AVI復元-紛失したAVIファイルを復元する方法

Aug 06,2019 • カテゴリ: ファイル復元

AVIファイルの利用方法と取扱いの際の注意点

デジタルビデオカメラや携帯端末などを利用して個人的に動画を撮影した際のデータは、パソコンのディスクに転送して保管することができます。撮影機器からパソコンに動画のデータを転送すると、大抵の場合はAVI形式のファイルで保存されます。AVI(Audio Video Interleave)は動画と音声を格納するための規格で、1990年代から幅広く利用されてきたファイル形式のひとつです。そのため、個人で撮影した動画の多くはAVI形式で保存されているケースがほとんどです。

AVIはパソコンを利用して簡単に再生・編集することができて便利ですが、FLVやMP4などの新しい規格と比べて圧縮率が低いという欠点があります。そのため、撮影機器から動画データをパソコンに転送すると多くのディスクスペースを消費してしまいます。パソコンでAVI形式の動画を保存する際は、不要な部分をカットしておく必要があります。AVI形式の動画データはパソコンで簡単に編集することができますが、作業の途中に誤って削除してしまう場合があります。ネット上からダウンロードした動画であれば、再び入手することができる場合があります。これに対して自分で撮影した子供やペットなどの動画は一度失われると二度と取り戻すことができないので、データを取り扱う際は細心の注意を払う必要があります。

AVIファイルを紛失した際の対処方法

もしも誤ってAVI形式の動画ファイルを削除してしまった場合は、専用のデータ復元ツールを利用すれば削除前の状態に復元することができる場合があります。動画ファイルを誤って削除してからディスクに他のデータが上書き保存されていなければ、完全に復元できる可能性が高くなります。そのため、誤って動画ファイルを削除した事に気付いたらただちにディスクの使用を中止して、すぐに復元作業を行うようにします。

多くのデータ復元ツールがありますが、動画形式のファイルに対応していること、復元できるデータのファイルサイズの制限がないものを選ぶようにします。データ復元ツールの中にはフリーソフトもありますが、ファイルの大きさに制限が設けられていたり、画像や音声形式のファイルに限定されているケースがあります。大きなサイズの動画ファイルを復元するためには、有料のデータ復元ツールを利用する必要があります。大きなサイズの動画ファイルも復元することができるツールとして、WondershareのAVI復元ソフト「Recoverit」が利用できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

紛失したAVIファイルを復元する手順

WondershareのAVI復元ソフト「Recoverit」はパソコンについての専門的な知識を持たない人でも、必要最小限の操作で失われたデータを復元させることができるツールです。正規版に登録すればデータの種類やファイルの大きさに制限がないので、誤って削除されたAVI形式の動画データも取り出すことができます。

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいAVIファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいAVIファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいAVIファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

誤って削除してしまったAVIファイルを復元するために、Wondershare「Recoverit」が利用できます。ファイルを誤って削除したことに気付いたら、なるべく早く復元を試みるようにしましょう。

1223

Recoverit - 強力なAVIデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / AVI復元-紛失したAVIファイルを復元する方法

すべての記事