SDカードのメモリーエラーを紹介とその対処法

• カテゴリ: SDカード復元

私たちは、日常的に動画、写真、音楽などをSDカードに保存しています。スマホなどにSDカードをさしてダウンロードした動画や写真、そして音楽などを保存したいときに使いますが、そのSDカードが何らかの理由で認識されなくなり、またはデータが消えてなくなる可能性があります。 必ず原因を突き止めてから解決策を見つけていきましょう。今回は、実際にどのようなトラブルがあって、どのように対策すればいいのかについて紹介します。

Part1. SDカードが認識されない原因

1、そもそもSDカードの種類に対応していない

SDカードには、パソコンで使用されるものや、スマホ、デジタルカメラ、ドライブレコーダーなど、様々な種類があります。パソコンで使用されるものだけでも容量の大きさで3つの規格に分けられており、いずれも物理的な大きさは同じです。しかし、カードの容量規格に対応していない機器にSDカードを差し込んでも認識されません。

2、SDカードの故障

SDカード本体を濡らしたり、折り曲げたりしたことや、経年劣化によって、SDカードが故障している場合もあります。こういう場合はなるべく速くSDカードの使用を停止し、交換することをお勧めします。

Part2. SDカードが認識されないときの対処法

1、そもそもSDカードの種類に対応してるかどうかを確認

接触不良が起こっていることも考えられるので、まずは一度SDカードを差し直してください。それでもダメでしたら、使用しているソフトは、SDカードの種類に対応しているかどうかを確認してください。SDカードの規格が機器に対応していない場合は、その規格に対応したカードリーダーを使用することにより対処できることが多いです。

2、他の機器を試してみる

SDカードがある機器に認識されなかったら、他の機器でも試してみてください。もし他の機器で正常に認識されるのであれば、一つ目の機器に問題があると疑われますが、もし両方とも認識しないのであれば、SDカードが故障している可能性が高いです。

3、ドライバーの再インストール

ドライバーのバージョンが古かったり、ドライバーソフト自体に問題があって認識しないのであれば、この方法で解決できます。まずはWINDOWSマークを右クリックし、メニューから「デバイスマネージャー」を開いてください。そしてSDカードのアイコンを右クリックし、「アンインストール」を選択すれば、元のドライバーのアンインストールは始まります。アンインストールが終わったら一度SDカードを取り外してください。数分待ち、再度SDカードを差し込めば自動的にドライバーの再インストールが始まります。

Part3. SDカードのデータが消えた時の対処法

もし何らかの原因により、SDカードのデータが全部消えてしまった場合、データ復元ソフトを利用してみましょう。復元ソフトの「Recoverit」ソフトをインストールすることをお勧めします。「Recoverit」を起動し、SDカードをパソコンに接続すれば、データの復元が可能になります。それでは、復元の手順をより詳しく見ていきましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 「外付けデバイス」にSDカードを選択する

「Recoverit」を起動すると操作メニュー画面が表示されます。SDカードをパソコンに接続すれば、外付けデバイスの欄にLocal DiskとしてSDカードが表示されるようになります。 外付けデバイスのSDカードのドライブにチェックを入れてから右下の「開始」ボタンをマウスでクリックします。

目標選択

ステップ2 写真を検索する

SDカード内の検索を開始します。今回復元したいデータは写真なので、復元できる写真の一覧が画面中央に表示されます。

写真を検索

ステップ3 検出した写真をプレビュー確認する

表示されたファイル内の復元したい写真をクリックして、チェック欄にチェックを入れます。あとは「復元」ボタンをクリックすれば、選択した写真を全部復元してくれる非常に便利なソフトです。

写真をプレビュー

SDカード復元・修復

Recoverit - 強力なSDカード復元・修復ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > SDカード復元 > SDカードのメモリーエラーを紹介とその対処法

すべての記事

b