デスクトップにゴミ箱がない場合の対処方法

Apr 01,2020 • カテゴリ: ゴミ箱復元

要らない資料等を捨てるのにデスクトップに通常あるゴミ箱に何気なくいれていると思います。 突然、デスクトップにゴミ箱がなくなったら、ファイルを削除するのは面倒くさいです。またデスクトッにプゴミ箱がないと間違って捨ててしまったアイコンを元に戻すことは事実上不可能と思います。 従って、デスクトップにゴミ箱のアイコンは必要不可欠かと思います。

デスクトップにゴミ箱がなくなったらどうすればいい

Part1. デスクトップにゴミ箱がない場合の対処方法

デスクトップにゴミ箱ないの症状があったとしても基本ゴミ箱が本当に削除されたわけではないので心配はしないでください。 それでは、デスクトップにゴミ箱アイコンを表示する方法を書き込みたいと思います。 設定を変更するだけで簡単に表示することが可能です。

デスクトップのゴミ箱の表示設定をOFFにしてしまった場合

Part2. デスクトップのアイコンが表示されていないときの対応方法

Windowsではデスクトップ上のすべてのアイコンが非表示になっている場合は、設定を一度確認してみてください。 従来の「デスクトップモード」または「タブレットモード」の設定があります。

まずは、デスクトップモードとは、マウスやキーボードを扱うときにパソコン向けの操作モードです。通常のWindowsの操作性になります。 他に、タブレットモードと言うタッチパネルの操作をメインにWindowsを扱う操作モードです。設定でタブレットモードになっているとデスクトップ上の全てのアイコンが表示されませので、ゴミ箱も消えてしまうことにもなります。

もし、お使いのパソコンがタブレットモードになっていてゴミ箱も表示されていない場合はいくつかの方法で対応することができます。

現れた画面の下側に【タブレットモード】の文字がありますのでオフになっていることを確認します。 オンになっていたら一度文字の上でクリックするとオフになると思います。

Part3. ゴミ箱のデータを復元するソフトを紹介

ゴミ箱に入っているデータは元に戻すことは可能ですが、通常ゴミ箱からも削除してしまったデータは二度と復元できませんので諦めるしかないと今までは思っている方もいらっしゃると思います。 ゴミ箱に要らないと思ったファイルを間違えて捨ててしまった場合は、元の場所に復元できないのが通例です。

Wondershare社の「Recoverit」は安全かつ誰でも簡単に操作ができるデータ復元ソフトです。それも、PC、HDD、SDカード、USBメモリなどからも削除してしまったデータ、消えてしまったデータも復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」の操作方法は非常に簡単です。

ステップ1 削除したデータの元保存場所「ゴミ箱」を選択します。

「ゴミ箱の復元」を選択

ステップ2 ゴミ箱で削除したデータをスキャンします。

ゴミ箱で削除したデータをスキャン

ステップ3 ゴミ箱でスキャンされたデータを復元します。

ゴミ箱でスキャンされたデータを復元

「Recoverit」のソフトはPCのOSに関係なくWindows or Macでも【ゴミ箱】から削除してしまったデータも復元対応しています。 まずは無料版をダウンロードして使いのパソコンが正常に稼働するのかをお試ししていただきたいと思います。無料版なのですべての機能が使える訳ではありませんが、その凄さを体験いただけると思います。

不具合時に活躍してくれるソフトを持っていると何かがあった場合に即対応できますので安心してパソコンに取り込めますね。 様々なメーカーから復元ソフトが出ていますが、私はWondershare社の「Recoverit」をお勧めします。欧州を中心に多くのユーザーが使っている実績もあります。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なゴミ箱復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
表示する隠す
Home / ゴミ箱復元 / デスクトップにゴミ箱がない場合の対処方法

すべての記事