SDカード復元フリーソフト:SDカードの大事な復元を復元するにはフリーなソフトが存在する

SDカードに保存されているデータを整理する際に誤って削除してしまったケースでは、あらかじめバックアップを保存していれば復元し、保存していなかった場合には諦めるという選択をしていたユーザーがほとんどでした。 そんな中で一度削除してしまったSDカードのデータも取り戻すことができるフリーソフトが登場し、今や諦める必要は皆無となりました。

いくらあっても足りないデータ容量

パソコンやスマートフォンに保存できるデータ容量には限界があり、それを補うために外部ストレージのSDカードを利用するケースがありますが、それでも足りなくなればいらないデータを削除して容量を空けるのが必須です。 例えば写真や動画であれば解像度が増加し画質がより精細になる一方でファイルサイズが増加し、思い出のシーンを保存し続ければ容量を圧迫してしまいます。 空き容量を確保しなければ次の作業もままならなくなり大急ぎでデータを削除することがありますが、そんな時誤って大切なデータを削除して後悔する経験をしたユーザーも少なくありません。

ファイルシステムの仕組み

パソコンなどのファイルシステムは大きく分けてファイル名や種別、容量、作成された日時などが記録されているヘッダーとデータの2つで構成されています。 通常、データを削除する操作を行った際にはこのヘッダーのみが削除されたに過ぎず、データ本体はストレージ内部に残っています。 この状態であれば100%とは断言できないものの、高確率でデータを取り戻すことが可能です。 ただし、オペレーティングシステムの通常の操作では行えないため、別途専用のソフトウェアを用意する必要があります。

これまでのSDカードファイル復元ソフトウェア

多くのファイル復元ソフトウェアは高度な技術が必要なことから高額な製品が多く、実際に購入しても本当に削除したデータを取り戻せるのかを確証できずに購入を躊躇し、大切なデータを諦めるケースが少なくありません。 そのような状況を受けて各メーカーでは、そのソフトウェアで復元できるかどうかを判定するまでが行える体験版の配布を行いましたが、あくまでも単純に削除が行われたデータの簡易的なスキャンのみで、ヘッダーの損傷やフォーマットしたドライブのリカバリーなどフルの機能を利用するためには結局高額な製品版を購入する以外に方法はありませんでした。

フリーウェアでありながらも高度な復元が行える

そんな中で登場したWondersharRecoverit Freeは製品版のPROとUltimateのフリーウェア版で復元できる容量が100MBまで、クラッシュした起動メディアからの復元機能が省かれているなどの制限があるものの、他社の製品ならば無料版に搭載するのが難しかったパーティション、RAWファイルなどの復元、ディープスキャンが製品版と同様に利用することができます。 また、実際に使用して100MB以上のファイルやクラッシュした起動メディアからの復元機能が欲しくなれば、構築した環境をそのままに追加料金を支払って製品版にアップグレードすることも可能です。


Wondershare Recoverit Freeを使ってSDカードからデータを復旧する手順

ステップ1  SDカードのデータを削除してしまった後にWondershare Recoverit Freeソフトを起動します。

Wonderahare Recoverit Freeソフトを起動したらメニューウインドウが表示されます。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「外付けデバイスの復元」を選択してサブウインドウを表示します。

「外付けデバイスの復元」を選択

サブウインドウには「USBフラッシュドライブ」「デジタルカメラ」「カムコーダ」「メモリカード」「ipad/MP3/MP4プレーヤー」「sdカード」「CX/XD/MMCカード」「その他のデバイス」の表示がされて、SDカードをパソコンへ接続します。

すると、ウインドウの右下に「次へ」のボタンが表示されるのでクリックします。

「外付けデバイスの復元」を選択

ステップ2 SDカードにあるデータのスキャン

今接続されている外部デバイスの一覧が表示されるので、復元したいSDカードデバイスを選択して右下に「開始」ボタンが表示されてマウスでクリックするとスキャンを開始します。

該当する場所を選択

スキャンを開始すると、ウインドウの上部に現在のスキャンのパーセンテージと見つかったファイルの本数が表示されます。 その下にスキャンして見つかったファイルの一覧が表示されます。 あとはスキャンが100%終わるまで待ちます。 ウインドウ上部のバーの横には残りのスキャン予想時間が表示されます。

データをスキャン

スキャンが終了すると、右上の一覧に復元できるファイルの一覧が表示されるので、復元したいファイルを選択していきます。 スキャンするときの日付を指定して削除されたファイルをスキャンすることもできます。 スキャンする条件として、「すべてのデータ」「今日」「最近一週間」「最近一か月」「カスタマイズ」を選択できます。

復元したいファイルのみを表示するには、スキャンする日付を絞り込んで条件設定を行うと一覧で表示されます。

ステップ3  SDカードデータの復元

パソコンに接続されたsdカードが表示されるので、条件を変更して再スキャンすることもできます。 スキャンされたデータの中で復元したいデータにチェックを入れます。 チェックを入れたデータのみを復元するようになります。

日頃からの備えが大切

WondershareのRecoveritシリーズはあらゆるファイルやデバイスの復元できるとは言え、流石に100%可能だとは断言することはできません。 最も多いケースが削除されたファイル領域に新たなファイルが上書きされた状況で、こうなると現時点のあらゆる技術を駆使しても復元は不可能です。 そのような事態を少しでも回避し復元したいと思ったときにいつでも操作が行えるように、トラブルに見舞われていない平静な時こそあらかじめRecoveritをインストールして備えておきたいところです。

WondershereのRecoveritシリーズが登場した現在、もしも誤ってSDカードに保存されたデータを削除してしまっても諦める必要は皆無となりました。 まずはフリーウェア版のRecoverit Freeを試しその機能を体感してから、PROやUltimeteの有料版への移行を検討し導入しておけば安心です。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / SDカード復元 / SDカード復元フリーソフト:SDカードの大事な復元を復元するにはフリーなソフトが存在する

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?