Macで未保存または削除されたExcelファイルを復元する方法

せっかく頑張って作成したExcelファイルが、保存前に消えてしまったらとてもショックですよね。本文ではソフトMacで未保存または削除されたExcelファイルを復元する方法を詳しくご説明!

せっかく頑張って作成したExcelファイルが、保存前に消えてしまったらとてもショックですよね。MacパソコンでExcelを利用する場合、OSのアップロードの際にExcelファイルが消えてしまったり、ファイルの保存途中に画面がフリーズし泣く泣くExcelを強制終了しなければならなかったりすることが時々あります。今回は、消えてしまったファイルや未保存状態で閉じてしまったファイルを復元する方法についてまとめてみました。

パート1. MacでExcelファイルがなぜ消えてしまった?

Excel/エクセルは元々、Windows OSがインストールされているパソコン上で利用することを前提に設計された表計算ソフトです。Macパソコン上でExcel/エクセルを利用する場合は、Office for Macというソフトをインストールして使う必要があります。
このことが原因かどうかは不明ですが、MacパソコンでExcel/エクセルを利用する場合、Windowsパソコンで利用する時に比べると不具合の発生率が少し高いことが知られています。MacパソコンでExcel/エクセルのファイルが消えてしまうことは時々起こるのですが、その原因として代表的なものが二つあります。

MacのOSアップロード

一つは、MacのOSアップロードの際に何らかの原因でExcelファイルもしくは、Excelのアプリケーション自体が消えてしまうというものです。OSアップロードはパソコンを快適に使用するためには欠かせないものなので、「OSアップロードは行わない」という予防策は現実的ではありません。アップロードが行われる前には重要なデータは外部メモリなどにバックアップを取っておくなどの対応策を講じておくとよいでしょう。

ファイル保存中のファイルクラッシュ

もう一つの原因は、ファイル保存中のファイルクラッシュです。こちらも細かい理由は分かっていませんが、Excelファイルの保存中に「待機マーク(虹色のクルクル回るマーク)」が表示され、いつまで待っても待機状態が解除されないという不具合が時々起こるとされています。この状態に陥ってしまうと、かなりの確率でアプリケーションを強制終了しなければならなくなります。
しかも、強制終了後は当該ファイルはクラッシュしてしまっていることが多いそうです。せっかく作ったファイルが消えたりクラッシュしたりするのは悲しいですよね。そこで、以下に具体的なデータ復元方法について説明します。

パート2. Macでの未保存Excelファイルを復元する方法

Macパソコンには、保存せずに終了してしまったり、誤って削除してしまったりしたデータを復元する機能がいくつか備わっています。ここではそれらの機能を使って未保存のExcelファイルのデータ復元を行う方法について、代表的なものをいくつか紹介します。

一つ目の方法は、ゴミ箱の中のファイルからデータを復元する方法です。誤って削除してしまったファイルなどは、一旦ゴミ箱の中に移されている場合が殆どです。ゴミ箱を開いて中のファイルを確認し、消えてしまったファイルが入っているかを確認してみましょう。
もしここでファイルを見つけることができれば、ファイルを元も場所までドラッグするか、右クリックで「元に戻す」を選択することで簡単に復元ができます。

二つ目の方法は、Excelの機能を利用してデータを復元する方法です。Excelを開いて「ファイル」タブから「開く」を選択します。「最近のワークブック」のオプションをクリックし、最近のワークブックを見つけます。
その後、リストの最下部にある「未保存のワークブックを復元」というフォルダを開いて対象のファイルを探し、ダブルクリックもしくは右クリックで「開く」を選択してファイルを開きます。ファイルが壊れてしまうのを防ぐため、無事に開くことができたらすぐに「名前を付けて保存」の処理を行いましょう。

三つ目の方法は「一時フォルダ」の中から未保存のExcelファイルを探して復元する方法です。「アプリケーション」の「ユーティリティ」から「ターミナル」に移動します。この中から「Temporary files」フォルダを開き、更に「Temporary Items」のフォルダを展開します。この中に未保存のExcelファイルを見つけることができるので、このファイルを開いてデータを復元します。

パート3. Macで削除または失われたExcelファイルの復元方法

Macに予め備わっている様々な機能を利用して未保存のExcel/エクセルファイルを復元する方法については上述しましたが、復元したいファイルがクラッシュしてしまっていたり、誤ってパソコンから完全に削除してしまった場合には、うまく復元ができない場合もあります。そのような場合には、データ復元用のソフトウェアを利用する方法をおススメします。
特に「Recoverit(リカバリット)」というソフトウェアは、操作手順がシンプルで分かりやすく、初心者にも簡単に操作できるソフトです。うまくデータ復元ができなかった場合にはぜひ試してみてください。

パート4. Macパソコンなら、消えてしまったExcelソフトも高確率で復元可能!

お使いのMacパソコンからExcelファイルが消えてしまった場合、焦らず上記のような方法を試してみてください。高確率でデータ復元ができるでしょう。予めPCに備わっているデータ復元機能を用いてもデータが復元できない場合は、「Recoverit」などのデータ復元ソフトを利用することをおススメします。データ復元ソフトを利用すれば、更にデータ復元の確率が上がるので、ぜひお試しください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、Macで未保存または削除されたExcelファイルの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、Macで未保存または削除されたExcelファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Macで未保存または削除されたExcelファイルの保存先を選択

ステップ2 Macで未保存または削除されたExcelファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、Macで未保存または削除されたExcelファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Macで未保存または削除されたExcelファイルをスキャン

ステップ3 Macで未保存または削除されたExcelファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Macで未保存または削除されたExcelファイルを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、Recoveritで復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacからデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで未保存または削除されたExcelファイルを復元する方法

すべての記事