CSV復元-パソコンの削除したCSVファイルを復元する方法

Aug 06,2019 • カテゴリ: ファイル復元

CSVファイルの特徴と使用方法

Excelなどの表計算ソフトを利用する場合、数値などが書き込まれたデータを保存する際は表計算ソフト専用の形式またはCSV形式のファイルで保存を行います。CSVは表の数値や文字などがタブもしくはコンマで区切られているので、表計算用のソフトウェア以外にもメモ帳などのテキストエディターで簡単にアクセスすることが可能です。そのため、OSや使用する表計算ソフトに関係なく全てのパソコンで開くことができるという特徴があります。

そのため、異なるソフトウェアやOSでデータを共有したい場合などに頻繁に用いられています。表計算で作成した表以外にも理化学研究用または産業機器の測定・記録データを取り出す際に、CSV形式のファイルが使用されているケースがあります。身近な場面であれば、インターネット銀行で取引記録を表計算ソフトなどで管理するためにダウンロードする際にも使用されています。いずれのケースでも表計算ソフトを利用すれば、数値の表としてデータを取り扱うことができます。

CSVファイルを削除した際の対処方法

CSV形式のファイルは数値データを受け取る際に使用されるケースが多く、データを管理したりグラフなどを作成する際には、Excelなどの表計算ソフトで指定されている形式のファイルに変換して保存されます。使用済みのCSVファイルは削除する場合が多いため、表計算用のファイル形式で保存する前に誤って削除される恐れがあります。理化学研究用の機器からデータを取り出す際にUSBメモリを利用するケースが多いのですが、不要なファイルと一緒に誤って削除される場合もあります。

もしもデータを誤って削除してしまった場合には、別のデータが上書き保存されてしまう前にデータ復元用のツールを利用して削除前のデータを取り出す必要があります。データ復元ツールは有償版以外にも無料で配布されているフリーソフトもあります。フリーソフトの場合には写真や音声データに限定されているものがほとんどで、CSV形式には対応していません。復元可能なデータ形式が限定されていないツールを使用する必要があります。ファイルの形式やデータサイズ、ドライブの種類に関係なく削除したデータを復元することができるツールとして、Wondershare「Recoverit」があります。Wondershare「Recoverit」はパソコンのHDD以外にUSBメモリにも対応しています。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

削除されたCSVファイルを復元する方法

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、削除されたファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2.  復元したいファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3.  復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

削除されたCSVファイルを復元する場合には、全てのデータ形式に対応しているツールが必要です。Wondershare「Recoverit」は、他のツールが対応していない形式のデータを復元する際に利用できます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なCSVファイル復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / CSV復元-パソコンの削除したCSVファイルを復元する方法

すべての記事