ディスクユーティリティでMacOSを復元する方法

MacディスクユーティリティでOSを復元する方法

1、Macディスク ユーティリティとは

使用中に不具合があまりなく、安定したOSのMacパソコンですが、機械ですので長い期間使い続けていれば故障や不具合を起こす事があります。物理的な損傷はアップル社に修理を依頼して本体を送る事になりますが、OSが起動しないだけだとなれば、自分で何とかならないものかと考える事でしょう。外付けHDDに定期的にバックアップをしていれば、丸ごと復元をして元に戻る可能性があります。

また安全に使えている内にMacOS内にある「TimeMachine」の機能を使えるようにしておけば自動的に外部HDDへバックアップファイルを作成する事も可能です。しかし、何の知識も無く復元作業に入ろうと思っても、初めての事なのでどうやるものなのか分からない方もいる事でしょう。

MacOSにはその様な場合「ディスク ユーティリティ」という機能を使ってシステムの復旧を試みます。確実に直るという保証はありませんが、アップル社に送る前に正しい手順でMacの「ディスク ユーティリティ」を使って復元して頂ければと思います。

2、ディスク ユーティリティのMac OS復元手順

3、MacディスクユーティリティでもOSが復元できない時の「Recoverit(Mac版)」

先に説明したMac内の機能「ディスク ユーティリティ」は操作のややこしさがあり、また必ず外付けHDD等にバックアップを取っておかないと、折角保存した内部データを無くすリスクがあります。日頃からの作業に定期的なバックアップ作業も手間のかかる話ですが、もう少し簡単にシステム復旧ができると手軽に済みます。またMacの「ディスク ユーティリティ」が思った通りに働かない事で復元ができない事態も想定されます。

そこで簡単に起動メディアをUSBメモリに作成できるソフト、Wondershare社の「Recoverit(Mac版)」を使ってみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ディスク内の壊れたファイルや誤って消去したデータを復旧させるソフトですが、MacOSの起動メディアを作成する機能も備わっているため「ディスク ユーティリティ」でシステム復元ができない場合でも、容量に余裕のある空のUSBメモリを用意すれば不具合を簡単に直すことが出来ます。また「Recoverit(Mac版)」は画面操作も簡単ですので、Mac初心者でも臆すること無く使う事が出来るでしょう。

では、「Recoverit」を利用してMac OSを復元する手順を紹介しましょう。

ステップ 1. MacにUSBメモリまたはCD/DVDを挿入します。

ステップ 2. 「Recoverit(Mac版)」を起動し、「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択し、「開始」をクリックします。

「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択

ステップ 3. 次の画面でも「開始」をクリックします。

開始

ステップ 4.「起動可能なドライブ」からUSBメモリまたはCD/DVDを選択し、「開始」をクリックします。

USBメモリまたはCD/DVDを選択

ステップ 5.USBメモリを選択した場合は「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ 6.起動可能なドライブが作成されたら「OK」をクリックします。

起動可能なUSBが作成しました

「Recoverit(Mac版)」の操作方法は初心者としても簡単です。多少の予算がかかってしまう製品ですが、1台分の永久ライセンスを購入しておけば、そこからのアップデートは追加料金を取られる事がありません。ただし、「Recoverit(Mac版)」にもグレードがあり、起動メディアが作成できるのは「Ultimate」版、もしくは「Ultimate Plus」版になります。Macを安全に使っていきたいと考えているならば、是非ご購入を検討して頂ければと思います。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home / パソコン起動しない復元 / ディスクユーティリティでMacOSを復元する方法

すべての記事