Macで消えたデスクトップファイルを復元する方法

操作性を考え、よくファイルをデスクトップに置きます。デスクトップファイルを消えたらどうやって復元しますか?本文では復元する方法と、復元ソフトRecoveritをご紹介!

操作性の利便性を考えて、デスクトップ上にアイコンやファイルやフォルダを保存しておくユーザーは少なくありません。しかし、何かしらの原因によって、それらのデータが消えてしまうことがあります。何故、データが消えてしまうのでしょうか。ここではデータが消えてしまうことについて考えられる原因を解説し、さらに代表的なデータ復元方法を取り上げてみます。 

パート1. Macからデスクトップファイルが消えた理由とは

Macパソコン上に表示されているデスクトップ アイコンやデスクトップ ファイルなどが消えてしまったという経験を持つ人はいるかもしれません。いつも表示されていたアイコンやファイルがなくなくなってしまうと慌ててしまうし、大切なファイルであれば尚更焦ってしまいます。これらのアイコンやファイルは、ユーザーの知らないうちに消えてしまうことが少なくありません。

何故、消えてしまうかといえば、色々な理由が挙げられます。

まず、デスクトップ ファイルが、iCloudに移されてしまったケースです。Macパソコン上のデスクトップ フォルダを、iCloudドライブに保存できるように設定していると、そのような事象が起きることがあるので知っておくと良いです。つまり、ファイルが消えたのではなく、単に移動したということであります。

また、ユーザーの操作ミスなどによって、デスクトップ ファイルを削除してしまうケースも考えられます。

さらに、コンピューターウィルスに感染するなどして、勝手にデスクトップ ファイルが削除されてしまう可能性も否定できません。

パート2. デスクトップファイルが消えた場合の復元方法

Macパソコンのデスクトップ上から消えたファイルを復元する方法はいくつか存在します。

#Finderからデスクトップ アイコンを復元

デスクトップ アイコンを削除した記憶がなければ、Finderを使って復元する方法があります。何故ならFinderを起動させることで、見つからないアイコンを再表示させることができるからです。隠れていたアイコン見つかったら、再表示設定を行うと復元することができます。

#iCloudとのファイル同期を無効にする

もし、ファイルがiCloudに移されてしまっていれば、iCloudとのファイル同期を無効にしてからファイルを取得すると良いです。具体的にはiCloudにログインし、自動削除の機能を無効に設定します。ファイルを復元するときもiCloudにログインして、ファイルの復元メニューを選択します。

#Time Machineバックアップでファイルを復元する

MacパソコンにはTime Machineと呼ばれるバックアップ機能が備わっています。これを使えば、削除されてしまったファイルなどを復元することが可能です。ただし、Time Machineを使うためには、外付けハードディスクの購入が必要です。外付けハードディスクをTime Machine専用のバックアップドライブとして設定して、定期的にバックアップを取っていきます。ファイルを復元するときは、復元元と復元先を設定して作業を行います。

#専門的なデータ復元ソフトRecoveritで復元

Time Machineのように、標準で備わっているバックアップソフトを活用してファイル復元させることもできますが、それ以外にもMacデータ復元専用ソフトを利用してみる方法もあります。代表的なソフトにRecoveritがあります。

もちろん、Recoverit以外にも無料や有料で提供されているMacデータ復元ソフトは色々存在しています。無料で使えるMacデータ復元ソフトの場合、復旧できるデータの容量に上限(2GBなど)が定められているケースがほとんどです。
一方有料のMacデータ復元ソフトならば、膨大なデータ量の復元が可能です。サポートも手厚いので、Macの操作に慣れていないユーザ向けです。

パート3. データが消えても慌てずに対処しよう

いくらMacパソコンの操作に注意していても、デスクトップ上のデータが消えてしまうことはあるかもしれません。単純にデータが隠れてしまっている場合もあれば、本当に消えてしまっているケースもあります。データが消えたからといって、慌てずに冷静に対処することが肝心です。そのためには、色々な復元方法があることを知っておく必要があります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、Macで消えたデスクトップファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Macで消えたデスクトップファイルの保存先を選択

ステップ2 Macで消えたデスクトップファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、Macで消えたデスクトップファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Macで消えたデスクトップファイルをスキャン

ステップ3 Macで消えたデスクトップファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Macで消えたデスクトップファイルを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、Recoveritで復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacからデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで消えたデスクトップファイルを復元する方法

すべての記事