Macで消えた写真を復元する方法

Macパソコンでも保存しているはずの写真がきえてしまった?!本文ではMacで消えた写真を復元する方法を詳しくご紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: Macデータ復元

Macのパソコンで写真の整理を行っていると、なんらかの原因で保存されているはずの写真が、突如として消えてしまっている事は意外と多くの方が経験されていると思います。 Macでの写真や画像の紛失は、間違った操作、削除、初期化(フォーマット)、そしてウイルス攻撃などによってよく起こされているようです。Macで消えた写真を復元する方法をご紹介しましょう。


Macで写真が消えた原因分析

Macユーザーは同社で開発されたiPhoneを使うパターンが多いことでしょう。

iPhoneとMacのパソコンと相関で、iCoudのアプリを用いてデータを共有し管理するという利便性があるからです。iPhoneはスマートフォンですが、近年では他社との競合により写真の画質も格段に良くなり、カメラ機能が充実してきたことで、日常的に写真を撮り、パソコンで写真の整理をする機会が増えています。

その作業中、予期せぬトラブルや誤った操作で、写真のデータを消してしまうケースが起きるようです。

大切な写真データを守る為に、データのバックアップは重要事項です。Appleのみならず、バックアップを取る事を推奨する傾向はどこのパソコンメーカーも同様です。更に、写真が消えるもう一つの原因に挙げられるのは、フォーマット(初期化)やデータの上書き、誤った削除なども考えられます。

Macのパソコンにはmac OS 10.5Leopard以降、データ復元機能として「Time Machine」と言うソフトが予め標準で付いています。これによりバックアップとデータの復元が簡単に行えますが、設定していないと機能しないので、Macユーザーとして最低でも「Time Machine」のだけは、設定することは必須事項です。

Macで消えた写真の復元方法1:iCloudをチェック

では実際にMacで消えた写真を復元するにはどうしたらよいのか、ご説明します。

まず、iCloudはチェックしてみましょう。

当たり前のことですが、MacからiCloudに写真をバックアップしていたなら、そこにフォトライブラリがすべて残っている可能性が高いです。ただし、、iCloud写真をオンにしている場合に、AppleIDを変更したりすると、いくらiCloudにログインしてもアクセス不可能になります。

その場合は、前のAppleIDでサインインしなおすことで 写真が復元されるはずです。※ダウンロードに数時間〜数日かかることもあり、Wifi+電源常時接続推奨とされます。

写真がiCloudに保存されていない場合は、別の方法を試してみましょう。

方法2:Macの「写真」でTime Machineからフォトライブラリを復元する

「Time Machine」でMacのバックアップを作成すると、最後にバックアップを実行したときの状態にフォトライブラリを簡単に復元できます。

※ iCloudフォトライブラリを使用しているときに「Time Machine」バックアップからシステムフォトライブラリを復元すると、最後のTime Machineバックアップ以降に削除した写真がMac上に復元され、iCloudに再度アップロードされます。Macストレージの最適化を選択した場合、Time Machineにはオリジナルのバックアップがない場合があります。ただし、オリジナルはiCloudに保存されています。

ライブラリのサイズによっては、復元に少し時間がかかる場合があります。次に「写真」を開いたときには、最後のバックアップ作成時の状態で写真ライブラリを使用できます。

方法3:復元ツールRecoveritを利用する

Macで消えた写真を手動で復元することも可能ですが、もっと簡単な復元ツールがあります。

Recoverit(Mac版)」を使えば誰でも簡単に消えた写真データを復元することが可能です。

まずは無料版の「Recoverit(Mac版)」をダウンロードしてみましょう!

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、パソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。

無料版のRecoverit(リカバリット)は、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下のことは、「Recoverit」で誤って削除したMacファイルを復元する手順です。

ステップ1 復元したいファイルの元保存場所「デスクトップ」を選択します。

Recoveritを起動して、紛失したデータを保存したドライブを選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

デスクトップを選択

ステップ2 誤って削除したファイルを検索します。

削除したデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ファイルを検索

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャン完成した後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ファイルを復元

Macデスクトップファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なMacファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで消えた写真を復元する方法