macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritの紹介

Wondershare「Recoverit」(MacOS10.14)対応版 はOSにmojaveを使用するmac OSのPC用データ復元ツールです。PCの内臓HDDや外付けHDDの他にも、USBメモリSDカードなどで削除してしまったデータを回復させることが出来ます。「Recoverit」は、フォーマット(初期化)やウィルスによって削除されたデータも復元することが可能です。

Mojave


macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritの機能の紹介

Wondershare 「Recoverit」(MacOS10.14)対応版は削除したファイルの復元・ゴミ箱復元の他にも、フォーマット済みのデータとパーティションの復元機能を備えています。これらに加えて、外部ドライブ(外付けHDDやUSB・フラッシュメモリ)で削除したファイルを復元することも可能です。Recoveritは正常に稼働するPCだけではなく、システムがクラッシュして読み込めなくなってしまったデータを取り出すツールも備えています。システム領域が破壊されてPCの起動ができなくなってしまったり、ウィルスによってデータが削除された場合でもファイルを取り戻すことも可能です。

macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritのメリットとは

Wondershare 「Recoverit」(MacOS10.14)対応版の最大のメリットは、操作方法が簡単でコンピューターについての専門的な知識がない方でも自分でファイルの復元ができることです。一般的に内蔵HDDや外付けドライブ・フラッシュメモリなどで消えてしまったデータを復元したい場合には、専門の業者に依頼をしなければなりません。業者に依頼をする場合にはサービス料が必要ですし、機密情報が流出してしまうリスクがあります。 Recoverit(macOS)版を活用すれば自分でデータ復元の作業ができるので、低コストかつ機密情報が外部に流出するリスクがないというメリットがあります。

macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritの活用シーンの紹介

Recoveritの活用シーンはさまざまです。PCで仕事をしている時に誤ってファイルを消してしまったり、OSのアップデートの不具合などで意図せずにデータが削除された場合に活用することができます。USBメモリやフラッシュメモリにも対応しているので、デジタルカメラを操作する際に誤って削除した写真や動画を復元することも可能です。

ンピュータウィルスに感染してファイルが削除された場合でも、Recoveritがあれば取り戻すことができます。万一の場合に備えた“保険”のために、このソフトをPCにインストールしておくという使い方もあります。 Recoveritは個別のファイルだけでなくてフォーマット済みのHDDにも対応しているので、初期化後にパーティションを復元してディレクトリ構造を回復させることも可能です。

macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritが他の復元ツールよりも優れている理由とは

一部の無料ソフトでも、macOSのPCで削除したファイルを復元するためのツールが公開・配布されています。Wondershare「Recoverit」は、無料ソフトが備えていない強力な機能を備えています。 「Recoverit」は、復元可能なデータの種類やサイズの制限がないという特徴があります。無料ソフトのほとんどはデータの種類(画像やテキストなど)が限定されていたり、対応するファイルサイズの上限が設けられています。これに対してRecoveritはどのような種類のデータでも利用でき、多くのフォーマット形式に対応しているので外部ドライブでも復元が可能です。Wondershare「Recoverit」は対応するデータの種類・サイズ・デバイスの制限を受けない(汎用性が高い)という点で、無料ソフトや他社製の復元ソフトよりも優れています。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Win版

macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritの使い方とは

Recoveritの使用方法は非常に簡単で、ソフトを起動すると最初に表示されるメニュー画面から操作モードを選択するだけで作業を開始することができます。最初に削除したファイルやディレクトリの復元・フォーマット済みHDDの復元などの項目を選ぶと、スキャンが実行されてリストが表示されます。リストから復元したい項目を選べば、すぐにデータが復元されます。

PCがクラッシュしてしまった場合には、「システムクラッシュで消えたデータの復元」を選択します。このモードを選択すると、まず最初に起動可能なドライブの作成が行われます。作成した起動ドライブで再起動をして操作をすれば、クラッシュしたPCから大切なデータを取り出すことが可能です。

いずれのモードも操作方法が簡単なので、初めての方でもすぐに使用できるようになっています。早速ですが、一緒に詳しい操作手順を見ていきましょう。

step1. ソフトWondershare 「Recoverit」(MacOS10.14)対応版を起動して一つのデータ復元モードを選択します。

パソコンから「Recoverit」を起動して、一つのデータ復元モードを選択します。今回は「削除したファイルの復元」を選択します。

データ復元モードを選択

step2. 失われたデータが保存されていた場所の選択し「開始」をクリックします。

スキャンを始めます

step3. ファイルのスキャンを実行します。

デバイスをスキャン

ここでファイルが見つからなかった場合は「万能復元」を行うことができます。より詳細な「万能復元」によって、高度に復元したいデータを検出します。 注意点としては、ディープスキャンの実行には時間が掛かります。

万能復元

step4. 検出されたデータを復元します。

スキャンの結果検出されたデータは、画面左側にカテゴリー別で表示されます。目的のデータのタイプをチェックして、「復元」をクリックするとMacから失われたデータが復元されます。 なお「Recoverit mac版」では、試用版と製品版を用意しています。試用版はデータのスキャン迄実行できますが、復元するには製品版の購入が必要です。

ファイルを復元

まとめ

仕事やプライベートでMacPCを利用している方であれば、万一の場合に備えてWondershare 「Recoverit」(MacOS10.14)対応版をインストールしておくようにしましょう。Recoveritがあれば誤操作が原因のファイル削除の他にも、ウィルスやシステムのクラッシュの際もデータを安全に取り出すことができるからです。操作方法が簡単なので、専門的な知識がない方でもすぐに利用することができます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / macOS mojave(10.14)対応するソフトRecoveritの紹介

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?