notepad++で誤って削除してもファイル復元が可能

notepad++はフリーウェアのソースコードエディタで、軽い動作と自由にカスタマイズできるGUIの使い勝手が良く高い人気を誇り、プログラミングをはじめとする多様な用途で活用されています。 プログラミングでは完成するまでに何度もトライアンドエラーを繰り返してブラッシュアップをしますが、その過程で製作中のデータを削除してしまいファイル復元を行いたいと思うシーンも少なくありません。

ベースのアプリケーションから大きな進化を遂げる

オープンソースで提供されていたソースコードエディタのScintillaは、当時としては珍しいシンタックスハイライトを備え、コードを色分けして表示させることで視覚的にそのコードがどんな役割をするのかを判断できプログラミングの効率を高めました。

そのScintillaをベースに改良されたのがnotepad++で、新たにプラグイン機能が搭載され多くのユーザーが求めていた複数行で正規表現の検索と置換ができるようになったほか、ユーザー有志が作成したプラグインで便利な新機能を追加できます。

長きにわたって愛用され続けているnotepad++

notepad++がファーストリリースされたのは2003年で、当時32bitのWin32APIを利用したC++で作られています。

64bitが全盛となっている現在においてもnotepad++の愛用者が多い理由は、誰もが無料で利用できるフリーウェアであるということに加えてシンプルで安定した動作、そして何より自由にカスタマイズできるGUIと機能を追加できるプラグインシステムにあります。長き時代を経てもnotepad++を超えるようなアプリケーションは未だ存在せず、さまざまな現場で活用されています。

プログラミング以外にも活用されているnotepad++

notepad++は元々はプログラミングのソースコードを作成するために開発されたものですが、優れた機能を持つことからそれ以外のシーンでも活用されています。 オペレーティングシステムにもメモ帳など簡易的な機能は備えられていますが、エディット機能が貧弱で物足りなさを感じることがあります。 その一方で本格的なテキストエディタとなると動作が重かったり、有料アプリとなって費用負担が発生することもあります。 そんな時でもnotepad++であれば無料のフリーウェアで動作も軽く、強力なエディット機能を持つことから、ちょっとしたメモからメールの下書きなどのテキストの編集まで、さまざまなシーンで利用されています。

誤ってデータを削除してしまうことも

notepad++で大切な情報を保存しておいたところ、誤って削除して困ってしまうケースも少なくありません。 新規に保存したものがあるから古いものは必要ないと削除したもののやっぱり必要だと思ったり、安易に「上書き保存」を選択して一瞬のうちに古いデータを失ってしまうケースなどさまざまです。 編集途中であれば編集から「元に戻す」を選択すれば一定の段階までは戻すことができますが、過去のファイルに上書きしてしまったものは元に戻せず途方に暮れることもあります。 しかし、かつてはそこで諦めるしかありませんでしたが、今ならファイル復元を試みて取り戻す方法があります。

Recoveritでファイル復元

「Recoverit」なら、notepad++の上書き保存で失ったデータもファイル復元が可能です。 ここで言う上書き保存とは、ドライブのセクターに上書きをしたのではなく古いデータを削除して新規にデータを保存する動作をするため、十分ファイルを復元することが可能です。 「Recoverit」もシンプルで分かりやすいGUIを採用しており、起動して「削除したファイル」をクリックすると表示される「ディスクを選択してください」の画面の中から該当するドライブを選択し、画面右下の「開始」を押します。 ドライブのスキャンが開始されしばらく待つと復元可能なファイルがリストアップされるので、ファイル復元したい項目を選択して「復元」を押せば失ったデータを取り戻すことができます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare Recoveritの詳しい操作手順

ステップ1 復元モードを選択します。

パソコンが起動したら「Recoverit」を起動してください。起動後に失われたファイルのスキャン又は復元を行うには復元モードの選択が必要です。モードは多数ありますが、今回は「削除したファイルの復元」を使用します。表示されるメニューの中から「削除したファイルの復元」を選び、クリックしてください。このオプションでは、誤って削除してしまったり、停電により紛失したり、「Shift+Del」を押して削除してしまったファイルを復元できます。選択後、ウィンドウの画面が切り替わります。

タブを選択

ステップ2  データ元の保存先を選択します。

選択後、復元したいファイルのあったHDDの場所を選択する必要があります。必要に応じて選択し、ウィンドウ右下の「開始」をクリックしてください。その後、スキャンが始まります。

スキャン中の画面には、ウィンドウ左側に現在発見されたファイルの一覧を見やすくするための「ツリー表示」、「ファイルビュー」などが存在し、ファイル変更日の絞り込みといったファイルの表示方法の変更も可能です。ウィンドウ上部にはスキャンの進捗状況や見つかったファイルの数、ウィンドウ右上には残り時間が表示されます。

タブを選択

タブを選択

ステップ3  紛失したファイルをプレビュー・復元します。

スキャンが完了したら、ウィンドウ左上の「ファイルビュー」をクリックし、その後表示される「グラフィック」、「ビデオ」などの一覧の中から「その他」のツリーを展開してください。ツリーの中に「INI」と表示されているものを選択します。こうすることで削除されたiniファイルの一覧のみが表示され、復元したいデータを見つけやすくできます。復元を行うには、この中から復元したいファイルの左のチェックボックスにチェックを付け、ウィンドウ右下の「復元」をクリックすると、復元が開始されます。

PSDファイルを復元

notepad++はシンプルで分かりやすいGUIを採用しているのに加えて、自由なカスタマイズが可能だからこそ気軽に操作をして安易に上書きしてしまい、大切なデータを失ってしまうことが良くあります。 そんな時でもかつては諦めるしか手はありませんでしたが、今なら「Recoverit」を利用してファイル復元することが可能です。


ファイル復元ソフト「Recoverit」の使い方について、以下操作動画をご覧ください。


1223

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / notepad++で誤って削除してもファイル復元が可能

すべての記事