Mac動画復元-Macから削除してしまった動画を復元する方法

最近では、You Tubeなどに動画を簡単に投稿できるようになった為、投稿用に動画を作成してMac等のパソコン内に保存していると言う方は多いではないでしょうか。皆さんは、macから削除した動画を復元したいと思った事はありませんか?復元したい場面はたくさんあると思いますが、操作を誤って動画を保存場所から削除してしまった時やシステムのエラーで動画を削除されてしまった時に、復元したいと思うのではないでしょうか。

しかし、パソコンの操作に慣れていないと言う方や復元を行なうのが不安と言う方にとって、たくさんの選択肢から自分にあった方法を探すのは、難しい事だと思います。今回は、Macから削除した動画を復元する方法について紹介します。

「Data Recovery Wizard for Mac」を使ってMacから削除した動画を復元する方法

たくさんのMac専用のデータ復元ソフトの中でも、特に多くのユーザーから信頼されているのが、EaseUSの「Data Recovery Wizard for Mac」です。

「Data Recovery Wizard for mac」は、Macパソコンから様々な原因で削除されてしまった動画や画像を始めとしたパソコン上のあらゆるデータを、迅速かつ安全にMacに復元する事ができます。また、高性能かつハイスピードのスキャン機能と無駄を一切なくした検索機能を実現した事によって、従来のソフトよりも迅速にデータの復元を行う事も可能です。

  • Macから削除した動画を復元する手順
    1. PCを起動して「Data Recovery Wizard for mac」を開きます。
    2. 「リカバリーするファイルを選択してください」と表示されるので、復元したいファイルを選択して「続ける」をクリックします。
    3. 次に、削除された動画の保存場所を選択して「スキャン」をクリックします。
    4. 削除されたファイルのスキャンが開始するので、少し待ちます。
    5. そうすると、Macに復元可能なデータの一覧が表示されるので、復元したい動画を選択後「リカバリー」をクリックして、動画の復元を行ないます。

    紹介した復元ソフトを使えば、Macから削除した動画を復元する事ができます。しかし、中級者から上級者向けの復元ソフトのため、当然、パソコンの操作に慣れていない方や初心者の方にはオススメできません。初心者でもMacから削除した動画を復元したいと言う方にオススメなのが、Wondershare社から販売されているデータ復元ソフト「recoverit(Mac版)」です。

    「recoverit」は、操作ミスやシステムの不具合などで、Macから完全に削除されてしまったファイルや動画と言ったあらゆる種類のデータを、初心者でも簡単かつ安全に復元する事ができます。また、「Delete+Shift」やPCウイルスなど、通常では復元する事ができない方法でMacから思いがけず削除されてしまったデータも簡単に復元する事が可能です。次に、「recoverit(Mac版)」を使って動画を復元する手順を紹介します。

    「recoverit(Mac版)」を使ってMacから削除した動画を復元する方法

    ステップ1 Wondershare Recoveritの起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

    Mac版Wondershare 「Recoverit」をインストールして起動したらメニューウィンドウが表示されます。

    メニューウィンドウには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。

    今回はハードディスク上で間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 Mac osでもWondershare Recoveritを使う場合、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

    復元モード

    ステップ2 Wondershare Recoveritで表示されたMacの削除されたデータのスキャンします。

    hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

    スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

    ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

    ファイルパス

    スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、オーディオのフォーマットを選択してスキャンできます。

    この中で削除されたファイル形式がわかっている場合は、その形式を選択してスキャンすると削除された形式のデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

    ファイルパス

    紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

    万能復元

    ステップ3 「万能復元」でスキャンされたMacの削除されたデータを復元します。

    スキャンされたMac os内の削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

    万能復元

    これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

    いかがでしたでしょうか。

    紹介した方法を使えば、Macから削除した動画を復元する事ができます。また、Macから動画が削除されてしまった場合に備えて、USBなどの外部デバイスにデータをバックアップしておくのも大切です。

    今はまだ必要の無いと言う方もMacから動画が削除された際に備えて、ぜひ「recoverit(Mac版)」をインストールしてはいかがでしょうか。

    データ復元ソフト

    Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
    • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
    • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
    人気記事
    表示する隠す
    Home / Macデータ復元 / Mac動画復元-Macから削除してしまった動画を復元する方法

    すべての記事

    フリーで なくしたデータを復元しましょう ?