Vimeo動画を保存してスマホで楽しむ

Vimeoはいち早くハイビジョン画質に対応したのをはじめ、数ある無料で利用できる動画配信サイトの中では珍しく配信者が設定を行えば閲覧者が動画をダウンロードすることが可能です。 ただし、ハイビジョン画質のVimeo動画は容量が大きくなることから内蔵ストレージでは間に合わず、sdカードに保存することが殆どです。

vimeo動画

世界中のクリエイターが集まるVimeo

Vimeoは2004年にサービスをスタートした動画配信サイトで他社に先駆けて早期にハイビジョンに対応したほか、ガイドラインでユーザー自身が作成した動画のみを投稿できるとしていることから映像作家、映画監督、ミュージシャンなどプロアマ問わず世界中のクリエイターが集まり作品を投稿しています。

2010年には会員数が300万人を突破し1日平均で16000本以上の動画が投稿され、2017年にはライブ動画配信サービスのLivestreamを買収し、新サービスのVimeoLiveもスタートし利用シーンが広がっています。

美しい動画をいつてもどこでも閲覧

Vimeoでの動画の再生はストリーミング形式が採用されており、光ファイバー回線などに接続されたパソコンならば問題なく再生できますが、スマートフォンなどモバイルデータ通信を利用する場合にはスムースな再生が厳しい場合もあります。

Vimeoでは動画を投稿したユーザーが設定した場合という条件付きではあるものの、「ダウンロード」ボタンが表示されている場合はデバイスに保存することができます。

一度スマートフォンに保存すれば、その後はインターネットに接続されていなくても再生できるためいつでもどこでも閲覧することが可能です。

ハイビジョン画質の動画の容量は10分程度の動画で約1GBに達するため長編映画となると内蔵ストレージでは足りなくなることもありますが、そんな時はsdカードを利用すると便利です。

突然sdカードが認識しなくなることも

sdカードは内蔵ストレージが不足しても保存領域を拡張できる便利なものですが、その一方で稀に認識しなくなることもあり、せっかく保存した大切なVimeo動画を失うこともあります。 そんな時は慌てる前に、まずは原因の切り分けをしたいところです。

最初に疑いたいのが端子の接触不良で、一旦抜いてから再度差し込むと途端に認識するケースもあります。 また、一見しっかり挿入されているように感じても指で軽く押すとさらに奥に入って、それまで以上にしっかりと挿入されることも少なくありません。

端子の汚れが原因で接触不良を起こしている場合はsdカードの端子を乾いた布で拭き、スマートフォンの側は布を使うのが困難なため、押すと空気が噴霧されるエアーダスターなどを使用して埃を吹き飛ばしてから再びsdカードを挿入するのを試します。

システムに問題があった場合の対処方法

スマートフォンではsdカードの認識をソフトウェアで行っているため、フリーズやバグによって認識できなくなることも稀にあります。 設定からストレージを開き、sdカードの欄をタップするとマウントが解除されるので、再び同じところをタップして再マウントを行い、それでも改善されない場合はシステムの再起動を試します。 これでも無理だった場合は他のパソコンなどでそのsdカードを読み込み、もしもここで正常に読み込めればスマートフォンの故障、読み込みに失敗すればsdカードが故障している可能性があります。

Recoveritなら認識できないsdカードを復元可能

「Recoverit」を起動し、画面左下の「外付けデバイスの復元」を選択してからsdカードをカードリーダーに挿入し、該当するデバイスを選択して「開始」を押せばスキャンが開始されます。 しばらく待つと復元可能なデータのリストが表示されるので、取り戻したいデータを選択して「復元」ボタンを押せば保存することが可能です。 以上の方法はファイル単位のスキャンですが、「万能復元」を利用すればセクター単位のスキャンが行われ通常のオペレーティングシステムからはアクセスできない領域も検査し、より高確率で失ったデータを取り戻すことが可能です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1.Wondershare 「Recoverit」の起動とデータの復元ウインドウを表示

まずはWondershare 「Recoverit」を起動してください。表示されたメニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」中から「削除したファイルの復元」モードを選びください。そして、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択してサブウインドウを表示します。

タブを選択

ステップ2.Wondershare 「Recoverit」で表示されたhddから削除されたデータをスキャン

hddのサブウインドウが表示されるhddの復元ウインドウが表示されて削除されたHDDの場所を選択します。

タブを選択

ウインドウの左側に表示されているHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。 ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作でできます。 スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3.スキャンされたデータの復元したいデータを復元

スキャンされたhddの削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

タブを選択

これまでスマートフォンでsdカードが認識されなくなったら保存したVimeo動画を諦めて新たなsdカードを購入する選択をするユーザーが殆どでしたが、「Recoverit」が誕生した現在はその前に試すことができるチャンスが与えられました。 万が一sdカードが認識しなくなる事態に見舞われたら、まずは復元できるか試すと言うのがこれからのデジタルライフの常識となりそうです。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / Vimeo動画を保存してスマホで楽しむ

すべての記事