簡単にHDDからSSDに換装する方法の紹介

HDDからSSDに換装する理由

最近はSSDが主流となりHDDがほとんど新発売のパソコンからは外されています。

なぜSSDが主流になってきているのか、それは、windowsを起動するまでの時間がHDDに比べて非常に早くなっているからです。 それだけではなく、HDDに比べてSSDは壊れにくくなっていて長期間使い続けることができます。

HDD内にOSからアプリまで様々なデータなどが入っていますが、パソコンのHDDをSSDに交換するだけで、後は簡単にデータの移行ができます。 HDDからSSDへデータの移行が簡単にできるためSSDへの換装が良く行われるようになってきています。

HDDからSSDへ換装する方法

HDDからSSDへ換装するのは難しそうに思えますが、実は簡単に換装できます。 換装するときにHDDのクローンを作成してから、そのクローンをSSDへ転送するだけで、osを含むデータをSSDへ換装できます。

HDDからSSDへ換装する場合は、HDDのクローンをソフトを使って作成しておきます。 その時必要となるのはクローンを作成してくれるソフトで、インストールしなければいけません。 HDDからSSDへ換装するためのクローンを作成するソフトはたくさん公開されていて、どれを使っても簡単な操作でHDDからSSDへデータの換装ができます。 換装用のソフトがなくてもSSDのメーカーから出されているHDDからSSDへ換装を実行してくれるソフトは付属しているメーカーもあります。

付属のソフトを使ってSSDへデータを換装させることは可能です。 クローンを作成する上で注意しなければいけないのが、クローンを作成する場合、作成元のデータ容量よりも多めのSSDを用意しなければいけません。 クローン技術を使うと簡単にOS込みのクローンが可能となります。

HDDデータのバックアップからSSDへのコピー

パソコンのデータをSSD換装するために、バックアップをしているとすぐに復旧できます。 外付けのハードディスクを使って、データのバックアップを取ります。 2つ目は、複数台のパソコンを持っている場合は、ネットワークを通じて他のパソコンへデータをコピーしておくと、何かトラブルに合ったときにデータに関してはすぐに換装できます。 3つ目はDVDやブルーレイディスク、そしてUSBなどに定期的にデータのクローンを取っておくとデータをなくしてもすぐに復旧できます。

ソフトを使えば簡単な操作だけ復元できます、その中に、おすすめのは操作が簡単で人気が高い復元ソフトWonderahare 「Recoverit」です。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

Wonderahare Recoveritを使ってWindowsのデータを復元・復旧する方法

ステップ1.Wondershare 「Recoverit」を起動して「システムクラッシュで消えたデータの復元」モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウイルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回はハードディスクで紹介します。

表示されたメニューの「システムクラッシュ後の紛失データの復元」を選択してサブウインドウを表示します。

復元モード

ステップ2.windowsが起動しない場合の修復ディスクの作成

HDDからSSDへの復元するために画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。 修復ディスクを事前に作成しておくことで、換装するときに対処できます。

ディスク修復

作成可能デバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます。 指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクを作成します。

ディスク作成

空のCD/DVDディスクを挿入して作成をするようにします。 修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると修復ディスクの作成を開始します。 修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。

作業開始

デバイスはどれにするかを指定して、作業が完了するまで数分程度待ちます。 全ての作業が終わると、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。 終了ウインドウには、「起動可能なCD/DVDが作成できました」表示されます。

作業完了

ステップ3.修復ディスクでなくしたデータを修復するための必要な時期

修復ディスクを使うと起動しないwindows os上データを復元できます。 修復ディスクはwindows osが起動しなくなる前に作っておかなければ、うまく作成することもできません。

Windowsが正常に起動しているときに、修復ディスクを作成することが前提となります。 Windowsが起動する前にWonderahare 「Recoverit」を利用して「システムクラッシュ後の紛失データの復元」の作成作業を行う必要があります。 これさえ行っておけば、windowsが起動しなくなった時でもシステムデータの復元は可能で、データを消失してしまう必要もありません。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / HDD復元・復旧 / 簡単にHDDからSSDに換装する方法の紹介

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?