ブルースクリーン(青い画面)エラーの対処方法

本記事ではブルースクリーンとは何かを解説し、一般的な原因や対処法をご紹介!エラーで消えたデータの復元ソフトRecoveritもおすすめ!

ブルースクリーンが発生してしまうと愕然としてしまう人も多いでしょう。青い画面になってしまってどうしようもなくなってしまい、途方に暮れてサポートに連絡するというケースもしばしばあります。この記事ではブルースクリーンとはそもそも何かという点から解説し、一般的な原因や対処法について概要を紹介していきます。

パート1:ブルースクリーンとは?

ブルースクリーンとはパソコンの画面が突然青い画面になってしまう現象です。青の背景に白の文字で「問題が発生したため pcを再起動する必要があります」などといった説明と、理解しがたいような数字とアルファベットの羅列やエラーコードなどが表示されます。英語ではbsodとも呼ばれているかなり深刻な状況です。

bsodとは「blue screen of death」の略称で、日本語に直訳すると「青い死の画面」になります。この表現からイメージできるように、基本的にはパソコンの老朽化が進んで不具合が生じてしまったのが原因でブルースクリーンが表示される状況になってしまいます。ただ、どのような原因かはケースバイケースで、どこに原因があるのかを特定しないと対処が難しいことも少なくありません。

パート2:ブルースクリーンが起こる原因と一般的な対処法

ブルースクリーンが起こる原因はシステムに関わる不具合というのが一般的です。ハード面とソフト面の二つに分けて考えることができ、ハード面ではメモリやハードディスクの不具合が原因でブルースクリーンになるのがよくあるパターンとして知られています。ソフト面ではOSの不具合が典型例で、windows10をアップデートしたタイミングで起こるといった報告もありました。

アップデートのとき以外にも動作が不安定になってブルースクリーンになってしまうことは決して珍しくありません。ハードとソフトの両方が問題で引き起こされることもあるので、原因は一つとすぐに断定することはできないので注意しましょう。ブルースクリーンの対処法としては以下のようなやり方があります。

#パソコンを再起動する

最も一般的なのはパソコンの再起動です。パソコンを再起動してみるとそれだけで改善してしまうこともよくあります。ただ、原因を見つけて対処したわけではないため、再発してしまうリスクが高いので注意が必要です。

#直前にやったことを元に戻す

原因を取り除くための方法としてよく行われているのは、ブルースクリーンになる直前にやったことを元に戻すことです。ソフトウェアをインストールした、更新プログラムを適用したといったときにはアンインストールすると改善することがあります。ハードディスクを交換したり、外付けをしたりしたときにも元に戻すとエラーが発生しなくなると期待できます。

#バックアップから復旧する

OSが原因の場合には過去に保存してあるバックアップからの復旧をするのが効果的です。それでも難しい場合にはOSの再インストールをするのが一般的な対処法です。

#ハードの交換をする

メモリやハードディスクなどの物理的な不具合が発生してブルースクリーンになってしまった場合には交換をして対処することになります。代替品を手に入れて入れ替えてみれば解決するでしょう。

パート3:ブルースクリーンエラーで紛失したデータを復元する方法ーー「Recoverit」

ブルースクリーンが発生してしまったときにはデータが紛失することもあります。大切なデータが失われて困ってしまったときにも専用のソフトを使えば回復することが可能です。Recoveritは安全性が高くて誰でも直感的に操作できるデータ復元ソフトで、ブルースクリーンによってなくなってしまったデータをハードディスクから探し出すことも簡単にできます。

不具合のあるパソコンをそのまま使い続けていてついにクラッシュしてしまったというようなときにもRecoveritを使えばデータを回復することが可能です。困ったときにはサポートに問い合わせて対応してもらうこともできます。安心して利用できるデータ復元ソフトなので困ったときには使ってみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、ブルースクリーンエラーで紛失したデータ元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、ブルースクリーンエラーで紛失したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーンエラーで紛失したファイルの保存先を選択

ステップ2 ブルースクリーンエラーで紛失したファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、ブルースクリーンエラーで紛失したファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ブルースクリーンエラーで紛失したファイルをスキャン

ステップ3 ブルースクリーンエラーで紛失したファイルをプレビューして復元します。

ブルースクリーンエラーで紛失したファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ブルースクリーンエラーで紛失したファイルを復元

以上簡単な操作でブルースクリーンエラーで消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > ブルースクリーン(青い画面)エラーの対処方法

すべての記事