Macでデスクトップ画面を表示させる4つの方法

Macデスクトップを表示する4つの方法

デスクトップ型のMacですと標準で専用のワイヤレスキーボードとマウスが付いており、特にマウスは表面にセンサーが付いている為、ボタン操作とは違った画面動作を可能にしています。MacパソコンにはWindowsには無い独特の操作があり、特に画面の切り替えに関しては指操作によって様々な動作をします。またMac Bookに装備されたトラックパッドも、うまく使う事で狭い机等で操作する時に大変便利です。

しかし、これからMacを購入したいと検討している方にとっては、細かい使い方や画面操作等を良く知らない為に、Windowsパソコンの方が扱い易いのではと考える事でしょう。そこで紹介する機能ですが、Macのデスクトップへ表示に絞って、ちょっとした操作を知って頂き、Mac購入の参考にして頂ければと思います。

方法1 画面の角にマウスを置くホットコーナー

「ホットコーナー」はマウスポインタ-を画面の四角のどこかに置くことで、画面の表示を自動的に変える機能です。

  1. マウスポインタを左上角に置いたとき
    マウスポインタを左上角に置いたときに、デスクトップ表示をさせるようにします。設定のやり方は「システム環境設定」→「デスクトップとスクリーンセーバ」の画面を出した後、ボタン「スクリーンセーバ」をクリックします。
  2. 画面下方にある「ホットコーナー」をクリックしたとき
    表示されるのは、マウスを四方角のどこに置いたときにデスクトップ表示をさせるか決める画面です。
  3. 左上の空白バーをクリックしたとき
    どういう動作をさせるのかメニューが表示され、選択ができます。
  4. メニュー内の「デスクトップ」を選択したとき
    メニュー内の「デスクトップ」を選択した場合、画面に複数の表示画面があってもデスクトップ表示をしてくれます。 沢山の画面を使った作業をしていると、一旦デスクトップ表示にする事で新たな画面を開く事が出来ますし、他の人に見られたくない画面を避けておく事も出来ます

方法2 トラックパッドでの指操作

MacBookや別売りの外付けトラックパッドには指の操作でデスクトップに切り替える方法があります。

方法3 キーボードショートカットでデスクトップ表示

WindowsもMacもキーボードに独自の機能を割り当て、様々なカスタマイズが出来るようになっています。しかし、最初の設定がどうなっているかはわかりません。

また、この設定を変更する事で、他のファンクションキーに割り当てる事も出来ます。しかし、他の人も使用するMacパソコンで、適当に設定を変えてしまうのは迷惑になる恐れがあります。そういった時は最初の設定に戻す事も忘れないようにしましょう。

方法4 自分でキーボードショートカット設定する

初期のデスクトップ表示のキー割り当ては「F11」に設定されていますが、別のキー操作割り当ててデスクップ表示をする方法があります。

Macデスクトップのファイルを誤削除した時の対処方法

Macを使う時に、Macデスクトップのファイルを誤って削除したことがよくありますが、どうすればいいですか?

Wondershare社の「Recoverit」をおすすめします。 「Recoverit」は強力なデータ復元ソフトです。簡単な手順で誤って削除したMacデスクトップのファイルを復元できます。「Recoverit」無料試用版をタウンロードして体験してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下のことは、「Recoverit」で誤って削除したMacデスクトップのファイルを復元手順です。

ステップ1 復元したいファイルの元保存場所「デスクトップ」を選択します。

デスクトップを選択

ステップ2 誤って削除したファイルを検索します。

ファイルを検索

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

ファイルを復元

Macデスクトップファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なMacファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macでデスクトップ画面を表示させる4つの方法

すべての記事

b