった際も、データが記録されていた領域に別のファイルが上書きされていなければ、ディスクにはファイルの内容が残されています。データ復元用のソフトを利用すれば、ゴミ箱を空にして削除してしまったファイルのデータを取り出すことができます。削除されたファイルを復元する場合は、データが記録されていた場所に別のファイルが上書き保存されないようにする必要があります。誤ってファイルを削除した事に気付いた場合はすぐにディスクの使用を中止して、データ復元用のツールを利用して、ファイルを回復するための作業を行う必要があります。

Windows8のゴミ箱から削除したデータを復元可能な「Wondershare recoverit」の紹介

Wondershare「Recoverit」は、削除されたファイルのデータを取り出すためのツールです。Windows8でも動作可能です。ゴミ箱を空にして完全に削除されたファイルもデータを取り出すことが可能です。「Wondershareデータリカバリー」はコンピュータについての専門的な知識を持たない人であっても、簡単な操作で削除されたファイルを回復させることができるように設計されています。フリーソフトでも削除されたファイルを復元するためのツールがありますが、データの種類やファイルサイズが限定されているものがほとんどです。これらに対してWondershare「Recoverit」は全ての形式のファイルに対応可能で、有料版に登録すればファイルサイズの制限もありません。

ディレクトリごと削除した場合でも回復することが可能です。システム用のドライブ(Cドライブ)のファイルを誤って削除した後にWondershare「Recoverit」をインストールすると、削除されたファイルのデータが記録された場所に別のファイルが上書きされてしまいます。頻繁にパソコンで作業を行う場合には、万一の場合に備えてWondershare「Recoverit」をあらかじめインストールしておくことができます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Wondershare recoverit」でゴミ箱から安全に消去したデータを復元する手順

ステップ1 Wonderahare Recoveritの起動とごみ箱の写真データの復元ウインドウを表示します。

お使いのパソコンにWonderahare Recoveritをダウンロードしてインストールしてください。そして、ソフト起動したらメニューウィンドウが表示されます。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回はゴミ箱から削除した写真ファイルを復元するから、 表示されたメニューの「ごみ箱復元」を選択してください。

タブを選択

ステップ2 Wonderahare Recoveritで表示されたごみ箱の削除された写真データをスキャンします。

削除したファイルの復元を選択すると復元ウインドウが表示されます。 ゴミ箱内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。 ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作でできます。

データスキャン

この中で「グラフィック」を選択してスキャンすると、ごみ箱から削除された画像データのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て写真を含む画像データになるので、全てのファイルを復旧したければ、全てにチェックを入れます。

復旧したい画像データのみを復旧したければ、復元したい写真などを選んでチェックボックスにチェックを入れます。

ステップ3 スキャンされた画像データの復元したい写真などを復元します。

復元されたデータは、失ったデータが保存されていた場所に保存しないで下さい。 同じ場所に保存してしまうと、元々のファイルデータに上書きされてしまう場合があるからです。 しかし、復元されたデータの保存先がデータを失った場所と同じ場合には、警告が表示されるので、心配する必要はありません。その場合は、別の場所に保存または、外部記憶メディアなどに保存して下さい。 また、同じ場所に保存したい場合は、復元されたデータをコピー&ペースト(貼り付け)で移動させることで、上書き保存されるのを防ぐことができます。

Windows8ゴミ箱復元ソフトについてのまとめ

Wondershare「Recoverit」をあらかじめWindows8のパソコンにインストールしておけば、ゴミ箱を空にして安全に消去したファイルも復元することができます。万一の場合に備えて、Wondershare「Recoverit」を入れておくことができます。

Windows 8/8.1 復元ソフト
Wondershare recoverit

ゴミ箱復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップで削除したデータを復元
  • デジカメの削除したデータ・スマホのSDカード復元・ HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・SDメモリカード・USBフラッシュドライブを復元!
  • データを復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.8~10.14(macOS Mojave)
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows 8 のゴミ箱から安全に削除したデータを復元

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?