パワーポイントを圧縮する方法
―容量を減らすコツ

パワーポイントでは、多くのデータを挿入するとファイル容量が大きくなる恐れが出てきます。実は、パワーポイントを圧縮する方法は複数あります。この問題を解決するため、この記事は、パワーポイントを圧縮する方法、容量を減らすコツを詳しく解説します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ修復可能

資料作成に重宝するOfficeソフト「パワーポイント」。パワーポイントでは、多くのデータを挿入するとファイル容量が大きくなる恐れが出てきます。容量が大きくなるとインターネット上での共有やプレゼンの際に支障をきたすため、圧縮しなければいけません。

圧縮方法は複数あるので、状況に応じて使い分けましょう。本ページでは、パワーポイントを圧縮する方法、容量を減らすコツを紹介します。


どんな場合でパワーポイントを圧縮する必要があるか

文章や表をメインとする場合、パワーポイントファイルはさほど大きな容量にはなりません。しかし、画像や動画を駆使して資料を作成する場合、パワーポイントファイルの容量が大きくなります。パワーポイントファイルの容量が大きくなりすぎると、共有したいのにインターネットで送信できなくなります。

またプレゼンで利用するときに、ページの表示や切り替えが重くなりかねません。ストレージの空き容量を減らすリスクでもあるので、サイズが大きいものは圧縮したいところです。

パワーポイントを圧縮する方法―容量を減らすコツ

パワーポイントのファイルを圧縮する方法は以下の4通りあります。

1.ファイル容量を減らす
2.画像を圧縮する
3.動画を圧縮する
4.Zip形式にして圧縮する

それぞれの方法を詳しく解説します。

1)ファイル容量を減らす

パワーポイントには、作成したファイルの画像を圧縮して容量を減らす機能があります。
この機能を利用する場合、以下の手順を行います。

1.パワーポイントファイルを開く
2.「ファイル」のタブを左クリック
3.「名前を付けて保存」を左クリック

パワーポイントを圧縮

4.パワーポイントファイルの保存場所を選択
5.「参照」を左クリック
6.表示されるダイアログボックスで保存先を選択
7.「ファイル名」の項目で任意の名前を入力
8.「ツール」を左クリック
9.「画像の圧縮」を左クリック

パワーポイントを圧縮

そして表示される画面で任意の圧縮形式を選び、「OK」を左クリックすれば完了です。
元のファイルは残りますが、不要であれば削除しても大丈夫です。

2)画像を圧縮する

これから資料を作成する際に画像を多用する場合、あらかじめそれを圧縮してパワーポイントに挿入しましょう。画像の圧縮は無料のオンラインサービスで行えます。圧縮対応サイトはいろいろありますが、「tinypng」が使いやすいです。

パワーポイントを圧縮

tinypngでは以下4つだけの操作で画像を圧縮できます。

  1. 「Drop your WebP,PNG or JPEG files here!」を左クリック
  2. 表示されるダイアログボックスで圧縮したい画像を選択
  3. 「開く」を左クリック
  4. 圧縮が完了したら「Download All」を左クリックして保存

3)動画を圧縮する

動画を利用してパワーポイントの容量が大きくなっている場合、動画を圧縮してサイズを減らしましょう。
パワーポイントでは、以下の手順で利用動画を圧縮できます。

  1. パワーポイントファイルを開く
  2. 「ファイル」のタブを左クリック
  3. 「情報」を左クリック
  4. 「メディアの圧縮」を左クリック

パワーポイントを圧縮

上記の手順を行うと、以下の3つから動画の画質を選択できます。

容量を減らすのであれば、標準(480p)がおすすめです。

4)Zip形式にして圧縮する

以下の手順でZipファイル形式にして圧縮する方法があります。

  1. デスクトップやエクスプローラー上でパワーポイントのファイルを右クリック
  2. 「送る」を左クリック
  3. 「圧縮(zip形式)フォルダー」を左クリック

この方法はメールでファイルを送信するときには便利です。
しかし、ファイルを開く手間がかかるのでプレゼンでの利用には向いていません。

破損したパワーポイントファイルを修復する方法

パソコンでパワーポイントを使い続けていると、誤操作やシステムエラーでファイルが削除されてしまう場合があります。また予想していないエラーでパワーポイントファイルが破損して、使えなくなるトラブルも珍しくありません。このようなトラブルに備えて、「Repairit」をインストールしておくと安心です。

Repairitでは意図せず削除されたファイル、破損したファイルを修復できます。修復方法はたったの3ステップで、画面の指示に従えば簡単です。ソフトとしての信頼も厚く、500万人以上のユーザーが利用しています。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

★以下はRepairitでパワーポイント(PowerPoint)ファイルを修復する手順です。

ステップ1 破損したワーポイントファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、「+追加」ボタンをクリックして、破損したワーポイントファイルを追加します。

破損したワードファイルを追加

ステップ2 破損したワーポイントファイルを修復します。

ワーポイントファイルを追加できたら、右下の「修復」をクリックします。

破損したワードファイルを修復

ステップ3 破損しワーポイントファイルを保存します。

修復完了すると、「プレビュー」をクリックして修復できたワーポイントファイルをプレビューできます。そして、「保存」ボタンをクリックして、修復できたファイルを保存します。
(*ファイルをプレビューできない場合もあります。この場合、直接的にパソコンに保存してファイルを開いてみてください。)

修復したワードファイルをプレビューして保存

→関連記事:
  パワーポイント(PPT)ファイルが開けない時の対処法
  PowerPoint(パワーポイント)が動作停止、応答しない時の対処法

破損したファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - ファイル修復ソフト

  • Windows/Macで開けない、破損した動画・写真・ドキュメントファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
  • ワード、エクセル、PDF、パワーポイントなどのファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元・修復 > パワーポイントを圧縮する方法
―容量を減らすコツ