【Mac】Time Machineでデータをバックアップできない問題への対処方法

Time MachineはMacにあるバックアップ機能で、あらゆる個人データのバックアップが出来ます。今回は、macのtimemachineの使い方や、timemachineに頼らないデータ復元方法を解説します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ修復可能

Part1:Time Machineの使い方/設定方法

・Time Machineとは

Time MachineMacにあるバックアップ機能で、あらゆる個人データのバックアップが出来ます。操作は簡易的で、外付けのHDDSSDはもちろんネットワークを通して、バックアップ用のファイルを作成する事も可能です。

・MacのTime Machineの使い方

そんなMacTimeMachineの使い方は、まず「アプリケーション」のフォルダ内にある「ユーティリティ」フォルダを開きます。

情報の転送オプションを選択する画面では、「Time Machineバックアップから転送」を選びます。そこから「続ける」のボタンを複数回押すと復元の開始です。

・Time Machineの設定方法

Time Machineは日時毎にバックアップのデータが取れたり、変更した分のみを保存できたりするので、これをTime Machineの設定で活かします。

まずは「システム環境設定」を出して「Time Machine」を選択し、「バックアップを自動作成」のチェックを入れて下さい。

(もしくは古いマシンならスイッチの状態を「入」にします。)

続いてバックアップするディスクが求められますので、該当するものを選んで下さい。

なお自動バックアップのタイミングが求められますが、以下の通りとなっています。

直近24時間・1時間ずつ

直近1ヶ月から24時間まで・1日ずつ

それより過去のバックアップ・1週間ずつ

ちなみに古いバックアップデータは、自動的に削除されてしまいます。オプションでその削除の通知が選択できたり、自身で手動削除も可能です。やり方はメニューバーの「時計」アイコンから、Time Machineに入れば出来るようになります。

Part2:Time Machineでデータをバックアップできない問題

・ネットワークの問題

「ネットワーク・バックアップ・ディスクにアクセスできませんでした。」と画面に表示されるなら、ネットワークを通してバックアップ用のファイルがある場合、ネットワーク設定が上手くいっていない事になります。

単純にネットワークに繋がっていないなら設定を見直す。もしくはウェブ検索が正常に出来るなど、ネットワークに繋がっているのが分かるなら、Macとストレージが同じネットワークで繋がっているのか?ネットワーク先で異常がないか?異常がなくても他の設定との相違で噛み合わなくなってるか?確認します。 

・スリープ設定を確認する

スリープ時間ならこの時間には動かない事で、Time Machineのバックアップができない場合があります。スリープ設定で心当たりがある場合は、一度確認すると良いでしょう。但しスリープ中でもPower Napと言う機能が動作していれば、バックアップされています。

Power Napが動いてるかどうかは、アップルメニューから「システム環境設定」と選び、「省エネルギー」もしくは「バッテリー」の項目を押します。するとPower Napが現在有効か無効か確認できますので、これで見て下さい。スリープ時間中でもPower Napがオフなら、Time Machineのバックアップができない事になります。

・セキュリティソフトとの相性

セキュリティソフトとの相性が悪くて、Time Machineのバックアップができない事があります。もしくはバックアップ出来ても相性が原因で、動作が遅れる事態もあります。一時的にセキュリティソフトをアンイストールするか、スキャン対象から除外設定をしてTime Machineが正常に動くなら、セキュリティソフトとの相性に問題がある事になります。

解決方法は別のセキュリティソフトを購入か、危険ですがこのままキャン対象から除外設定にする。もしくは自動バックアップを諦めてMacのバックアップを手動でします。

Part3:Time Machineではなく、手動で外付けHDDでバックアップ

もちろんTime Machineの設定に頼らず、Macのバックアップを手動でやる方法が存在します。この方法ならTime Machineの自動バックアップに頼らない選択肢が作れます。 それに個人用のファイルを含んだ、古いバックアップ用のデータが消される事で、更新前のデータが取れないと言う事態が防げるのです。

(例えば「名簿.txt」と言う個人用ファイルを持っていた場合、2009年の作成状態から2020年のデータに更新した際、2009年の一部データを削除している事があると思います。その際に2009年の作成状態の「名簿.txt」をTime Machineのバックアップデータが持っていたしても、自動更新で消されると言う可能性もあるわけです。この2009年の作成状態の「名簿.txt」を、外付けHDDでバックアップすると良いう考えです。)

Macのバックアップ内容を手動で外付けHDDにコピーして、復元したい場合はFinderを開いて外付けHDDから本体にコピーするだけで済みます。とは言え本体の中身ごとバックアップは時間がかかりがちですし、外付けHDDは多くがWindows専用のNTFS形式になっているので、これを一回Macで使えるようにAPFS形式かHFS+形式。もしくはWindowsにも使えるようにする「exFAT」形式でフォーマットしなければなりません。

Part4:豆知識:バックアップしていないデータの復元方法――復元ソフトRecoverit

Macのバックアップの手動方法としては、Recoveritがあります。Recoveritは予期せぬ事故で削除になったり、間違えて消してしまったデータも復元が可能です。破損したビデオの修復や復元も可能になります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で誤って削除したMacファイルを復元する手順です。

ステップ1 復元したいファイルの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動して、紛失したデータを保存したドライブを選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

消えたデータの保存先を選択

ステップ2 誤って削除したファイルを検索します。

削除したデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ファイルを検索

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャン完成した後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ファイルを復元

Macデスクトップファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なMacファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > 【Mac】Time Machineでデータをバックアップできない問題への対処方法