消えた、削除したフォルダを復元する方法

フォルダが消えた・削除したケース

パソコンを使っていると、ご作業や誤動作によって必要なデータが消されてしまったり消してしまったりするときがあります。 この場合の原因として、自分で誤ってデータを消したり、操作ミスでごみ箱にもの入らないように完全消去を行ってしまうこともあります。 また、osの誤動作により、電源を強制的に切ったりして次に立ち上げた時に必要なデータが消えてなくなっていたりします。 ファイルが消えるだけではなく、フォルダ毎消えてなくなることもあります。

ハードウエアの故障、ソフトウエアの誤作動、人為的な誤操作などが原因で消してはいけないデータを消してしまうことがあります。 一度消してもごみ箱に残っていればすぐに復元できますが、ごみ箱にも残っていない場合はそう簡単には復元できません。 Osの機能を使って復元するには、事前にバックアップデータを保存しておかないとなくしたデータを復元できません。 バックアップデータを保存していないでも復元するには、復元ソフトを使うしか方法はありません。

Wondershare 「Recoverit」を使って消えた・削除したフォルダを復元する方法

つい誤操作によってデータやフォルダごと消てしまった場合、 Wondershare「Recoverit」を使うと簡単に復元できます。 操作もマウス操作だけで復元できるので、初めて使う人でも復元できます。 Wondershare 「Recoverit」ソフトを使って削除してしまったパワーポイントデータを復旧するのは簡単です。それでは、 Wondershare 「Recoverit」ソフトを使った復元方法を詳しく紹介させていただきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1. 削除したフォルダを復元モードを選択します。

Wondershare 「Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回はハードディスク上で間違って削除してしまった画像データの復旧で紹介します。 表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。ハードディスクであろうが外付けデバイスであろうが、基本的な操作はほとんど変わりません。

タブを選択

ステップ2.削除してしまったフォルダ元の保存先を選択します。

紛失したデータ元に保存したハードディスクドライブ(ディスク C, D, E, F, G) を選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

タブを選択

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の消えた・削除したフォルダデータの一覧がウインドウの右側に表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。 ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作でできます。 スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

タブを選択

ステップ3 スキャンされたデータの復元したい消えた・削除したフォルダデータを復元します。

Recoveritは自動的にクイックスキャンをスタートします。スキャンが終わったあと見つけたファイルのプレビューができます。紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。

万能復元

1223

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / 消えた、削除したフォルダを復元する方法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?