Windows10回復ツール/ドライブを作成する方法

Windows10のOSのパソコンに問題が発生した場合、Windows10を回復可能でしょうか?今回Windows10専用の回復ツール/ドライブを作成する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

お使いのWindows10のOSのパソコンに問題が発生した場合、正常に起動できなくなることが起こります。そこで、予め回復ドライブを作成しておけば、Windows10を回復するためのツールを起動させて、トラブルシューティングを実行してパソコンを修復できます。

回復ドライブ作成と同時に、回復パーティション(※)をバックアップすることも可能です。(※パソコンを初期状態に戻すためのデータやプログラムが保存されている領域)
また、同OSの他のパソコンでも、回復ツールとして使い回しできることもメリットにあげられます 。

Part1: 回復ドライブを作成する方法

《 用意するもの 》

《 作成の手順 》

  1. パソコンがUSBメモリを認識していることを確認
    ※USBメモリに問題がないか確認するためにも、先に手動でフォーマットすること。
  2. パソコンの一番左下「スタート」ボタン(Windowsのロゴ)をクリック
    アルファベット一覧「W」から「Windows管理ツール」→「回復ドライブ」を選択
  3. 「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら「はい」をクリック
  4. 「回復ドライブ」のウインドウが表示されるので、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」という項目にチェックが入っていることを確認してから「次へ」をクリック
    ※お使いのパソコンに回復パーティションが保存されていない場合はチェックボックスは灰色で表示され、チェックを入れることができません。
    ※チェックマークを外して、選択を解除し、他のパソコンでも回復ドライブを使い回せるようにするなら、作成するパソコンのシステムファイルのバックアップは必要ありません。回復オプションで基本的な修復作業はできますが、「ドライブから回復する」での回復機能は利用できなくなります。
  5. 緑色の帯が徐々に伸びてきて「お待ち下さい」の表示
  6. 「USBフラッシュドライブの接続」が表示→回復ドライブ作成用のUSBメモリをパソコンに接続
      ※使用するUSBメモリが既にパソコンに接続されている場合は、この画面が表示されず手順⑦へ
  7. 「USBフラッシュドライブの選択」が表示→「使用可能なドライブ」欄から使用するドライブ名をクリックし「次へ」
  8. 「回復ドライブの作成」が表示→USBメモリ上に必要なデータが保存されていないことを確認した上で「作成」をクリック
  9. 回復ドライブを作成中」の画面に切り替わり、処理が終わると「回復ドライブの準備ができました」と表示される→「完了」ボタンをクリック
  10.  タスクバーからエクスプローラーを開いて、回復ドライブが作成されたことを確認(回復(E:)というアイコンが左側に表示される)

《 注意事項 》

回復ドライブ作成はドライブ全体のファイルをコピーする作業なので、長時間かかる場合があります。時間に余裕をもって作業を行いましょう。

また、ノートパソコンでリカバリーディスクを作成する際は、ACアダプターなどの電源を接続しておいて、途中で電源が落ちないよう注意してください。
ブラウザやウイルス対策ソフトなど起動しているアプリはすべて終了してから行いましょう。

また、作成中にスクリーンセーバーやスリープ、TV機能などがオンにならないよう、作業前に設定を確認することをおすすめします。

《 回復ドライブが作成できない原因》

Part2: RecoveritでPCの起動ディスクを作成する

Windows10の起動ディスクを作成するにあたり、起動ディスク作成だけでなく、お使いのパソコン内のデータ移行や、消えたデータなども簡単に復元できるソフトをご紹介します。

「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」

Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルや、削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。

無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritで起動ディスクを作成する手順

ステップ1 USBメモリまたはHDDを起動できるMacに接続します。

ステップ2 Macから「Recoverit(Mac版)」を起動し、「クラッシュしたPCから復元」を選択し、「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ3 「起動可能なドライブ」から接続したUSBメモリ・HDDを選択し、「開始」をクリックします。

USBメモリまたはCD/DVDを選択

ステップ4「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ5起動ディスクが作成できるまでお待ちください。

起動可能なUSBが作成しました

以上の操作で起動ディスクの作成は完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、起動ディスクの作成だけではなくSDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひ試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復

バックアップ

Macのバックアップ
Windows PCのバックアップ
クラウドバックアップ
ハードドライブバックアップ
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > Windows10回復ツール/ドライブを作成する方法