起動しないMacを外付けHDDから起動する方法

Mac OSを使っている最中、SSDの調子が悪くなり、起動されなくなった時は、先に作った外付けHDDからMac OSを起動して、SSD内にまだ残っているデータを回収しましょう。今回は起動しないMacを外付けHDDから起動する方法を紹介します。また、データ復元ソフトRecoveritをおすすめします。

起動しないMacを外付けHDDから起動する方法

最近の外付けHDDは価格の低下に対して容量が大きくなっている傾向があります。また、形も大きく別電源が必要な物から2.5インチタイプを内蔵して持ち歩くのに便利なものまであります。USBメモリに比べて大容量のデータを扱えるのが便利で、長時間の動画ファイル持ち出しには必ず必要でしょう。容量の大きなHDDはパソコン本体のデータバックアップにも使えますので、大事な作業のトラブル解消にも使われます。

以前はWindowsパソコンとMacパソコンでは記憶装置の土台が違い、フォーマットをしてもお互いのデータ交換は出来ないものでした。しかし最近はフォーマットのやり方によって、基本的にはデータの交換は可能になっています。そのフォーマット方法を詳しく説明したいと思います。

1、買ってきた外付けHDDをMacでも使えるようにする

市販された外付けHDDはWindowsパソコンに繋げればすぐに使えるようになっています。でも、このままMacパソコンに外付けHDDを繋げ直して中身を変更や削除等をするのは出来ません。これはHDDのフォーマット方式が数種類あるからです。

購入時にNTFS方式またはHFS+方式のHDDは互換性が無い状態です。これをFAT32方式もしくはexFAT方式でHDDをフォーマットし直す必要があります。しかしFAT32方式は読み書きに上限4GBまでという容量制限があるのでexFAT方式を使うのが良いでしょう。MacとWindowsはどちらでもexFAT方式でフォーマットする事が可能です。

  • Macの場合は外付けHDDを繋げると警告画面「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした。」と表示され、左下に「初期化」ボタンがありますので、これをクリックします。
  • 次に「ディスクユーティリティ」の画面が表示され、外部HDDの名前が表示されたら「消去」をクリック後の画面で任意の「名前」を入力、「フォーマット」を「exFAT」、「方式」を「マスターブートレコード」を選択して青い「消去」ボタンをクリックすると作業を開始します。
  • 作業終了後「完了」ボタンをクリックして終わります。

2、Mac OSは外付けHDDにインストールできる

Mac OSはディスクユーティリティ機能を使って外付けHDDにOSをインストールする事が出来ます。万が一、通常使っているMac OSが異常を起こした場合、外付けHDDにインストールされたOSから起動させる事が出来るのです。それでは、外付けHDDにMac OSをインストールして、そこから起動させる方法を紹介いたします。

  • 最初に外付けHDDを用意して本体に繋げ、本体アプリケーション内の「ディスクユーティリティ」を起動後、中身の消去&フォーマットを行います。
  • この時の名前項目は任意の分かり易いものにし、フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」にします。
  • インターネットに繋がっている事を確認後「Mac Apple Store」からMac OSのインストーラーをダウンロードします。
  • ダウンロードが完了するとインストール画面が表示されます。
  • この画面の中にある「すべてのディスクを表示」をクリックして下さい。
  • 次の画面ではインストール先を選択しますので、先ほど消去&フォーマットをした外付けHDDをクリックして、「インストール」をクリックします。
  • インストール作業が終わるまで多少の時間を要しますので、待ちます。
  • 作業完了後は起動元が外付けHDDに変更されてしまうので、元の内部ドライブからの起動へ戻すため「システム環境設定」から「起動ディスク」を呼び出します。
  • この時に画面の左下にあるカギマークをクリックして、変更許可をするためのパスワード入力をしなければならない場合があります。
  • 起動元を内部HDDに変更、再起動してください。

3、外付けHDDを使った内蔵SSDデータ救出方法

最近のパソコン本体記憶装置はHDDからより高速な作業が出来るSSD(ソリッドステートドライブ)に変わりつつあります。電源を入れてからの起動時間や動画エンコード作業等が高速化され、スムーズな動きをしてくれます。しかし、どの記憶装置を使っても不具合は無くなりません。もしMac OSを使っている最中、SSDの調子が悪くなり、起動されなくなった時は、先に作った外付けHDDからMac OSを起動して、SSD内にまだ残っているデータを回収しましょう。

やり方は簡単で、Mac本体に外付けHDDに繋げた後「Optionキー」を押したまま電源を入れます。起動元ディスクを選択する画面が表示されますので、外付けHDDを選択してください。外付けHDDからの起動が出来た後に、内蔵SSDを「Finder」で認識できるか確認し、内部データを取り出します。必ずデータが残っているという確証はありませんが、Mac OSの調子が悪いと感じたら試してください。また、日頃からバックアップを取っておく事も忘れないでください。

しかしこの方法は大事なデータを失うおそれがあります。Wondershare社の「Recoverit(Mac版)」を使えば、USBメモリやHDDから簡単に起動可能なドライブを作成できうえ、PC、HDD、SDカード、USBメモリから完全にデータを復元することができます。「Recoverit(Mac版)」は画面操作も簡単ですので、Mac初心者でも臆すること無く使う事が出来ます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

では、「Recoverit」を利用してHDDからMacOSを復元する手順を紹介しましょう。

ステップ 1. MacにUSBメモリまたはHDDを挿入します。

ステップ 2. 「Recoverit(Mac版)」を起動し、「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択し、「開始」をクリックします。

「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択

ステップ 3. 次の画面でも「開始」をクリックします。

開始

ステップ 4.「起動可能なドライブ」からUSBメモリまたはHDDを選択し、「開始」をクリックします。

USBメモリまたはCD/DVDを選択

ステップ 5.「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ 6.起動可能なドライブが作成されたら「OK」をクリックします。

起動可能なUSBが作成しました

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
  • Macを利用していると正常に起動しなかったり、ディスクの問題で一部が機能しなかったりすることがあります。そんな場合は「macOSユーティリティ」を利用してMacを復元するのが普通です。しかし、その肝心なMacOSユーティリティ起動ができないと、Macを復元することはできません。そこで今回は、MacOSのユーティリティが起動しない時のMacを復元する方法を紹介します。 ...

  • 今まで問題なく起動していたはずなのに、突然Macが起動できなくなってしまう可能性もあります。起動できなくなってしまった時に備えて、予め外付け起動ディスクを作成しておきましょう。今回はMacで外付け起動ディスクを作成する方法を紹介します。 ...

  • 「ターゲットディスクモード」を起動する事で、起動しないあるいは、故障したMacのデータを取り出す事ができます。今回は、起動しないMacでターゲットディスクモードを起動する方法について紹介します。 ...

Home / パソコン起動しない復元 / 起動しないMacを外付けHDDから起動する方法

すべての記事