Macでデスクトップ画面を表示させる4つの方法

Macを利用している時、作業中に複数のウィンドウをすべて閉じてデスクトップを表示したい場合、どうすればいいですか。今回はデスクトップ画面を簡単に表示する四つの方法をご紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能 最新バージョン
内野 博

• カテゴリ: Macデータ復元

Macを利用している人のなかには、作業中に複数のウィンドウをすべて閉じてデスクトップを表示している人がいると思います。
デスクトップ画面は、もっと簡単な方法で表示できます。その方法は以下の4つです。

・ホットコーナーを利用する
・トラックパッドでの指操作
・キーボードショートカットでデスクトップ表示
・自分でキーボードショートカットを設定する

本ページでは、Macでデスクトップ画面を表示させる方法を詳しく紹介します。


方法1 ホットコーナーを利用する

Macには「ホットコーナー」という機能があります。ホットコーナーとは、画面四隅のどこかにマウスポインターを置くと画面表示が自動的に切り替わる機能です。ホットコーナーを活用すると簡単にデスクトップ画面を表示できますが、あらかじめ設定をしないといけません。

ホットコーナーの設定を行う場合、まず以下の手順を行います。

  1. デスクトップ上でリンゴのマークをクリック
  2. 「システム環境設定」をクリック
  3. 表示されるウィンドウで「デスクトップとスクリーンセーバ」をクリック
  4. 「スクリーンセーバ」をクリック
  5. 「Mission Control」をクリック
  6. ウィンドウの下部にある「ホットコーナー」をクリック

次に以下の手順を行うと、マウスポインターを画面左上に置くとデスクトップ画面への切り替えが可能になります。

  1. 左上の空白バーをクリック
  2. 表示されるメニューから「デスクトップ」を選択

もちろん画面の左下や右側をデスクトップ画面への切り替えに指定することも可能です。

方法2 トラックパッドでの指操作

MacBook搭載、または外付けのトラックパッドでは指で所定の操作を行うと簡単にデスクトップへの切り替えができます。

  1. トラックパッドに指を4本置く(親指から薬指がやりやすいです)
  2. すべての指を外側へ広げる

この方法では手に力が入るとクリックの誤操作が生じる恐れがあります。
そのため、トラックパッドを軽く撫でる感覚で行いましょう。
最初は上手くできないかもしれませんが、慣れると問題ありません。

方法3 キーボードショートカットでデスクトップ表示

Macでは、ショートカットキーを入力することで、瞬時にデスクトップ画面への切り替えができます。
初期設定では「F11」キーを押すとデスクトップ画面に切り替わるので、一度試してみましょう。

方法4 自分でキーボードショートカットを設定する

Macでは、自分でキーボードショートカットの作成が可能です。この機能を使うと、「F11」以外のキーを押してデスクトップ画面への切り替えができます。デスクトップ画面へ切り替えるショートカットキーの設定は、以下の方法で行います。

  1. デスクトップ上でリンゴのマークをクリック
  2. 「システム環境設定」をクリック
  3. 表示されるウィンドウで「デスクトップとスクリーンセーバ」をクリック
  4. 「スクリーンセーバ」をクリック
  5. 「Mission Control」をクリック
  6. ウィンドウ下部の「デスクトップを表示」の項目にある選択メニューをクリック
  7. ショートカットとして利用したいキーを選択

初期設定では、「デスクトップを表示」の項目では「F11」が指定されています。
この方法で設定を行うと、「F11キー」を押してもデスクトップ画面の切り替えはできません。
デスクトップ画面への切り替えキーが「F11」のままで問題なければ、この設定は行わないでください。

Macデスクトップのファイルを誤削除した時の対処方法

Macを使う時に、Macデスクトップのファイルを誤って削除したことがよくありますが、どうすればいいですか?

Wondershare社の「Recoverit」をおすすめします。 「Recoverit」は強力なデータ復元ソフトです。簡単な手順で誤って削除したMacデスクトップのファイルを復元できます。「Recoverit」無料試用版をタウンロードして体験してみてください。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

以下のことは、「Recoverit」で誤って削除したMacデスクトップのファイルを復元手順です。

ステップ1 復元したいファイルの元保存場所「デスクトップ」を選択します。

MacでRecoveritを起動します。新しいインターフェースでは、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。Macからデスクトップのファイルを復元するには「場所」タブでデスクトップを選択してください。

デスクトップを選択

ステップ2 誤って削除したファイルを検索します。

「デスクトップ」をクリックすると、Recoveritはデータのスキャンが始まります。

ファイルを検索

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたデータは形式ごとにリストされます。「復元する」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたデータをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、Macのデスクトップから失われたデータの復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なMac復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macでデスクトップ画面を表示させる4つの方法