Windows10で動画再生中に出た0xc00d36e5エラーを修正する方法

windows 10でmp4やmovを再生する時に、エラーコードは時々出てしまいます。本記事では、動画再生中に表示されることが多い、0xc00d36e5エラーの原因と修復方法について詳しく解説していきます。専門的な動画修復ソフトRepairitをおすすめ~

パソコンを使っていると、エラーコードが表示されることがあります。エラーコードは、どのようなトラブルが起こっているかを示すコートです。しかし、コードを見ただけでは、どうやって修復すればよいのか分からないという方もいるでしょう。今回は動画再生中に表示されることが多い、0xc00d36e5エラーの原因や修復方法について詳しく解説していきます。

パート1:動画を再生している時に0xc00d36e5エラーが出る原因は?

windows 10でmp4やmovを再生する時に、0xc00d36e5というエラーコードは様々考えられます。例えば、原因として考えられるのがビデオファイルの破損です。動画ファイルが破損していると、プレイヤーで起動しても正常に再生されません。動画ファイルは保存する時やダウンロードする時など、様々な場面で破損する可能性があります。複数の再生プレイヤーで読み込んでも再生されない場合は、破損している可能性が高いです。

動画を再生するためには、コーデックをインストールしておかなければなりません。コーデックというのは、動画をエンコード・デコードする時に必要になるものです。動画を圧縮・変換する時に使用したコーデックがインストールされていない場合、再生時に0xc00d36e5エラーが出ることがあります。他にも、インストールされているアプリケーションと、ビデオファイルが競合を起こし正常に動画が再生できないなど、様々な要因によってエラーコードが表示されます。

パート2:動画を再生した時に0xc00d36e5エラーが出た場合の修復方法

0xc00d36e5エラーが出た時、まず試したいのがプレイヤーのアップデートです。windows 10にはwindows media playerが搭載されていますが、アップデートして最新の状態にすることでエラーが出なくなる場合があります。まずスタートメニューから設定画面を開いてください。
「更新とセキュリティ」という欄があるのでそれをクリックし、「最新の状態です」と表示されていない場合は、「更新プログラムのチェック」をクリックします。すると、アップデート可能な項目が出てくるので、「ダウンロードしてインストール」を選べば最新の状態にアップデートされます。

コーデックが足りないのが原因で0xc00d36e5エラーが表示される場合は、コーデックをインストールすることで改善される可能性が高いです。動画のプロパティを開き、概要タブのなかにあるビデオ圧縮の欄に必要なコーデックが表示されるのでチェックしてみてください。もし表示されていない場合は、コーデックチェッカーと言われるソフトを使えば、再生に必要なコーデックを調べることができます。足りないコーデックは配布サイトからダウンロードし、インストールしましょう。

パート3:Wondershare Repairitを使って動画を修復してみよう!

動画ファイルが破損してしまい、0xc00d36e5エラーが出ている場合は、動画修復ソフトを使って修復を試みてみましょう。様々な動画修復ソフトがありますが、中でも人気になっているのがWondershare Repairit(リペアリット)です。Repairitは専門的な動画修復ソフトで、movやmp4、MKVなど様々な形式のファイルを修復することができます。Repairitは修復率が高く、世界中で愛用されているソフトです。動画をダウンロードした時、撮影した時、変換中など様々な場面で破損してしまったファイルをスピーディーに修復可能です。

本格的な修復ソフトですが使い方はとても簡単で、ファイルを読み込んだ後はソフトに任せるだけで、破損ファイルを修復してくれます。UIも分かりやすく、直感的に操作できるということでパソコンに詳しくない方にも人気があります。修復率を上げてくれる高度修復モード、複数の動画を一括で修復する機能、修復状態が分かりやすいサムネイル機能など、機能が充実しているのも魅力です。フルHDや4K動画など、高画質な動画ファイルの修復にも対応しているため、様々な用途に利用できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  破損した動画ファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、壊れた動画ファイルを追加して、右下の「修復」をクリックします。

破損した動画ファイルを追加

ステップ2  修復の完了を待ちます。

修復の完了を待ち

ステップ3  無料プレビューして修復された動画を保存します。

無料プレビューして修復された動画を保存

0xc00d36e5エラーは修復できる可能性がある!

0xc00d36e5エラーが出てしまい、動画が再生できる諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、0xc00d36e5エラーは修復できる可能性がt可愛エラーコードです。もし動画ファイルが破損してしまっていても、Repairitを使えば修復できる可能性があります。Repairitは無料体験版も用意されているソフトです。0xc00d36e5エラーが出て困った時は、Repairitを試してみてはいかがでしょうか。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > Windows10で動画再生中に出た0xc00d36e5エラーを修正する方法

すべての記事