外付けHDD「パラメーターが間違っています」エラーへの対策

エラー「パラメーターが間違っています」はなぜ発生?その修復方法は?本文では、エラーの発生原因と修復方法を詳しくご紹介!その上、エラーで外付けHDDのデータが消えた場合、その復元方法を紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

はじめに

Windowsのパソコンに外付けHDD接続時に「ドライブにアクセスできません」「パラメーターが間違っています」というエラーメッセージが表示さるケースがあります。今回は、外付けHDDで「パラメーターが間違っています」のエラーが出た時の原因や対処法についてご紹介します。

Part1:外付けHDD「パラメーターが間違っています」エラーが出る原因

このエラーメッセージは、ディスクやUSBメモリー内の「パーティションテーブルのパラメーターが間違っている」ことを意味します。HDDのシステムや物理的な問題、またはパソコンデバイス自体のシステムの問題によって生じます。「パーティションテーブル」とは、ディスクやUSBメモリー内の目次のようなものと考えられます。それが壊れて読み取れず、ディスク内にデータが認識できないときにこのエラーが発生します。

最大の原因として、HDDへの接続を突然切断してしまうことが挙げられます。特に外付けタイプのHDDの取り外しの際は、必ず「ハードウェアの取り外し」コマンドを実行してから接続を切ることが必須です。また、強制的にパソコンの電源を切る動作も同様にトラブルの原因になります。HDD内部のデータはほとんど正常なので、パーティションテーブルを正しく修正することができれば、復旧できる確率は高まります。

外付けHDD利用時に「パラメーターが間違っています」と表示される具体的なトラブルを挙げてみました。参考にして下さい。

①接続の問題(外付けHDD側の問題)

外付けHDDの接続(ケーブルの接続障害など)が原因です。HDDに物理的、またはシステムの問題が原因ではないので、接続アクセサリの交換や再接続などで解決できるケースが多いです。

②物理的なトラブル

「パラメーターが間違っています」エラーは、物理的な故障が発生していることも考えられます。購入から間もない外付けHDDの場合には、不良品の可能性も考えられるため、交換・修理などを問い合わせてみましょう。

また、HDDシステム問題に効果的な対策を実行しても解決しない場合に、物理的な故障の可能性が高いです。特に物理的な故障で多いのが不良セクタです。セクタとは、データを読み書きする個々のブロックの名称で、経年劣化などで物理的に故障することがあります。

③システムの異常

HDDやパソコンデバイス自体のファイルシステムや、パーテーションの問題も看過できません。ファイルシステムやパーテーションとは、目次のような役割の事で、データの保存場所・編集状況・ファイル形式などの情報を管理しているシステムを示します。

Part2: :外付けHDD「パラメーターが間違っています」エラーを修正する方法

外付けHDDの「パラメーターが間違っています」エラーを修正する方法をご説明します。

①外付けHDDを接続し直す

まずは、外付けHDDのUSBを一旦取り外して、その後再度接続してみましょう。それでも解決しない場合は、以下の方法も参考にしてみてください。

・別のUSBポートに外付けHDDを接続する
・USBハブを使用している場合は、直接パソコンのUSBポートに接続してみる
・外付けHDDを取り外した後、パソコンを再起動してから再接続する
・他のUSBケーブルを使用する

②ディスクチェックを実行

修復ツールを使ってディスクチェックを行う場合は、まずWindowsに備わっているディスクチェックの実行を試してみましょう。ハードディスクに発生している問題を自動で発見し修復することが可能です。以下の手順で操作します。

・Windowsに管理者権限のあるユーザーでサインインしていることを確認
(「Windowsマーク」→「ユーザーアイコン」→「アカウント設定の変更」の順にクリック→ユーザー情報の名前の下に「管理者」の文字があるか確認)

・エクスプローラー(タスクバーの黄色いフォルダアイコン)を開く
・エクスプローラーの左ペインで、「PC」を探してクリック
・右ペインで[デバイスとドライブ]リストの中から[修復を行うハードディスク]を右クリック→「プロパティ」を選択→「ツール」タブをクリック
・「エラーチェック」の中にある「チェック」ボタンをクリック
・エラーが検出された場合は「ドライブの修復」をクリックして修復

③CHKDSKコマンドで修復

②のディスクチェックでエラー修復ができなかった場合、不良セクタが原因で外付けHDDのファイルシステムが破損していることケースがあります。

CHKDSKコマンドの/rオプションで修復を試みましょう。

・「Windowsマーク」を右クリック→「Windows PowerShell(管理者)」を選択
・ユーザーアカウント制御の画面→「はい」をクリック
・[chkdsk E: /r]を入力してエンターキーを押す
・プロセスが完了後、PowerShellを閉じる

他のHDD関連テクニック紹介

➬関連記事:外付けHDD(ハードディスク)を認識しない!HDD内データを復旧・復元するためには?

➬関連記事:簡単にHDDからSSDに換装する方法の紹介

Part3:エラーで外付けHDDのデータが消えた場合の復元する方法

外付HDDとメインパソコンでの操作中、エラーが原因でデータが消えたり、行方不明になったファイルなどを簡単に復元する方法として「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」をおすすめします。

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。Recoveritの最新バージョンは、利用者様にとってさらに使いやすい操作画面、ファイル復元のプロセスがより簡単になりました。システムを1回スキャンするだけでファイルを見つけることができ、使いやすさが更にバージョンアップしました。

1000種類以上のデータ形式に対応しており、パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。また、Windowsの場合は破損していないファイルや、Macパソコンの場合でも、無料で復元できるファイルをプレビューできます。

無料版で便利な機能を是非、お試しください。パソコンの様々な問題を解決するツールのひとつとして、ご満足頂けると思います!

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で誤って消えたwinファイルを復元する手順です。

ステップ1 まず外付けデバイスを接続し、「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動する前に、外付けデバイスをパソコンに接続する必要があります。認識または検出できることを確認してください。Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。今回は外付けHDDのエラーによる紛失したファイルの復元なので、「外付けデバイス」を選択してください、「開始」をクリックします。

外付けhddを選択

ステップ2 パソコンから消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、外付けストレージメディアから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

外付けhddの消えたデータを復元

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力な外付けHDD復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > HDD復元・復旧 > 外付けHDD「パラメーターが間違っています」エラーへの対策