MacでのデータをiCloudにバックアップする方法

大切なデータを保存するためには定期的にバックアップする必要があります。Macなら、iCloudでバックアップするのがよく見られます。本文ではiCloudバックアップする方法とデータ復元ソフトをご紹介!

みなさんは、Macに保存しているデータのバックアップをしっかり取っているでしょうか。大切なデータを守るためには定期的なバックアップが欠かせません。今回はMacに保存されているデータをバックアップする方法について、詳しく解説していきます。

パート1:Macを使う時になぜiCloudにバックアップする必要がある?

Macの中に、仕事で使う大切な書類やデータ、ファイルなどを保存している方もいるでしょう。仕事で使わなくても、思い出の写真や動画、音楽など大切をMacに保存している人は多いです。そういうデータを守るためにはバックアップが必要になります。MacにはiCloudという機便利なツールがあり、手軽にデータをバックアップすることができます。iCloudと同期しておけば、自動的にデータをiCloud Driveの中にバックアップしてくれるので、万が一データを失ってしまった時にすぐ復旧することが可能です。システムの不具合、人為的なミス、ハードディスクの故障など様々な原因でデータの紛失は起こります。大切なデータが紛失し後悔しないように、iCloudを利用して定期的にバックアップしておくことが大切です。

パート2:Macシステムやファイルはどうやってバックアップする?

MacにはTime Machineと言われるバックアップ機能が内蔵されています。Time Machineを使えばシステムファイルはもちろん、アプリケーションや音楽、メール、写真など全てのファイルをバックアップすることができます。バックアップするためには、外付けのストレージデバイスが必要です。USBやFireWireなどの外付けドライブを用意し、Macに接続してください。新たに外付けドライブを接続すると、Time Machineでバックアップを作成するかの選択が出てくるので、バックアップディスクとしてドライブを指定します。もし接続した時にメッセージが表示されなかった場合は、メニューバーにあるTime Machineのメニューから設定することが可能です。設定を済ませれば、その後は自動的に外付けドライブにバックアップされるようになります。

パート3:iCloudでMacのデータをバックアップする方法

iCloudでバックアップをする場合は、まずMacのOSを最新のものにアップデートしておきましょう。アップデートが済んだらAppleメニューの「システム環境設定」から、「Apple ID」を選択します。次に「iCloud」を選択し、Apple IDでサインインした後に「iCloud Drive」を選択すればバックアップの設定ができます。カレンダーやリマインダー、メモなどiCloudでどのデータをバックアップするかの選択肢が出てくるため、バックアップしたいものにチェックを入れておきましょう。正しく設定ができていれば、その後はクラウド上にデータがバックアップされるようになります。

iCloudストレージのスペースを管理する方法は?

iCloudは保存できるストレージの容量が決まっているため、それを超えてしまうとバックアップができなくなります。いざという時に備えて、iCloudストレージのスペースは定期的に管理しておきましょう。MacのAppleメニューからiCloudストレージの容量を確認することが可能です。容量が一杯になってしまった場合は、不要なデータを消すなどしてスペースを確保してください。iCloudストレージは容量を増やすこともできます。50GBや200GB、2TBなど様々なプランが用意されているため、容量が少ないと感じた時はバックアップしたいデータに合わせてアップグレードを検討してみるとよいでしょう。

パート4:紛失してしまったMacのデータを復元したいなら「Recoverit」

万が一Macのデータを紛失してしまい、復旧したい時はRecoveritを利用するとよいでしょう。Recoveritは全世界で500万人以上に利用されているデータ復元ソフトです。NTFSやFAT16など様々なファイル形式に対応しているため、紛失したシステムファイルや音楽ファイルなどを復元することができます。100MBまでのファイルを復元可能な無料版と、ProやUltimateなどより多機能な有良番が販売されています。

万が一に備えて定期的にバックアップしておこう!

Macに大切なファイルを保存している方は、万が一に備えて定期的にバックアップしておくことが大切です。iCloudなど便利なツールもあるので上手く活用してみましょう。もしデータを紛失してしまった時は、手軽にデータを復元できるRecoveritを利用してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Shift+Deleteキーで削除したファイルの保存先を選択

ステップ2 バックアップ後も消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、バックアップ後も消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Shift+Deleteキーで削除したファイルをスキャン

ステップ3 バックアップ後も消えたファイルをプレビューして復元します。

バックアップ後も消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Shift+Deleteキーで削除したファイルを復元

以上簡単な操作でバックアップ後も消えたファイルが復元・復旧できます。

バックアップ後も大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > MacでのデータをiCloudにバックアップする方法

すべての記事