ハードディスクをクローンする方法とは

hddクローンの意味および目的

hddのデータをバックアップするときに、単純にバックアップイメージを作成する場合は、データをバックアップするだけなので、ハードディスクの完全なコピーではありません。 ハードディスクの完全なコピーを作るにはクローンを作成する必要があります。 クローンを作成することで、そのハードディスクをクローン元のハードディスクと同じように構成されて同じように起動します。 クローン元に何か不具合が発生した場合に、クローンしたハードディスクを代替えとして使うことができます。 クローンを作成することで、全く同じ環境のハードディスクやSSDを作ることができます。 ハードディスクの寿命が近くなって交換したいときに使うと、交換したハードディスク上で依然と全く同じ環境なので交換だけで後は以前通りに利用できます。

hddクローンの具体的な方法

hddクローンを作成する場合、内臓のhddと同じ容量以上のhddを1台用意します。 用意したhddにクローンを作成することになります。 ただし、osの標準機能にはクローンを作成する機能は備えていないため、専用のソフトを使ってクローンを作成しなければいけません。 その場合、無料・有料のソフトがたくさんあります。 ただし、内臓のhddと同量以上のhddを必要として、専用のソフトまで必要になります。 ただひ、osに異常が発生した場合、クローンを作成したhddを入れ替えるだけで正常にパソコンは動作します。 お金と作業時間がかかるのがクローンのデメリットでもあります。 そんな面倒な作業をしないで簡単になくしたデータを復元できれば、わざわざクローンを作成する必要はありません。

hddのデータを復元できるソフトWondershare「Recoverit」

クローンを作成しないで、復元ソフトを使って失ったデータのみを復元するほうほうが簡単で時間がかかりません。 今回は操作性が非常に簡単で、視覚的な操作でパソコン初心者でも使いこなせる復元ソフトのWondershare「Recoverit」を紹介します。 Wondershare 「Recoverit」には色々な復元機能が付いていて、それぞれパソコンの色々な場面で利用できるようになっています。 Wondershare 「Recoverit」ソフトには、最初に復元したい状態のメニューウインドウが表示されます。

Wondershare 「Recoverit」でhddのデータを復元する手順

ステップ 1:モードを選択します。

メニューウインドウには、「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」のメニューがあります。 パソコンのハードディスク・外付けのデバイスなど様々なデバイスの失われたデータを復元できます。 パソコンを使ったデータの復旧は、これらのメニューのいずれかに該当するはずです。 失ったデータを復元するときは、最初のメインメニューから失ったデータの場所や状況別にメニューがあります。 自分の失ったデータの場所や状況にあったメニューをマウスでクリックすると、サブウインドウが表示されます。


タブを選択

ステップ2:パソコンのハードディスクをスキャンします。

サブウインドウ上で、「作成」をクリックするだけで、失ったデータのチェックリストを検索して表示してくれます。 表示された一覧の中から復元したいデータファイルやフォルダを選択して、画面左下にある「復元」をクリックするだけで復元されます。

タブを選択

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / HDD復元・復旧 / ハードディスクをクローンする方法とは

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?