SDカードが書き込み禁止?データを復元することができる?

Oct 23,2019 • カテゴリ: SDカード復元

SDカードは小型の記録媒体で、データをやり取りする際に非常に便利です。しかし、ちょっとした操作で書き込み禁止になってしまうこともあるので注意が必要です。この問題が起きた時は、一度フォーマットをかけるのが有効的な手段になります。フォーマットで消えたデータは、復元ソフトの「Recoverit」で元に戻せるので安心です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

SDカードのデータが書き込みできない場合

Androidでデータの書き込みができない

SDカードに写真などのファイルを保存していると、容量がいっぱいになってしまうことがあります。容量がいっぱいになると、当然ですが新たに書き込みが禁止された状態になります。この時は不要なデータを削除して、容量を空けるようにして下さい。Androidならホーム画面で設定を開き、端末容量とSDカード内データを消去をタップします。もし、タップできない時は先にマウントを解除すると「SDカード内データを消去」というメッセージが表示されます。初期化すると全てのデータが消えるのですが、パソコンでRecoveritを使えば全てのデータを復元することが可能です。

パソコンでデータの書き込みができない

Androidと同じ様に、パソコンでもSDカードにデータが蓄積されていくと空き容量がなくなります。空き容量がないと当然、新たに保存することは出来ないのでデータを削除するかフォーマットをかけて初期化してください。初期化の方が完全にデータを消すことができるので、有効的な方法といえるでしょう。大切なデータも消してしまったとしても、Recoveritという復元ソフトで全て元に戻せるので心配ありません。専門知識も必要なく、誰でも簡単に使えるので安心な復元ソフトです。

SDカードのデータが削除できない時は

SDカードの空き容量がなくなった時は、不要なファイルを削除する必要があります。しかし、ごく稀にSDカードに保存されたデータを削除出来ないこともあります。まず、パソコンでこの作業が不可能な時はカード側面のロックスイッチを確認して下さい。これが下がっているとアンロックの状態で、書き込みや削除が出来なくなっています。もし、禁止状態が続くのであればパソコンを再起動してカードを接続し直してみます。windowsの場合は、自動再生をして動作するかどうかを確認することも可能です。

間違ってSDカードからデータを消した時の対処法

容量を空けるために作業をしていたら、大切なデータまで削除してしまったという人もいます。もし、削除したとしてもカード内には記録が残っているので心配ありません。復元ソフトのRecoveritがあれば簡単に元に戻すことができます。WindowsかMacで復元ソフトを起動し、最初の画面で「外付けデバイス」にSDカードを指定して、スキャンにより中に入ってたデータを確認して下さい。削除されたデータが読み込めたら、復元ボタンを押して元の状態に戻します。

datarecovery

datarecovery

破損したデータも復元できます

書き込みや上書きができない原因の一つとして、データが破損しているということも考えられます。破損している時は無理にファイルを開いたり、フォーマットをかける前にRecoveritでデータ復元を試して下さい。フォーマットしなくても、ファイルを元の状態に戻すことが出来ます。Recoveritを開くと、クラッシュにより消えたデータの復元という項目が出てきます。この項目を選ぶと、SDカードをスキャンしてから破損したデータを修復することが可能です。もちろん、フォーマットをかけてしまった後でも全て元に戻せるので心配無用です。

SDカードで書き込み禁止になった時は、フォーマットをかけたり初期化する必要があります。しかし、フォーマットと初期化はデータが全て消されてしまうので注意が必要です。と言っても、消えたデータはRecoveritという復元ソフトで簡単に元に戻すことが可能なので心配無用です。

Recoveritなら、専門的な知識がなくても単純な作業で大切なファイルを復元できます。

ファイル復元ソフト

Recoverit - ファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
表示する隠す
Home / SDカード復元 / SDカードが書き込み禁止?データを復元することができる?

すべての記事