誤って削除したファイルを復元する方法

ファイルを誤って削除したケース

データを誤って削除してもごみ箱の中に入っています。 ごみ箱から「元に戻す」で簡単に復元できます。

データの削除でもごみ箱からも削除してしまった場合、osのシステムバックアップと復元機能を使うか、復元ソフトを使って復元するかどちらかしか方法はありません。 データのシステムバックアップを取っていない場合は、復元ソフトを使って復元するしか方法はありません。 システムの復元をする場合は、どの段階のバックアップデータを使うかで復元できない可能性があります。

いつ削除したのかわからない場合は、復元ソフトを使うと今までに削除したデータを一覧で表示してくれて、復元したいデータだけを復元することができます。 Wondershare「Recoverit」ソフトを使うと簡単になくしたデータを復元できます。実際にパソコンからデータを削除した時の復元方法を詳しく見ていきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare Recoveritを使って削除したファイルを復元する手順

ステップ1「Recoverit」を起動し、データ復元モードを選択します。

Wonderahare Recoveritを起動したらメニューウインドウが表示されます。 「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」のメニューが表示されます。

今回はパソコンで間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

復元モード

ステップ2 表示された削除されたデータのスキャン

各hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にhddが表示されるので、その中から削除したデータがあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 順次スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示されます。 ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

スキャン

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、なくしたデータのファイル種別がわかっていれば、削除したフォーマットを選択してスキャンできます。

そうすると、指定のフォーマットの削除されたデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

ステップ3 スキャンされた音楽データの復元したい音楽データを復元

スキャンされたHDDの削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

ファイルパス

Wondershare「Recoverit」を利用すれば、わずか3つのステップでパソコンから誤って削除してしまったファイルを復元できます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / 誤って削除したファイルを復元する方法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?