Macをセーフブートで起動できない時の対処方法

Macが突然起動できなくなってしまった経験がありますか。今回はMacをセーフブートで起動できない時の対処方法を紹介します。また、Macで消えたデータを復元するソフト「Recoverit」を紹介します。

Macをセーフブートで起動できない時の対処方法

Macの不具合を修正したり、キャッシュを削除したりする場合にはセーフブートで起動させる必要があります。しかし、Macをセーフブートで起動させたいのに、突然起動できなくなってしまったという方もいらっしゃると思います。今回はそんな方の為に、Macをセーフブートで起動できない時の対処方法を紹介します。

1.Macの機能であるセーフブートとは?

Macをセーフブートで起動できない時の対処法を紹介する前に、まずセーフブートについて簡単に説明します。セーフブートとはMacを起動させる方法の1つです。セーフブートは起動時に所定の診断を行い、一部のソフトが読み込まれたり、起動したりしないように阻止する役割があります。具体的には以下の処理を行ってくれます。

  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修正を試みる
  • 必要なカーネル機能拡張だけを読み込む
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止する
  • ユーザがインストールしたフォントを無効にする
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュを削除する

などが挙げられます。

Macを長年使っていると様々なキャッシュが溜まっていきます。セーフブートを行うことでキャッシュが削除され、Macの動きが良くなったり、ディスクの空き容量を増やしたりできます。また、セーフブートはMacに起きているトラブルを特定するのにも役立ちます。Macのトラブルが起動ディスクに関連しているのか、起動項目やログイン項目にあるのか、などといった問題を知ることができます。

2.Macをセーフブートで起動する時の手順

通常、Macをセーフブートで起動するには以下の手順で行います。

  • Macを起動または再起動し、すぐに「Shift」キーを押し、そのまま続けます。
  • ログインウィンドウが表示されたら「Shift」キーから指を放します。 
  • FileVaultで暗号化されている場合は、ログイン情報を入力します。
  • 操作が成功すると画面右上に「セーフブート」と表示されます。

FileVaultで暗号化されていると、2回ログインが必要になる場合があります。1回目は起動ディスクのロックが解除され、2回目にFinderにログインします。ちなみに、セーフブートを終了するには、Macを再起動するだけです。

3.Macをセーフブートで起動できない時の対処方法

上記のようにMacをセーフブートできない時は、「ターミナル」にターミナルコマンドを入力してセーフブートを起動する必要があります。ターミナルからセーフブートを起動させるには以下の方法で行います。

  • 「Command」+「Space」を押し、Spotlight検索を表示させます。 
  • 「ターミナル」を検索し、「ターミナル.app」をクリックします。
  • ターミナルに「sudo nvram boot-args=”-x”」を入力します。 
  • セーフブートを終了するには、「sudo nvram boot-args=””」を入力します。

ターミナルを利用してもセーフブートを起動できない場合は、Macの故障も考えられるため、買い替えや修理に備えてデータを復元しておくと安心です。

そんな時におすすめなのが、Wondershareが販売する「Recoverit」の「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能です。本ソフトは安全にPC、HDD、SDカード、USBメモリから完全にデータを復元することができます。また、3ステップの操作で失ったデータを素早く復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

データを復元するには以下の手順で行います。

ステップ 1. MacにUSBメモリまたはCD/DVDを挿入します。

ステップ 2. ソフトを起動し、「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択します。

「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択

ステップ 3. 「開始」をクリックし、次の画面でも「開始」をクリックします。

開始

ステップ 4.プルダウンリストからUSBメモリまたはCD/DVDを選択し、「開始」をクリックします。

USBメモリまたはCD/DVDを選択

ステップ 5.USBメモリを選択した場合は「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ 6.起動可能なドライブが作成されたら「OK」をクリックします。

起動可能なUSBが作成しました

Macをセーフブートで起動する方法は簡単で、デバイスを起動してすぐに「Shift」キーを押すだけなので、特に悩むことはありません。もし、セーフブートを起動できない場合は、「ターミナル」を利用することで起動できます。しかし、初心者にとっては分かりにくいと思うので、今回紹介した方法を参考にして下さい。また、セーフブートにならずMacがクラッシュしてしまう場合は、データ復元ソフトの「Recoverit」をおすすめします。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
  • Macを利用していると正常に起動しなかったり、ディスクの問題で一部が機能しなかったりすることがあります。そんな場合は「macOSユーティリティ」を利用してMacを復元するのが普通です。しかし、その肝心なMacOSユーティリティ起動ができないと、Macを復元することはできません。そこで今回は、MacOSのユーティリティが起動しない時のMacを復元する方法を紹介します。 ...

  • 今まで問題なく起動していたはずなのに、突然Macが起動できなくなってしまう可能性もあります。起動できなくなってしまった時に備えて、予め外付け起動ディスクを作成しておきましょう。今回はMacで外付け起動ディスクを作成する方法を紹介します。 ...

  • 「ターゲットディスクモード」を起動する事で、起動しないあるいは、故障したMacのデータを取り出す事ができます。今回は、起動しないMacでターゲットディスクモードを起動する方法について紹介します。 ...

Home / パソコン起動しない復元 / Macをセーフブートで起動できない時の対処方法

すべての記事