Macで上書きされたファイルを復元する方法の紹介

Nov 14,2019 • カテゴリ: Macデータ復元

データを保存する際、間違って他のファイルに上書きしてしまうことがあります。中には、元の情報が消えてしまったかもしれないと不安に思う人もいますが心配無用です。しかし、上書きされる前の情報がハードディスク上には見えないだけで実際には残っています。wondershareのRecoverit(Mac版)を使うと、Macでそれらのファイルを簡単に復元することが出来ます。

ファイルを作成して保存する際、名前のつけ方を間違って他のファイルを上書きしてしまうことは珍しくありません。通常、この時点で元々あったファイルの内容はかなり更新されてしまっています。しかし、実際にはハードディスク上に更新前の情報も記録されています。削除されたデータの復元ソフトとして有名なwondershareのRecoveritなら、このような情報を探し出してデータを元に戻すことが出来ます。どんな拡張子や大きさのファイルでも、同じように対処することも可能です。

Macでは内部のハードディスクだけでなく、外付けでSDカードやusbメモリなども保存用デバイスとして用いることが出来ます。これらのデバイスにデータを保存する際、間違って既存ファイルに上書きしてしまうことがあります。しかし、外付けであってもwondershareのRecoveritを使えば簡単に情報を元に戻すことが可能です。どんなデバイスでも、元の情報が記録されているという点では同じだからです。諦めずにまずは、復元ソフトのRecoveritで復旧可能か調べることをお勧めします。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

Macで簡単に上書きファイルを復元

Step1.復元したいファイルの元保存先を選択

wondershareのRecoveritは、公式サイトでダウンロードしたらすぐに使うことができる復元ソフトです。インストール後にファイルを立ち上げたら、データが保存されていたハードディスクや外付けデバイスなどの場所を指定します。

保存場所選択

Step2.上書きされたファイルをスキャン

「開始」をクリックして、上書きされたファイルのスキャンが開始します。

Step2.上書きされたファイルをMacに復元

スキャンが完了後、上書きされたファイルのリストが表示されるので、中から復元したいものを選びます。復元する前に、簡単にプレビューで確認できるので間違って作業してしまう心配も少ないです。

復元

強力なスキャン機能もついている

wondershareのRecoveritには、通常のスキャンと強力なスキャンモードが備わっています。見つかりにくいファイルでも、二重にスキャンすることで全てリストアップすることが可能です。上書きを複数回行った場合も、同様でいくつもの同じデータを探す必要があります。こうした場面で、Recoveritの機能は大活躍するのでお勧めです。何度かスキャンすることで、100パーセント近い確率で元の状態に復旧することができるでしょう。Recoveritなら、新しく保存したデータを壊す心配もないので安心です。

macrecovery

デジタルカメラで上書きしてしまったとき

Macだけでなく、デジタルカメラ上で上書きして保存した時でも安心です。デジタルカメラといっても、保存に関してはパソコンとほぼ同じシステムになっています。Macと同じように、どんなデータであってもしっかり復元することが可能です。Recoveritを使うと、デジタルカメラ内で上書き保存したファイルも全てリストアップして復元することが出来ます。画像やデータ量の大きな動画であっても問題なく対応できるのが、Recoveritの良いところです。最初は無料版でも試す事が出来るので、まずは無料版でも良いのでインストールして試すことをお勧めします。

通常、Macで上書き保存してしまうと元にあったデータは消えてしまいます。しかし、実際にはハードディスク上に新しいデータと過去の両方が保存されています。Recoverit(Mac版)を使うと、過去のデータも含めて簡単にどちらも復元可能です。間違って上書きをしてしまったときは慌てずに、まずはRecoveritを使ってみることをお勧めします。

ファイル復元ソフト

Recoverit - Macファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macで上書きされたファイルを復元する方法の紹介

すべての記事