空きにしたゴミ箱からファイルを復元する方法

空きにしたゴミ箱のファイルは復元できるか

Windows上でデータを削除した場合、一旦ごみ箱に移動するだけで完全に削除されることはありません。 データを完全に削除する場合は、ごみ箱を空にしない限り残っています。

ただし、ごみ箱を空にした場合は、見た目上完全にデータは削除されてしまいます。 この場合のデータの復元は簡単ではありませんが、できないことはありません。 復元するには2つ方法があります。

OSのシステムバックアップデータを取っておいて、そのデータを復元する方法です。 この場合は、データだけではなくすべてのシステムデータが指定のバックアップした日に戻ります。 昔のデータになるため、戻ってほしくないデータまで過去に戻る可能性があります。

もう一つが、復元ソフトを使って復元したいデータのみを復元する方法です。 復元ソフトを使うと、削除してしまったデータのみを復元できます。 ゴミ箱から完全に削除してしまったデータでも問題なく復元してくれます。 ゴミ箱に以前あったデータを全て見つけ出して、スキャンして表示してくれます。 表示されたデータを選んで復元できます。

そんな復元ソフトですが、ソフトによって復元率が変わっていて、どのソフトを使うかで、復元したいデータを復元できる場合とできない場合があります。

その中でも復元率と復元できるファイルの種類が豊富なWondershare 「Recoverit」ソフトがおすすめです。 Wondershare Recoveritソフトを使って、ごみ箱から削除してしまったデータの復元手順を紹介します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare「Recoverit」を使ってゴミ箱から削除したデータを復元する手順

Wonderahare Recoveritを使って削除したごみ箱のデータを復元する方法を紹介します。

ステップ1 Wondershare「Recoverit」の起動とごみ箱からのデータの復元ウインドウを表示します。

Wonderahare Recoveritをインストールして起動してからメニューウインドウを表示します。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「ごみ箱の復元」を選択してサブウインドウを表示します。

タブを選択

ステップ2 表示されたウインドウでごみ箱から削除されたデータをスキャン

ゴミ箱復元のサブウインドウが表示されると、ごみ箱の削除されたデータのスキャンが自動で開始されます。

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に、表示され左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

ウインドウの左下部にはファイルの変更日の条件が表示されて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

データスキャン

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

フォーマットを指定することで、ピンポイントで削除したデータを表示します。

ステップ3 スキャンされたデータの復元したいデータを復元

スキャンされたごみ箱の削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下にある「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

以上がWondershare 「Recoverit」を使ってゴミ箱から削除してしまったデータを復元する方法になります。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ゴミ箱復元 / 空きにしたゴミ箱からファイルを復元する方法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?