hddバックアップ:hddのバックアップしたデータを復元する方法

Aug 01,2019 • カテゴリ: HDD復元・復旧

hddのデータをバックアップする方法

パソコンのデータのバックアップは、何か起きた時のために必要な作業です。 パソコンのバックアップには2種類あります。

その中の1つはデータをバックアップする方法です。 データをバックアップするためには、バックアップデータを保存するデバイスが必要になります。 用意するデバイスとして、外付けHDDやネットワーク環境上にある別のパソコンへバックアップデータを保存しておくこともできます。

一番簡単な方法は、DVDやBDなどにデータのバックアップをすることです。 あくまでもデータのバックアップで、osにトラブルがあったときにosを復旧させるまではできません。 そこで、osを復旧するためには、修復ディスクを作成しておいて、パソコンが起動しなくなったり、osの動作が不安定になったときに修復ディスクを作成する方法があります。

他には、丸ごとシステムのイメージをバックアップする方法もあります。 Osの基本機能で「バックアップと復元」というものがあるので、パソコン画面のスタートボタンをクリックすると、表示されるメニュー[コントロール パネル]―>[システムとメンテナンス]―>[バックアップと復元]の順番で選択します。 メニューには「システムイメージの作成」というのがあるので、イメージデータのバックアップをするにはウィザードの指示に従って作業を行います。

復元ポイントを作る方法があり、現時点のパソコンの状態をバックアップする方法で、スタートボタンをクリックして[コントロール パネル]―>[システムとメンテナンス]―>[システム]の順番で選択します。 最後に「システムの保護」があるので選択して「作成」をクリックすると、現時点でのパソコンの状態をバックアップしてくれます。

hddのバックアップしたデータを復元する方法の紹介

バックアップデータを保存しておくと、パソコンの異常が発生して正常動作に戻したい場合は、システムの保護で作成しておいたバックアップデータを復元することで、バックアップした時点に戻ります。

スタートボタンをクリックして、[コントロール パネル]―>[システムとメンテナンス]―>[バックアップと復元]をクリックします。 自分だけのファイルを復元するには「ファイルの復元」を選択して、すべてのユーザーのデータを復元するには「すべてのユーザーのファイルを復元」を選びます。

Windowsが正常に動作している時だとできますが、うまく動作していない場合は別の方法を考えなければいけません。 このように一部のユーザーのデータと全てのユーザーのデータの復元方法があります。

ソフトを使うと簡単にデータを復元することができます、その中におすすめのはWondershare 「Recoverit」です。

次に、「Recoverit」の操作手順を簡単に説明します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

バックアップがない場合Wondershare Recoveritを使ってデータを復元する手順

ステップ1「Recoverit」を起動し、復元したいファイルのHDDを選択してください。

復元したいファイルを保存していたHDDを選択して「開始」をクリックします

復元モード

ステップ2 表示されたhddから削除されたデータをスキャン

スキャン

ステップ3 データをプレビューして復元します

プレビュー

復元

注意:データを元の紛失したハードディスクに保存しないでください。

Wondershare 「Recoverit」があれば、例えバックアップがなくても簡単にHDDの削除したデータを復元できます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なHDDデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / HDD復元・復旧 / hddバックアップ:hddのバックアップしたデータを復元する方法

すべての記事